In Loving Light & Universe, Heal the World

「癒し」を職とする人、「癒し」を必要とする人

2014年04月06日
癒しとスピリチュアル
はい、れいあです。

ヒーリングを職としている自分が、こんなこと書くのはどうなのかな?と思いつつ
思うことを綴っていきたいと思います。

昨年末より導かれるまま一斉無料遠隔ヒーリングを月のサイクルで行っていますが
上からのメッセージも含め、自分としても色々と、これを続けている理由があるので
整理するために一度書いておきたかったのもありました。

毎月新月と満月の、月2回、遠隔ヒーリングをしている
「自分としての」理由(導かれた部分はさておき)は
1.月のサイクルでエネルギーヒーリングすることで月のサイクルをどこかで体感していただきたい気持ち
2.レイキ以外でも様々なエネルギーがあるので、どんなエネルギーヒーリングがあるのかを楽しんでいただきたい気持ち
3.エネルギーを感じる、感じないは別としても、受けることで後々からでも「変化」したり、浄化されてすっきりしたり
少しでも読者の方々に貢献できたらいいなという気持ち

これらがあります。

こちらのBlogにいらっしゃる方は、おそらく多くがヒーリングやセラピー関係の情報に興味や関心がある方々だと思うのですが、
あえて問います。

「癒し」って、いったい、なんなんでしょう?

「癒し」「ヒーリング」これらの言葉から何か連想することはありますか?

あなたは「ヒーリング」に何を期待していますか?



前にも少し書きましたが
「気づいて変容し、成長していく」というプロセス(魂の成長)のサポートでもあり
結果的に見れば自己実現にも通じるかと思います。

自己実現のためには
「本来の自分(魂レベルで)が生まれてきた目的」を達成するための道をちゃんと歩んでいるか、とか
もし今そうじゃない方向を進んでいたら、ちょっと軌道修正したり、
それぞれの魂が、もって生まれてきた目的を果たし、成長していくことであり
本当に(その魂が)やりたかったことを実現していくことだったりもするかと思います。

たとえばやりたいことがたくさんあって果敢に色々チャレンジしたものの、
目的を達成したのに、なんかすっきりしないとか、エネルギーばかり消耗したということも
あるかもしれません。
なぜそういうことが起きるかというと、自分の自我、マインドの部分で「やりたい」と思って達成することと
魂がやりたいと思って求めている方向が
同じでないとこのようなことがおきてきます。

セッションを行うようになって、感じることは
色々な悩みや問題だと顕在意識で思っていることは、あくまでも見えるような形で出てきていることですが
幼い頃の感情やトラウマなどが癒されないまま潜在意識にほおってしまったことが
今あらわれている問題や悩みの根本であることがとても多んですね。

その古いネガティブなエネルギーパターンが残ったままでいると
たとえば毎回同じようなパターンの問題を引き寄せてしまったりする原因になるので
目に見えている様々な問題は、かつて癒されなかったことが様々な問題を引き起こした結果であったりするのです。
ですので、この潜在意識の部分に着目したセラピーがどうしても多くなってくるのです。

その人の魂の成長レベルや成長の仕方というのは人それぞれです。
時には、変わることに抵抗してしまうことでブロックを作ってしまい、
なかなか手放せず、成長しにくいという時期もあるかと思います。

先日クリスタルボウルの体験レッスンに行ったことで気づいたことがあると書きましたが
わたしが本来ヒーリングやセラピーをしはじめたきっかけは、心の病をなんとか克服したかったことでした。
ヒーリングというものを知らなかったその時は、自分で自分を分析して、
問題が小さい頃にあったり両親にあるということまではわかっていましたが
当時はアダルトチルドレンなる言葉が大流行したこともあって
原因が両親にあることがわかっていても、
それって両親のせいにしてしまってるだけではないか?というふうな妙な罪悪感ばかりが募りました。
そしてアロマやフラワーエッセンスに出会い、徐々に自分が変わっていくことにも気付き始めたんです。
つまり、一方方向からでしか自分のことを見られなかったのが
ヒーリングにより、色々な面から物事を見られるようになってきたのです。
ヒーリングはわたしを大きく成長させてくれました。

