In Loving Light & Universe, Heal the World

心の病と「やめられない薬」との関係

2011年10月16日
メンタルヘルス
アロマと出会って10年以上たちました。

その当時はアロマといっても普及しはじめた頃でした。
日本のアロマはイギリス式が主流になっているので
フランス式のメディカルなセラピーとしての位置づけよりも
手軽に趣味で行うという入り方の人が多いかと思います。

あたしがアロマをしていることを当時通っていたメンタルクリニックの先生に話すと
その先生はあたしがカウンセリングに行くたびにアロマをたいてくれて
アロマの学会にも入ったのよ~なんていってたのを思い出します。

その先生は気分的なもので使うというよりも
小さいお部屋でのカウンセリングだったため
患者さんが風邪を引いていたりするときも多く
そんなときはユーカリがいいんだよ!ってかんじで先生とお話していたら
それをとりいれてくれたりしてくれました。

あるとき、おなかがいたくて産婦人科に行ったときのこと。。。
痛みもあってアロマのクラリセージの精油をおなかに塗ったら(キャリアオイルで希釈して)
おなかの痛みが少し和らいだということを話しました。
しかし産婦人科の先生は
「アロマオイルで痛みが治るくらいならあなたはたいしたことないわ」
といわれました。

確かにそうかもしれないけど
なんというか、メンタルでは利用されてもメディカルなレベルではアロマって浸透してないのだなって
そのときすごく思いました。

今でならメディカルアロマをとりいれてるお医者さんもあるけど
それもごく一部だよね。
患者が治療方法を「選ぶ」ということができればいいのになってそのとき思いました。

あれからもう10年以上の月日がたつだなんて・・・


アロマをたいてくださったメンタルクリニックには通っていません。

心の病には「波」があるのですが
よくなったなって思うと急にぶり返してしまったりを繰り返すものなんですね。
そんなとき、アロマでは「限界」の領域があるなってすごく思ったのね。

しばらく芳香療法(アロマセラピー)でもよくなっていたのですが
そのときまたSSRIとかとっていたんですよ。
だいぶ薬の量は減ったのだけどね・・・

当時あたしは壁にぶちあたったかんじだったのと仕事も忙しく手一杯で
プライベートでももうダメだって状況に陥ってしまったとき
あたしはまた再び自分が崩れてしまいました。
それ以来そのメンタルクリニックにもいかなくなってしまいました。

病院にいく気力すらもう残っていませんでした。
つまり・・・
仕事にも行くことができず、日常生活も一日送るのが精一杯なほどの激しいうつ状態の波が来てしまいました。
仕事にも行かず、家にいても誰ともクチを聞きたくなくて
あたしは部屋に閉じこもって一日泣いてるような生活が続きました。
仕事にいかなきゃって外に出ればパニック障害の発作がすぐに出てしまい、
どうすることもできずにいました。

パソコンももちろん起動せず、携帯の電源も切っていたし
一切誰ともクチをききたくない、顔をみたくない、ずっと一人でいたい・・・
このまま一生一人でいたらどんなにラクなんだろうって思っていました。
まぁいわゆる「引きこもり」だったんですよね(苦笑

いわゆる不登校といわれる子たちは学校に行くのは「義務」だって思います。
だからこういう「選べない」状況にあるとき、きっとあたしより辛いのではないかって思います。
あたしは自分で会社に行かないっていう「選択」を自分の意思でできたわけですから。

しかし派遣の契約のことなどもあり事務手続きだけでも終わらせないといけないわけなので
出社したんですよね。。
社会人としてそれだけは終わらせとかないと的なかんじで・・・

その会社帰り、アロマとハーブを扱う店で見かけたのがフラワーエッセンスでした。
フラワーエッセンスの説明のところには
にわかには信じられないようなことが書いてありました。
そして、そのどれもがあたしに必要なようにも思えました。

出口のない究極の絶望感、つらさの限界、なすすべがないと感じる方に
スウィートチェストナット
~スウィートチェストナットが向いているタイプ~
● 失意のどん底、落胆しきっている
● 絶望感から、追いつめられた気分が続く
● 絶望のどん底からはい上がるエネルギーと心の明るさをとり戻したい


