In Loving Light & Universe, Heal the World

「見守る愛」は宇宙の愛

2014年04月05日
癒しとスピリチュアル
はい、れいあです。

今週月曜日に長寿番組であった「笑っていいとも」が終わりましたね~
学生の頃、クラスメイトが観覧募集するのにみんなではがき書こうっていって
結局一枚もあたらなかった(!)という記憶がありましたw

その後、とあるファンクラブ経由で、
いつ出演するから、観覧募集しますとかってあったけど
そのとき「そういう事前情報ってわかるのか~」って思いました。
だけど最初のほうって、そういう段取りとかも
いつ出演するとかわからなかった、本当に「友達」とか親しい人の輪だったのが
いつのまにか番宣になっていき、見る人も少なくなったとききます。

学生時代は学食にあったテレビでいつも流れていて
それをみんなでみてたな~なんてふうに懐かしく思い出します。

この最終回はリアルではみていなくてYoutubeを介してみたのですが
色々なメンバーがカオスのようにそろいましたねw
そんな伝説?を色々残したりしているようですが(共演NG同士の共演など)
タモリさんへ感謝のスピーチをしたSMAPの中居君のスピーチが話題になっているようです。

ということで見てみましょうか(Youtubeから消される可能性もありますが)

<いいとも最終回>涙の中居正広 タモリに感謝の気持ち伝える


中居君はいいともで、アイドルから司会やバラエティ番組について鍛え上げられたそうですが
彼なりのバラエティ番組論をお話しています。

それはドラマや映画などは「終わり(ゴール)」を目指して撮影していくけど
バラエティ番組は「終わらない」ことを目指していくジャンルなんじゃないかと。
だからバラエティの終わりというのは残酷だし淋しいと話しています。
そしてタモリさんをアシスト、サポートするということも娯楽のあり方のひとつなんではないか
ということを学んだそうです。

ちなみに中居君はいいとも出演20年になります。
そしてここからが本題?ですが

「タモリさんは怒りもしないし誉めもしてくれない人でしたが
この2年~4年くらい前からようやくご飯を食べられる仲になり
お酒を飲んだとき、酔っ払っていたってこともあったんでしょうけど
ぼくのことをやさしく抱きしめて、やさしく頭をなでて
中居、俺はオマエに感謝しているからな。
本気でオマエに感謝しているからなっていってくれたのが
すっごく、すっごく、うれしかったです(泣きながら)
今こんなカタチでジャニーズとか、バラエティとか、やっていますけど
本当にいつも俺と、香取に、出させてもらって、
ジャニーズもバラエティとか全然育て方を知らない中
チャンスを与えてくれてありがとうございました。」

そしてこちらが本当に最後のタモリからの言葉です。

笑っていいとも!グランドフィナーレ 最後にタモリから感謝の言葉


「性格が当時ひねくれておりましてね。。
不遜で、生意気で、世の中なめくさってたんですね。
そのくせ何にもやったことがないんですけれども。
視聴者の皆様方、いろんなシチュエーション、色んな状況、色んな思いで見てきていただいたのが
こちらにも伝わってきまして、私も変わりまして
なんとなくタレントとしてカタチをなしたということなんです。
で、視聴者の皆様方から私にたくさんの価値をつけていただき、
また、この、みすぼらしい身にたくさんのキレイな衣装を着せていただきました。
そして今日皆様方に直接お礼をいう機会がありましたことを感謝したいと思います。
32年間本当にありがとうございました。お世話になりました。」

他の方のスピーチも見ましたが、
出演者の方々は、タモリさんに「育てられた」ように思えました。
そしてまたタモリさんは、視聴者に育てられたのかなと思いました。

そんな関係だったからこそ、この番組が32年続いたものであったりしたのかなと。

わたしはタモリさんの番組は、どちらかといえばタモリ倶楽部のほうが
タモリさんの「変」な部分をゆるく出してて好きなんですが(笑)
いいともは、ある意味色々なものを「育てる」ということになっていったのかなと。
でなければ最後に出演者NG同士といわれている人たちが集まりませんよね。
タモリさんの人徳なんだと思います。

「タモリさんは怒りもしないけど誉めもしなかった」という中居君や香取君ですが
鶴瓶に対しては「本当にあんたダメな人だねw」といってたようで(鶴瓶のスピーチより)
それだけ年も近いし気の置ける関係だったのでしょうけどね。

中居君なんかに対しては本当に「育てた」というかんじなんでしょうかね。
「見守る愛」といったらちょっと違うよって思われるかもですが
愛にはいろんなカタチがあるんだなってふうに改めて思わされました。