そんな癒しを職業とした今、
「どうしたらもっとクライアントさんに気付きを与えられるか」とか
「どうしたらクライアントさんの悩みを解放できるか」とか
そんなことにフォーカスすることが、どうしても多くなってきます。
セラピストやヒーリングに携わる人たちの職業病?とでもいうべきでしょうか。
そして気づけば自分のことはおざなりになっていたり、二の次というケースも少なくありません。
でも自分を幸せにできない人に、他の人の幸せを手伝うなんて、できませんよね。
だから、わたしは、自分を幸せにすることは、他の誰かの幸せにつながると思ってるんです。

一方、ヒーリング「業界」やヒーリング「産業」といわれている巨大なマーケットは、
「商業」でもあります。
次々と紹介され、変わりゆくヒーリングテクニックに、ヒーリングメソッド、またはヒーリンググッズ・・・
セラピストやヒーラーも、少しでもクライアントさんについてなんとかできないかと
様々なことを学ぼうとして、よりよいものを目指そうとすると多額の金額をそれらにつぎ込むことになってしまってます。
(まぁ、学びが楽しいから習いたい、というのも勿論ベースにありますが)

わたしがフラワーエッセンスを始め、効果を感じたと思い、ブログで色々シェアしていこう、
フラワーエッセンスを世の中に広めたいと思ったことには理由がありました。
それはバッチ博士の哲学でもある

『汝自身を癒せ』

という言葉に深く共感したからです。

そして以前も書きましたが、わたしのヒーリングに対する基本的なスタンスは

「人は自らを癒すことができるヒーラーでもあり、
人は誰をも癒すことができるヒーラーでもある」

というところにあります(職業でヒーリングに携わっていなくても、です。)

しかし、いつも自分でヒーリングをしていると
同じような方法での掘り下げしかできなかったり、
壁があってなかなか進めなかったり
ある程度ヒーリングをすすめた状態であれば
他の誰かのセッションなどを一度受けてみたほうがよいかと思います。

だけど、基本的に人は自分自身の中にヒーリングシステムがあるんです。
ではヒーリングのスイッチを稼動させるためにはどうしたらよいんでしょうか?
____そのスイッチを押してくれるものこそが「気付き」なんです。
そんな気付きのサポートをしてくれるのがヒーリング、なんです。

以前うつ状態がひどかった、ヒーリングをしらなかった時代に
「身体は免疫力とか、勝手になおったりしてくれるのに
心には、なんで免疫力がないんだろう」
という疑問がありました。
つまり精神安定剤やうつ病の薬を大量に飲んでいた当時は
心には免疫力などないと思ってたんですね。

だから
「薬を10年飲んでいても、全然よくならない、なんでなの?」
とか
「薬は結局治してくれない」と絶望的になったりもしました。
今ならわかりますが、薬を飲んでいても心が勝手になおるわけではありませんからね。。。
薬は気付きを与えてくれるわけではありません。
だけど当時は薬を飲みさえすれば、すべてがよくなると信じてました。
そして周りも「薬を飲めば安心だから」というかんじでした。
一方心の奥底では一生薬を飲み続けなければいけないんだろうか、というどうしようもない苛立ちが頭をもたげていました。
よくなるためには環境は大切です。
でも、そんな環境を引き寄せていたり、選んでいたのは自分自身であるとわかったのは
ヒーリングをはじめて、かなりたってからのこと。

わたしは薬を全て、否定したりはしません。
なぜかというと、一見身体によくないにしても、そのときその人が、ある程度の自分を保つために
薬が必要であることもあるからです。
なので医学を否定せず、だけど最終的には自分の力で
なんとかできるようになることが大切だと思っています。

なぜ、このようなことを書いたかというと
薬に依存して「この薬を飲んでさえいれば治る」と思っている以上、よくならないからです。
つまり、そこには、その人の無意識の部分で「病気であり続ける理由」「痛みが治らない理由」というものが存在するのです。
それはもちろん心の病気だけでなく、腰痛とか含め、
その病気が治らない背景に、潜在意識レベルの癒しも必要になってくるケースが結構あったりします。