1本2000円以上したのでためしに買うには1本だけだなって思い
この一本だけをあたしは買って帰りました。

でも、この1本があたしの人生を変えました(何かの怪しげな宣伝みたいw)

買って帰ったあたしはビバ!引きこもり生活!でしたw
家族とも顔を合わせたくないためあたしは必然的に夜型になりました。
人があまり歩かなくなる夜だったら外にも出れました。
当時は太陽の光をあびることがないというかね、あびたくないと思っていましたから。。

そして当時は朝が来るたびに思うのです。
「また一日が始まってしまった・・・」

心が疲れていなければ、一日が始まることがきっと感謝に満ちていることでしょう。
でも当時のあたしは違ったのです。
朝が来るのが怖かったんです。
また一日生きなければいけないんだ、そう思うことが辛くて仕方なかったんですよね。
きっとそういう気持ちってうつ状態を知らない人にはわからないって思うけど
一言で言えばそんなかんじですね。

Wikipediaによれば、ひきこもりと関連の深い精神障害の主なものとしては、
広汎性発達障害、強迫性障害を含む不安障害、身体表現性障害、
適応障害、パーソナリティ障害、統合失調症などをあげることができるそうです。
この病名すべてがあたしにつけられていた病名でした。

さきほどのエッセンスを1本飲み終わりそうなとき気づいたことがありました。
それは生きるのがいやでいやで仕方なかった毎日だったのが、
「何も感じなくなった」ということです。
でも何も感じなかったにすぎず、あたしは中途半端な感覚でした。

ちなみに会社をやめた日からあたしは投薬を一切やめました。
案の定、禁断症状が現れ、震えがとまらないとか。。。
頭の中に虫がいるような能の痒さみたいな(誰にもわからないと思うけど・・・)
禁断症状は何よりも辛かったです。
もうあたし狂う!って思いましたからww

でもそのニュートラルな感覚は不思議でした。
最初エッセンスとるときは少し怖かったんだよね。

もしかして、あたしはあたしじゃなくなってしまうんでは?って。
あんなに自分という存在を誰の記憶からも消してしまいたいって
ずっと10年以上の間毎日思い続けていたのに・・・

ニュートラルな感覚になったあたしはエッセンスを再び買いました。
そう、つまりその頃には外出ができるようにまでなっていたんですよ。

本当にきくんだ?じゃ、薬なんていらないじゃん!って乱暴な言い方をしてしまいましたが
そのくらいにまで思うくらい自分の何かが変わっていました。

そんなことを繰り返し色々人体実験をしていくうちに
本当に適切なものを必要な時期にとるとこんなに変わるものなんだなって思うようになったんだけど

ならなぜ??
精神科にエッセンスおけばいいのに!!(←思考が単純w)
そのくらいに思いました。

今となって色々オトナの事情を知るようになると
製薬会社との関係とかね・・・
ああ、だからなおらないんだ、みんな・・・そう思うんですよ。

10年以上トランキライザーのオーバードーズを繰り返してきたけど
あたしが精神科に足を運ばなくなったのは
”10年以上薬飲んでるのに何で治らないわけ???”
っていう激しい絶望感でした。


なぜうつ病の人が増えたのか

興味があれば読んでみてください。
SSRII(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)が導入された1999年から世界的にうつ病が増えたこと、
医師へのプロモーション、
マスメディア、インターネット、学会活動、講演会
つまり「病気の啓発活動」という一種の洗脳を通じて人々の病気への意識を変えていったようです。

この一連の動きは勿論新型インフルエンザの予防接種にしてもそういう流れがいわれているし
様々な病気について検査キットが通販で手軽に買えるのでそれを利用する人が多くなったとか、
もっといえば外資の保険の宣伝が多くなったこと、
つまりは郵政民営化などの政治的な動きとも関わりがあるのではないかとみています。
病気なんじゃないかって気にさせる心理的なやり口は
病気なんでは?という不安にさせる気持ちは結局病気を寄せ付けてしまうのよね。。。

SSRIは薬価が高いこともあり製薬会社にとってはかなりおいしい。
しかし薬に依存するようになりあたしのように
「飲んでるのに治らない」って疑問に思う人も出てくるというわけですね。

