In Loving Light & Universe, Heal the World

しーちゃん&れいあの元気が出る競馬~ エリザベス女王杯馬券予想(追記有)

2013年11月09日
競馬
はい、れいあです。

天皇賞から一週あけて二週間ぶりのG1レースはエリ女ことエリザベス女王杯でございます。

エリザベス女王杯、という名前がなんでついてるのかと思って調べたら
エリザベス女王が1975年に来日されたのを記念して創設されたものらしいですね。
20回目までは3歳牝馬だけのレースだったのですが
古馬もこれに加わるようになって、
1999年からは外国馬の登録も可能になった国際競争となりました。
2010年にスノーフェアリーというイギリスの馬(騎手はイギリスの騎手ムーア)がこれを制覇し、
2011年もスノーフェアリーは連覇という快挙を成し遂げました。
今年は外国馬は回避しています。

外国馬が絡むと馬券もわかりにくくなるものなんですが(あたしはね・・・)
今年の注目は3歳馬と4歳馬の対決みたいなイメージがあたしにはあります。

過去のデータを見る限りだと3歳馬が強い。
というのも3歳馬の斤量(重さ。ハンデみたいなものか)は古馬より2キロ減の54キロ。
4歳以上は56キロになっているので
凱旋門賞のときも、この3歳との斤量差は結構話に出ましたが
今回もそんなハンデを考えると、古馬はより強い馬でないといかんのかなって思います。

そんなこんなのデータ分析からのれいあさんの馬券予想は後半に。
今回もお待ちかね!マチカネフクキタル?のしーちゃんにお願いしてありますw

それではよんでみましょう。
しーちゃーーんっ!

------------------------------------------------------------------------------

まいど!
さぁ、今週も張り切っていきまひょか。
先週…じゃないか、前回もおかげさまで当たりまして
「女流馬券師」である姫ともども絶好調のこちらのコーナーでやんす。

と、こんな調子で書いてると
コイツ天狗になってんな、とか思われるので
ここは褌を締め直していきましょう。
謙虚にね。

今週は「エリザベス女王杯」でございます。
以前は「桜花賞」「オークス(優駿牝馬)」と並んで三歳牝馬クラシックの一冠でしたが
その座を「秋華賞」に譲り、今は秋の牝馬最強決定戦ということで
三歳馬・古馬混合のG1となりました。
春にも「ヴィクトリアマイル」が新設され、
特に古馬になってからの牝馬というのはマイル路線に進む以外には
古馬王道路線で超一流の牡馬との戦い、というかなり厳しい選択肢しかなく
良績を残すことができないケースが多々あったので
最近は上記のようなしっかりとした目標が持てることは良いことですね。
まぁそれでも、ブエナビスタやウォッカ、ダイワスカーレットなど
牡馬を蹴散らすようないわゆる「女傑」と呼ばれる牝馬も競馬界を賑わしてくれています。

強い牝馬=「女傑」と呼ばれるかというとそうではなくて、
やはり牡馬相手に良績を残した牝馬、ということになるでしょうね。
昔でいえばヒシアマゾン、エアグルーヴあたりでしょうか。
そう考えると今回のメンバーで「女傑」と言える成績を残してる牝馬は…まぁこれからかもしれませんが。

同じ優れた牝馬を指す言葉には「名牝」という言葉もありますね。
この違いには明確な規定などはないと思うのですが
思うに「産駒の成績」が関わってくるのではないかと思います。
現役牝馬には「名牝」という言葉はあまり使いませんものね。
「優れた競走成績で、なおかつ産駒が優秀な成績」が「名牝」の基準といえるでしょうか。
産駒が優秀な成績を収めているエアグルーヴは「名牝」と呼べるでしょう。
そのお母さんであるダイナカールも「名牝」と呼ばれていますね。

では、近年の「女傑」は「名牝」になっているのか?というところ。
ブエナビスタは繁殖入りした年の交配では受胎が確認されませんでした。
牝馬は当然、年一頭しか産駒は産まれませんので
今年以降の産駒に期待したいところですね。