大げさですが、神の愛とか、宇宙の愛とか、そういった普遍的なものは
「見守る愛」だと思うんですね。
これを「育てる」というふうに表現しましたけど
「育てる」といって最初におもいつくのは、やはり親子の愛でしょう。
でもそこにあるのは、やはり、しつけたり、怒ったり、
子供となるとどうしても手を出して色々と、こうしなさい、これはダメ、あれにしなさい・・
いつのまにか子供を「しつけ」といいつつ親のエゴでコントロールしてしまいがちです。
普通どうしても見てられなくて手を出したくなっちゃうもんね・・・

わたしは子育てをしたことがないのでわかりませんが
「子供を見て気付かされる」というケースもよく耳にします。
つまり、親は子供によって「成長」させてもらってるんだなという部分です。

でも、なかなか、こう、うまくはいきにくいものですよね。。
自分が「愛」とか「しつけ」だと思っていた、それは
後で見ると「コントロール(干渉)」だったなと思わされる経験をされた方もいらっしゃるかもしれません。
必要以上に子供を心配して干渉してしまうこともあるかと思います。

バッチフラワーにはレッドチェストナットというフラワーエッセンスがあるのですが

Healing Herbs レッドチェストナット 10ml/HealingHerbs
これは自分の心配でなく、誰かの心配をしてしまうときのレメディです。
私も祖母を心配して、よくとったものです。
でも、なぜ心配してしまうんだろう?
ということです。
心配することが愛だと思ってはいませんでしたが・・・
このレッドチェストナットから私が学んだことは「信頼」でした。
相手を信頼できないと、心配したり、干渉したりしてしまいますからね。

そしてさきほど、見守る愛は宇宙の愛であり、神の愛でもあると書きましたが
この愛はマリア様のような愛ともまた違っていて
「宇宙の愛はとにかく干渉をしない」ということです。
助けを求めたとき、必要なときに、手を差し伸べますので決して無関心でも、放任でもありません。
でも基本的には干渉をせずに「見守る」という普遍的に大きな愛だと思うのです。

たとえば病気になったりしたとします。
病気などは身体からのサインとはいいますが、かかったほうとしては「どうしてこんなふうに!」と思ったり
もしくは「やっぱしこうなったか」と思うかは色々だと思いますが
何かしらのレベルでの気付きや変化が必要なときで、
今、これに気付いて正しい方向にすすめば治癒がすすむなど
スピリチュアルの世界ではいわれています。

癒されたいかどうか、治りたいかどうか、
治してあげたい気持ちがあっても、本人が潜在的にブロックがあっては
治るものも治りません。

新月のお願いで「お願いは自分についてのみ。誰かの病気が治りますようにというのはNG」としてるのは
そういうことです。
自分自身が気付かないと、指摘されて誰かに言われても、自分が気付かなければ成長できないことですし
治癒もないのです。
これは「自由意志」とも関係してくるからです。
(誰かがよくなることを祈るときは、聖なる介入を信じ、
自分がそのガイダンスをうけ入れることを願うことをオススメします)

この世の中に生まれてきたのは何かを学んで魂が成長し、
その肉体で生まれてきた目的を魂が果すためです。
なので、自分自身が気付いて変容していかない限り、
別の問題となって発生し、本来の道に修正していくようへと気付かせようとする力が働くのです。
これを別の言い方をすれば「必要なことだから起こる」ともいえるかもしれません。

宇宙の愛は「自由意志」に基づいています。
様々な愛のカタチはありますが、
宇宙は「どんなことも受け入れる」という愛なのだろうなと思いました。
だからこちらもなかなか手放せずにいると「手放さなければいけない状況」になってしまったりしますし
「流れに乗る」とか「身をゆだねる」つまり

Cleansing & Detox(解毒と浄化)
Release & Surrender(手放し、身をゆだねる)


が、この宇宙に生きていくうえでとても重要なことなんでしょうね。

「受け入れる」ということは、
言い換えれば相手を「許す」ことでもあります。
そして、その人そのものを「認める」という愛でもあります。


中居君やタモリさんの話から宇宙の愛の話にまで発展してしまいましたが(笑)
いいとも最終回を見ててそんなことを思いました。


何かあって「なんでこんな目にあうんだ!」(いいともでいえばバラエティは残酷だと中居君がいうように)
残酷とも思えることが時々起きたりします。
でも、そういうときこそ「成長」や「変容」と深く関係してきたりするんですよね。

そういった「転機」に気付くことで学び「変容」していくわけです。
そして、動いても、動いてもなかなかうまくいかないときもあります。
そんなときは、一度立ち止まること、も必要。

宇宙の愛というのは、干渉せず、見守るものですが
助けを求めれば、手を差し出してくれるものです。

その人が気付いて「成長」していくために

「どんなことも受け入れて見守る愛」

それは「究極の許し」であり
「究極の愛」
なんだろうなと改めて思いました。
れいあ
Author: れいあ
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (484)
Session (137)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)