あたしはこの感情を脱したいと常に思っていました。
それで精神医学や薬学を調べ続けていました。

原因?幼少時の家庭環境が・・・だいたい精神分析やってくとこうなのよねw
でもそれはさ、仕方ないのよ。。。だってそんなふうに育てられてしまったのだから。
これまでのカウンセリングで、なんでそうなったのか、
その原因を自分で気づいていくことは必要な作業だったと思うのだけど
そこに「未来」や「希望」を感じることはなかった。

あたしの性格?プライドがやたら高いのに自尊心が極端に欠如してるorz
その原因?家庭環境。小さいころの父親の虐待と母親の無関心。

いってしまえばそれらから発生した色々な
あたしという人格を作るもの(思考など)はわかるけど
そこに感情の辛さを和らげる方法としては薬という選択肢しかない。

辛い感情をなんとかするための薬でさえも自分にあう、あわない。。。
そんなことを繰り返しているのだからその決定打のないときは非常に辛かった。
しかも薬を飲めばぼーっとしてくる。
だる~~~~くて何も集中なんてできない。
当然仕事でもミスしたりが多くなったし朝起きれなくなっていったのもあった。

10年薬を飲んで解決しないのは製薬会社が裏にあるとかだけではない。
ヒーリングをやるほうになってわかってきたのだけど
自分が「問題と取り組む」ことをしていなかったからだってことにね。
この感情を解決するのは薬がやってくれるお仕事なのだと思っていた。
しかしそんなことに気づいたのは10年たってからだった。
(それこそ製薬会社の罠だったとw)

感情は思考からやってくることが多いのだけど
そういうものに取り組まなければ解決しないという発想がなかったのだ。

問題は?この感情のルーツは小さいころの育てられ方だとわかった。
でも、そこから先どうやって生きればいいの?
一生薬は飲まなければいけないの?

問題は親のせいだとか人のせいにしてしまっていいの?
そんなふうに思っていて、ずっとそこから進めずにいた。

エッセンスをとっていき
最初は、薬飲まないでこんなふうになれるなら、この10年返せ!ってね(苦笑
その自分に対しての憤りがかなりあった。。。時間もったいないじゃんって。

当時まわりにうつの人なんていなかったし、
心の病気といえば遠巻きにひそひそいわれちゃうかんじでね・・・
どんどん自分が孤立していくのを肌で感じていたし
人間不信もどんどん募っていった。

でもエッセンスをとり「自分が変わらなければ何も変わらない」
そう思うようになっていった。

そして最初は自分のネガティブ感情を解消するためにエッセンスをとっていったけど
そのうち自分をよりよく変えていくにはどうしたらいいのか?
そう考えるようになっていった。
そして何より。。。
精神科にいき薬を飲むのが当たり前になっている人たちが身の回りに増えてきた。
そのとき役割っていうか、
10年以上苦しんだのって。。こっちの道に進むためなんだって思うようになった。
一人でも多くの辛い感情でいる人をなんとかしていきたいって思うようになっていった。

エッセンスについての情報は当時あまりなかった。
そんなときバッチフラワーでないエッセンスがほかにも色々あるのを知ったけど
そのエッセンスがなぜ存在するのかわからなかった。

バッチフラワーを作ったエドワードバッチ博士は
人の感情は38種類だとしたのね。
その感情をマスターすればいいものだと思っていたので
ほかのエッセンスってなんのためにあるの?って思っていたのね。

で、ためしにとってみると・・・
不思議なことに生まれて初めて過去世を見たり
メッセージをききはじめたりしてしまった。

そう、エッセンスってとり続けるとマイナスな感情が取り払われて
五感が磨かれていくのだけど、つまり六感(サイキック感覚)にも作用するのだなとわかった。

友達とお茶してる最中、なぜこの友達と出会ったのか、、、
過去世のこんなときに出会ったんだというのが映像で突然見えてきてしまったり
その人の所有物を触った瞬間いろんな感情みたいなものを感じてしまったり・・・
このオカルト野郎なあたしが(苦笑)天使を見てしまったり・・・・