ダイワスカーレットは第一子が4戦未勝利で繁殖入りしました。
第二子が先日、待望の初勝利を挙げまして今後が期待されます。
ウォッカの初子は結構話題になってたりします。
それは…デカいから。
ちょっと前に560kgとか言ってたんですが、今は590kgを超えたとかなんとか…。
えぇ、もちろんデビュー前なんですよ、その子。

通常、競走馬は400kg台前半から500kg前半くらいですからねぇ。
それに、初子は小さく産まれると聞いた気もするけど…
いろんな意味で規格外、さすがはウォッカ!というべきでしょうか。

ただ、真偽不明ではありますが
競走成績が良すぎると産駒にその能力を伝えにくい、とも言われています。
要は、「お釣りがない」ってことなんでしょうか
そんな意味でも繁殖能力としての余力残しで引退する牝馬は多いようですね。
そこらへんもやはり競馬の面白いところでもあって、
その世代だけじゃなく、下の世代へ血を繋いでいくということが重要視されていますね。

それでもやっぱり「嫁入り道具」は欲しいもので、
それはやっぱり現役時代の勲章になるわけです。
そのためにも、一つでも多くの勝ち星、一つでも重賞を、という厩舎関係者の願いが
牝馬の競走にはこめられているのかもしれませんね。
もちろん、無事に走り終える、ということが第一ですけどね。

さて、予想にいきましょうか。
人気は三歳二冠牝馬メイショウマンボ、去年の準三冠馬であるヴィルシーナ。
あとはデニムアンドルビー、ホエールキャプチャでしょうか。
当日は嵐の予報も出ており、そこらへんも悩ましいところです。

◎メイショウマンボ
この馬にはよく本命打ってる気がするなぁ。
でも、京都コース得意なのと、前走の勝ちっぷりからももう一丁。
秋華賞がピークだったとは思うので上がり目は望めないんですけどねぇ。
しかも、武幸四郎が一番人気とかちょっと不安…。
幸四郎が年にG1を三つも勝てるかというとそれも不安…。
しかし、全戦で2枠か8枠で走ってる桃黒(ももクロ)ちゃんですから
応援しようぢゃないですか。

〇デニムアンドルビー
出遅れ癖が直らないのは非常に不安ではあるのですが
今回は直線の長い外回りなので末脚が届くのではないかと。
G1善戦続きの馬がようやっと勝利、の図が浮かびやすいレースなので。

▲アロマティコ
エディン、セキショウ、ヴィルシーナなどが引っ張るレースなので
前が早い展開になった場合に確実な末脚を発揮するこの馬の出番あり。

△オールザットジャズ
近走振るわないものの、今回は調教の動き良し。
角居厩舎今回は4頭出し、忘れた頃の「同厩舎多頭出しは人気薄を狙え」

△エディン
馬場状態が予想できないところではありますが
この馬の単騎逃げは枠順からもほぼ確実。
渋った馬場で後続がなし崩し的に足を使わされて
あれよあれよというままに…がありえるかも。

ヴィルシーナは思い切って消しにしました。
牡馬との戦いで前走8着、叩き台としてはいいのかもしれませんが
着順としての調子、と考えるとどうしても触手が動かず。
ホエールキャプチャも走ってみないとわからない、という印象。
二走前に泥んこ馬場で大敗していて重馬場得意ではないのでやはり印はまわせず。
◎に絶対的な信頼をおけるわけではないので
今回はボックス馬連で行きたいと思います。
正直、あまり自信ないっす、すんません、姫、あとは頼みます。

------------------------------------------------------------------------------

はい、再びどもども、れいあです。

最初の斤量の話に戻りますが
過去10年の分析だと
3歳馬が5勝と半分を占めていて、
4歳馬は3勝。3-4歳で8割を占めることになりますね。
5歳での勝利2回のみ、
そのうち1勝は昨年の覇者でもあるレインボーダリアで今年も6歳だけど出走します。

まず5歳以上の出走からみていくと

1 オールザットジャズ(5歳)
5 ホエールキャプチャ(5歳)
8 マルセリーナ(5歳)
15スピードリッパー(5歳)