このようなことは医学だけのことではありません。
そうです。先ほども書いたように、ヒーリングの世界にも同じことがいえるのです。

かといって次から次へと現れるテクニックやメソッドに、いちゃもんをつけてるわけではないですよ(笑)
やはり人々が魂レベルで進化する分、テクニックなどが変わっていったり新しいものが現れることは、
ごく自然ななりゆきだとも思っています。

たとえばバッチフラワーレメディは感情を癒すものが38種類ありますが
現在ある様々なエッセンスは感情のみならず、本来の自分を生きていくことを目的としたものが多いです。
つまり人間の魂の進化とともに、それにみあった癒しも必要になってきた、といったらわかりやすいでしょうか。

そしてまた、ヒーリングやセラピーをする側の意識、受ける側の意識というのも重要なことです。
薬がそうであるように、ヒーリングにおいて「共依存」になってしまっては
治るものもなおらないと思うのです。
つまりセラピストやヒーラー側はクライアントさんに「ヒーリング依存」を起こさせないようにすることも大切な役割だと思うのです。
先ほどの言葉でいえば
「ヒーリングが必要であり続ける理由」
となってしまっては、癒されるものも本当の意味では癒されない、ということにもなりかねませんからね。

わたしがバッチ博士の言葉に共感し、最終的にこうなってほしいとめざしているものは
ずばり。。。
「”ヒーリング”がいらない世界」
です。

ヒーリングをやっているのに、この人なにアホなこといってるの?って思ってもかまいません(笑;)
これは、お医者さんが、病気や痛みのない世界を望むようなものですね。
もちろん、目の前に患者さんがいらしたら、全力で診察しますよ。
だけど、果てしない理想としては、痛みや病気、製薬会社などとのしがらみのない世界です。

では、最初の質問に戻ります。

「癒し」って、なんなんでしょう?
「癒し」「ヒーリング」これらの言葉から何か連想することはありますか?
あなたは「ヒーリング」に何を期待していますか?

いつか、誰もが、自分の中にあるヒーリングスイッチを、心で押して、
ヒーリングされ、自分を解放し、浄化し、変容し、成長してゆく・・・
そんな世界になっていってほしいと思っています。

という気持ちでセラピーやヒーリングをさせていただいております。
・・・って、大げさですかねww

先ほど書いたようにセラピストは
「どんなふうにすればクライアントさんの問題が解決できるか」という目先ばかりにフォーカスしてしまいがちです。
でも「ヒーリングのテクニック」ばかりを追うことは、
いわばそこに「ヒーリングを必要とする人たち」を生みだすことにもつながりかねない、
ということをいいたかったのです。

たとえばSSRIなどの新世代のうつ病の薬が開発されたら、うつ病の患者の数がいきなり増えました。
このように薬など含め、何かを開発したり、新しい症状を発見したら、その患者は当然増えますよね。
でも同じような産業構造がヒーリングやセラピー業界でも行われているのではないか、
というふうに感じているんです。
だからこそ
「いつか来るはずのヒーリングを必要としない世界」
を想定するわたしのような異端児ヒーラー/セラピストがいてもいいんじゃないかと思ったのです。


「ヒーリングの必要のない世界」というのはある意味、
ヒーリングを職としてるのにトンデモ的な発想だと思われるかもしれません。
これまで自分が習ってきたことを最大限に生かして
どうしたらクライアントさんが幸せになれるのか、を考えることは、
セラピーやヒーリングを職にする者の日常でもあり、
幸せのサポートを自分の形として成し遂げることは一生かかるかもしれないくらいに
とっても大切なことだとも思います。
でも、同時に、自分も幸せで、楽しくあることも大切なことですし、
そこで、さらにいえば、
「どんなテクニックで癒されるか」とか「どのようにして」
という「枠」を超えたところに
きっと全ての答えがあるような気がするのです。
そして、そこに未来は開けているのだろうなぁ~と思うのです。

以上、夢見る異端児セラピストれいあさんの戯言でしたw
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (484)
Session (138)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)