敏感な体質になるにつれ正直つらいことがかなり増えてきてしまったのだけど。。。

そんなときバッチ博士のいう38種類は感情だけど
こういう感覚から来る苦しみとかそういうのにいいエッセンスとかってないの?
・・・あ、知らないだけであったのね・・・orz
・・・そんなかんじです。

いわゆる人のサイキック能力っていうのは誰でも持ってるものなんです。
さきほども書いたように五感と関係してきます。

例えば
ヴィジョン・未来などが「見える」透視能力をクレアボヤンス (Clairvoyance)といいます。
内なる声が「聞こえる」ことをクレアオーディエンス(Clairaudience)
感情や身体感覚を通して「感じる」能力をクレアセンシェンス(Clairsentience)
情報がないのに「知っている」能力をクレアコグニザンス(Claircognizance)

初めて知ったのはヒプノセラピーの講習会に出たときのこと(2007年)でした。
飯田史彦氏の生きがいの創造について読んだことのある方はわかると思うのですが
今では「生きがい論」に基づく在宅訪問診療などを行う
奥山医院さんで習った方のわりと有名な方のセミナーでした。
http://www.okuyama.or.jp/cn18/pg48.html

生きがいの創造決定版

催眠にかかりやすいタイプというのも説明を受けるのですが
あたしは催眠にかかりにくいタイプでした(笑
そのとき過去世誘導をどうやってしていくのか習ったのですが(忘れたw)
そのときあたしはあまりイメージが得意でないんだなというのがわかりました。

しかしかといってあきらめるのではなくて
先程も書いたような人の得意なジャンルがあって、それを磨いていくことと
ダメだなって思うジャンルも訓練で大丈夫になっていくようです。
あたしはクレアセンシェンスの感覚派とクレアオーディエンスの聴く力があって
去年春からクレアコグニザンスが開発されてきてきています。
まぁ訓練の方法は、昨年も書いたように目に見えない「存在」たちがやってくれたのですが
彼らはあたしのイメージの集中力のなさに驚いて?おりましたw

*

ここ数日いろんな感情的なことがあって
自分だけでなく、そのお相手のことも疲れさせてしまいました。

もちろん感情面でそれがうまく処理できないという自分の問題があるからなのだけど
思考だけが感情のものではなくて感覚的なものが多くあって
うまくそれを説明できない苛立ちとか、
感情にならない声みたいなものがあるのだなと。。。

そんなときにどのエッセンスをとるべきか昔のあたしにはわからなかった。
今はすっかりダウジングを取り入れるようになったので
ダウジングで大量のエッセンスの中にあるかどうかきいていき
もしくはカタログで選び
それを読んで、ああ、それいえてる!という感覚がメインになっていきました。

エッセンスをやり始めの頃は「エネルギーチェックをシテクダサイ」の意味すらわからず。。。
でも今ではダウジングでチェックをしています。

で、ダウジングで選ばれたエッセンス

★ミキシングボトル用(長期)
コルテPHI
エレスチャルクオーツ:痛みと苦しみに満ちた行動パターンからの解放

アラスカ
ロックスプリング:一見乗り越えられないような障害を、辛抱強く、終わることのない信頼を持って切り抜ける道を見つける助けをしてくれる

パシフィック
シーパーム:愛されていない、望まれていないという思いにとりつかれている人に。
サンドダラー:幻想を抱き、自分自身に枠を作って制限している人に。

オーストラリアンブッシュ
ドッグローズ:恐怖感に対してではなく、神経質な些細な不安に対して働きかけるのです。
       恥ずかしがり屋だったり、自分に自信がなかったり、気が小さくて、ナーバスな人たちに最適。
アルパインミントブッシュ:常に人のためにエネルギーを使い切ってしまい、極限まで疲労している人に。

+自作エッセンス

★単発
コルテ:アマゾンマッシュルームN1:肉体にたまった感情的毒素の排出を促進する
    サンデュー:過去世の古いネガティブなカルマのパターンから自由になる。

アラスカ:グリーンボグオーキッド:ハートチャクラに留まっている、微妙な深い傷やこだわりを解放。
     解放されるに従って、物事の本質がよく見えるようになります。