11 タガノイノセンス(6歳)
13 レインボーダリア(6歳)

となり、あとは3歳と4歳になります。

上記のメンバーの中で注目してるのはホエールキャプチャかな。。。
とりあえずおいといて、5歳6歳はこんなメンバーです。

4歳で動向が気になるのはヴィルシーナでしょうか。
ええ、岩田きゅん(きゅん・・・って・・w)が乗るのですがw
先日の天皇賞はジェンティルドンナは2着となりました。
あれは岩田君がトウケイを意識しすぎた感じもあるけど
本馬場入場のとき、返し馬のときを見てて
岩田君が何度もジェンティルをなだめているような様子が伺えました。
ゲートに入る直前もちょっと元気よすぎるというか、
スタートがめっちゃ早かったのもあって思った以上のスピードで、、、
岩田君もこれを抑えて最後の直線でためて走るのではなかったようですね。
色々話が出ていますが、前で競馬してほしいというふうにいわれて今回そうなったようなふうにもいわれています。
どこまで本当かわかりませんが、結果論。
結果、彼はトウケイに逃げ切りさせんぞというかんじでついてったかんじで
それにあわせて後続もついてったかんじのハイペースの展開に。。。
そこで覚醒したw福永が足をためてて一気に差したジャスタウェイ。

福永の最近の確変ぶりときたらすごいですw

ちなみに今回福永の乗る馬は。。。

4 ミッドサマーフェア(4歳)
美浦ですね。
エリ女は京都競馬場の芝2200mで行われるのですが
過去10年のデータを見る限り、関西馬6勝と半分以上です。
(しかし冒頭に書いたように外国馬が勝ったケースもありますが)

そしてこの馬の前走は府中牝馬S(G2)1800メートルですが
やはり府中牝馬S、そして秋華賞出走馬が人気する傾向にあるようです。

しかも1~2番人気が安定した成績ということで
わりと固めのレースが多いんでしょうかね。

となるとやはり秋華賞を征したメイショウマンボは注目しておくべきなのかなって思います。
一方府中牝馬ステークスでは先程書いたホエールキャプチャが優勝しました。

そんなわけでこの2頭はチェックしておくべきかなと思っています。

さーて、ヴィルシーナ、どうすっかな(苦笑)
岩田きゅん(はぁと)が乗るので応援したいのもあるんですけど、なんかねぇ。。
しかし先日の天皇賞でこれまで乗っていたジェンティルを降ろされてしまったのですわ。
ということもあって、、、頑張れ岩田!!!!って思ってるんですが

・・・ヴィルシーナかぁ。。。

なんかピークすぎちゃったイメージがあたしにはあるんですけどどうですかねw
彼はジェンティルでオルフェーブルに勝ったことがあっただけあって
運営側は味をしめたというか期待しすぎたかんじもありますかね。
しかし今年の岩田君の成績、G1で勝っているのはカナロアが多い。
ジェンティルもピークすぎちゃったのか、もともとそこまでの馬ではなかったのかわかりませんが
素質があったとしても彼が成績を残せなかったのも事実であります。
そんなわけで今回優勝して岩田君の「意地」を見せてほしいところ。
でも・・・ヴィルシーナかぁ・・・(苦笑)

昨年ずっとヴィルシーナは2着続きでした。
今年内田さんがVM(ヴィクトリアマイル)で優勝しましたが
基本的にこの馬、中距離までなんじゃないかって思うんですよね。
距離が長すぎるんではないかと。

昨年2着続きのヴィルシーナではありましたが
その時の優勝馬が岩田君の乗るジェンティルドンナだったわけです。
(そのうち1回はジェンティルは川田君でオークス勝っていますが)

かつて自分が優勝していたとき惜しくも2着に敗れ続けたヴィルシーナに
今回岩田君は騎乗するというわけですね。

そんなこんなのインタビューを見てみると。。。

「この馬のことは(自分が乗っていない間もライバル馬に騎乗しながら)ずっと見ていて、強い馬だとわかっているので。いいレースができればいいな、と思います。」
iwata-elisab.jpg
「エリザベス女王杯は強い馬も出てくるし、楽な競馬にはならないと思います。
ですが、昨年は2着があったので。今年はなんとか勝利を穫れればいいなと思います。
 ヴィルシーナは瞬発力があり、長い脚も使える。
どんなレースになろうが、対応できる馬です。
(エリザベス女王杯は自分自身も)すごい楽しみですし、いいレースになるようにがんばります。
素晴らしいレースになると思います。
応援よろしくお願いします」」

・・・うふっ応援しちゃうかなぁ~岩田きゅんwのために(はぁと)

写真はつい先日の水曜追い切りの時、栗東トレセンでのものらしいけど・・・
通常調教って朝4時くらいから始まるものなんですね。
地方の大井競馬あたりだと午前2時からってこともあるそうで。。
そして栗東(滋賀)で会見がお昼前かな?終わって
その日の夕方すぎに大井競馬(東京)で2レースこなしてるんですよね。
土曜・日曜は京都競馬場、月曜は金沢競馬場、水曜は栗東で調教して大井に。。。
騎手の方々は調整ルームというところに缶詰になるそうですが
レースのある前日の夕方にはそこに入っていないといけないらしくて、
そういう話はまたいつか書きたいと思いますが、
12月第一週には岩田君、香港でレースするんですよね。
つくづくハードスケジュールだなと思いました。
写真見るとちょっと疲れてる?って思ったんですが
その後大井で優勝してるので、頑張れ!っていうか・・・

あらかじめ岩田君が大井に来てると知ってたら応援しに行ったのにorz

さてさて、ジョッキーのお話はおいときまして、、
やはり適正距離のことは馬券を予想する上ではどうしても考えてしまいますね。
そこでレーティングをまた見てみましょう。

セキショウ 牝3 杉浦 102 I 紫苑S1着
セレブリティモデル 牝3 牧田 101 I 忘れな草賞1着
デニムアンドルビー 牝3 角居 108 M-I ローズS1着、秋華賞4着
トーセンアルニカ 牝3 木村 97 I 紫苑S4着
マルセリーナ 牝5 松田 106 I マーメイドS1着
メイショウマンボ 牝3 飯田 111 I-L 優駿牝馬1着、秋華賞1着


I 【Intermediate】 1,900m-2,100m
L 【Long】 2,101m-2,700m



岩田君ごめんね・・・
これを見るとどう考えても断然メイショウマンボなんだ。。。
そして先程書いたホエールキャプチャ以外にも
やはりデニムアンドルビーにも注目したいところだし人気もするでしょう。

そしてこんなデータもあります。
前走1800m以下なら、2200m以上のG1好走馬
前走1800m以下から優勝した馬は、過去10年で昨年のレインボーダリア1頭だけなんだそうだ。
そして芝2200m以上のG1を5着以内の実績を持つ馬だそうだ。

つまりこういう面から見ても距離適正は今回結構関係してくると見ております。

ちなみに秋華賞は2000メートルで府中牝馬Sは1800メートル。
それ以前の2200以上のG1で5着以内の馬を探してみると。。。

メイショウマンボは過去、今年のオークス(2400)で勝っています。
やはりどう考えても外せませんな。。
先程書いた馬をチェックすると福永くんのミッドサマーフェアはこれを考えたら難しそう。
ホエールキャプチャは。。。△かな。

先日ちょっと記事にしたオレハマッテルゼの子供であるハナズゴールが出走するので
ちょっと考えておこうかなと思ったんだけど・・・
掲示板圏内(5着以内)にくるの難しいかなというかんじだな。
過去2000以上走ったことが2回のみで両方そこまでの成績ではないし・・・

そんなこんなを1枠から見ていくと
ここでようやくヴィルシーナが浮上。
前走である京都大賞典は2400でしたが8着。
でも、いいたたき台のレースになったという見方もできます。

調教師の友道さんも、エリ女にピークをもってきてるとおっしゃってるので
▲か○かまだ迷いますが、そこらへんにいれておこうw

何故迷ってるかといえば・・・
デニムアンドルビーを見てからねw

・・・・デニムは○だなw
マンボに対抗するのによいかんじ。

面白いデータをちょっといれておくと
過去10年で8枠が4勝しているとこ。
だから必ずしも外枠不利ではないようです。

さぁ最後にチェックするところは脚質です。
差し馬が10年のうち6勝しています。
一方これに連対するのは逃げや先行タイプだとか。

ヴィルシーナはそんなことからもどちらかといえばあくまでも連対するかどうかというかんじですね。

さてまとめてみましょう。
ガチガチかもしれませんが。。。

◎ 3 メイショウマンボ⇒最初はちょっとなと思いつつもやはりデータ見ると外せませんでした
○ 14 デニムアンドルビー⇒外枠ですがそこまで不利じゃないようなので・・・
▲ 9 ヴィルシーナ⇒あくまでも連対というかんじですかね
△ 5 ホエールキャプチャ⇒古馬の意地を見せてくれw
△ 13 レインボーダリア⇒昨年のエリ女覇者だがさすがに優勝は難しいか
△ 1 オールザットジャズ⇒重馬場に強く距離適正も長く追い込みに近いので。雨なら外枠のほうがよかったかもしえれないが
☆ 6 ハナズゴール⇒最近亡くなったパパへのの追悼記念馬券の意味で
☆ 10 エディン⇒重馬場に強いですが距離は長いのは苦手です。

※追記です(23:00)
明日は京都、雨のようですので重馬場に強いものに差し替えます。
「オールザットジャズ」をレインボーダリアの代わりに入れます
「エディン」をハナズゴールのかわりに入れます。

ちなみにヴィルシーナも重馬場に弱いです。
当日に買われる方は馬場状態を調べてからをおすすめします。

(以上追記終了)

前日の土曜日16時のオッズが
メイショウマンボ 4.0倍
ヴィルシーナ     4.2
デニムアンドルビー 4.9

だそうで・・・
みんなヴィルシーナに期待しすぎw

ちなみに
ホエールキャプチャ 13.8

Cちゃまの予想の単勝の倍率は・・

エディン 12.3
アロマティコ 13.8
オールザットジャズ 23.6


今回はガチガチですが
マンボウとホエール(クジラ)の「海馬券」
てのもありですぜいっ(^ω^)

これに

ヴィル”シー(Sea)”ナ

ってのも絡めたりしてさw

でも実はあたし「ホエールキャプチャ」と書いておきながら

”ホイール”(車輪)キャプチャだと思ってましたもんww

車輪ってなんだよって話ですがwww


他の色々なところの予想を見ると

ラキシス

って結構穴でついてるみたいなんですが

確かに今回大外枠が強いってのも気になっております。

そういうのが気になる方は
8枠も絡めておくとよいかもしれませんね。


例によってレース終了後結果を、
動画UPされたら動画を貼り付ける予定です。


先日のスマートレイアーがこれに出走したら
ヴィル”シー”ナとあわせて

「しーちゃん&れいあ馬券」
てのもできて楽しそうだったんですが
いつか実現したら面白いですね(^ω^)(^ω^)(^ω^)

最後に
今日の京都9Rで川田将雅(ゆうが)騎手がJRA通算700勝達成したそうです★
yu-ga-k.jpg
ゆーがくんおめでとう!!!


★今後の岩田康誠ジョッキーの主な騎乗予定★
11月17日(日) 京都 マイルCS(GI) 芝1600m カレンブラックヒル
11月23日(土) 京都 京阪杯(GIII) 芝1200m アドマイヤセプター
12月1日(日) 阪神 ジャパンCダート(GI) ダ1800m ローマンレジェンド
12月8日(日) 香港 香港スプリント(GI) 芝1200m ロードカナロア

------------------------------------------------------------------

(結果)
1着 3 メイショウマンボ
2着 18 ラキシス
3着 7 アロマティコ
4着 17 トーセンアルニカ
5着 14 デニムアンドルビー


やっぱし外枠は強かった!!!
今回の格言。

「エリ女馬券は外枠を絡めろ!」

来年以降いかします^^
れいあ
Author: れいあ
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (484)
Session (137)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)