エッセンスはいろんなメーカーから出ているので
自分はどのエネルギーが一番あってるのかをカタログでききました。

そしたら。。。これまで買ったことがないエッセンスに反応しました。
それはインディゴのためのエッセンス。
あたしはインディゴですが、まさか自分には必要ないと思っていたのですが
体が求めていたのは違うのだなと思い、面白いなと感じました。

持ってないのですが
中でも興味深いのはクリスタルシリーズというものから選ばれていたことでした。
これは物事に対する感受性が強すぎて
他人や場のエネルギー、傷つきやすい人や霊感が強い人のためのシリーズのようです。
フラワーエッセンスは感情に働きかけますが
感覚に働きかけるというのが面白いなと。
これはクレアセンシェンスとも関係してそうですね。。

あたしはこれについては基本的にスプレーで使うのがよいとあったので
来月あたり買ってみようかなと思います。

インディゴエッセンス:コンビネーションシリーズエッセンス & スプレー
ハッピー
悲しい気分だからといってイライラしたり怒りを感じたりしないでください。
過度に悲しみを感じているのに理由がわからない子供や、自らの悲しみを閉じ込めて、見せようとしない子供に有効です。
そうした子供たちは、泣き始めると止めようがなくなることを恐れているのです。

チル
あなたの内側が怒りで煮え立っているとき、このエッセンスで鎮めれば怒りが収まるでしょう。
チルは、子供がとても強烈な怒りを感じていて、そこから抜け出せない状態にあるときの手助けとなります。
時折怒りを感じるのは自然なことですが、怒りの感情にはまって抜け出せなくなることもあります。
そんな時にはチルが助けてくれます。
チルを使ってワークをすると、解決策を見出すために、何に対して怒りを感じているのか話すことができるでしょう。

★クリスタルシリーズ
*スムージー
主な感覚:他人のエネルギーや感情への過敏
このエッセンスもまた、生まれる前の赤ちゃんから“依頼”されたものです。このエッセンスがもたらす感覚は、とてもソフトでしなやかで、ほとんど無限に広がっていくような存在のようで、母なる貝殻に包まれ抱かれている感じです。スムージーはニューチャイルドが地球の重いエネルギーと向き合うことを学ぶ間、シールドで包むように保護してくれます。
スムージーは他人のエネルギーに対してオープンすぎて、みんなが考えていることや、感じていることをとっさに察知してしまい、少し落ち着きを失くしてしまう大人にも役立ちます。
感度を“チューニング”する方法を知り、スイッチのオンとオフの切替えができるようになります。

*イージー
主な感覚:人生は葛藤と苦闘だ
このエッセンスは私達が何人かの子供に“天国とはどんな感じでしょうか?”と質問した後にもたらされました。このエッセンスから得た答えは“気楽”でした。歌にもあるように、日曜日の朝のようにeasy(安楽、気楽、のんびり)なのです。あせることも急ぐこともなく、騒ぎもなく、ストレスもなく、恐れもなく、スケジュールもない・・・Easyなのです。
私達が新しい可能性へとシフトし、古いあり方を手放す時、どちらの道を行くべきか、どちらの可能性を選択すべきか、どちらの選択肢を取るべきか判断に迷うことがあります。
このエッセンスは私達に、こう囁きます。“楽に選んで下さい。
楽な選択肢があれば、それが選ぶべきもの。猛進も苦労も、もう不要なのです。
Easyに選んで下さい。Easyが天国の姿です。”

*アイム・イン・ヘブン 私は至上の幸福の中にいます
主な感覚:人生に少し嫌気がさしている
私達はまだ古い現実を選んでいるのです――まだ、不安との苦闘を選んでいるのです。
アイム・イン・ヘブンを使うと、思考、感情、行動のどれに関してであっても、あなたのすべての選択に光を照らし、あなたが変化するのをそっと根気強くサポートし続けてくれます。

れいあ
Author: れいあ
キネシオロジスト
アロマアドバイザー(AEAJ)
フェイシャルリフレクソロジスト
メディカルハーブインストラクター

アロマ&ハーブ歴2000年より
フラワーエッセンス歴2003年より
ホメオパシー歴2008年より

(要介護2~5認知症祖母の介護歴7年)



【フラワーエッセンス系】
BIEP(バッチフラワー国際プログラム)Lv2
FESエッセンス中級(故・河村三十世女史)
コルテPHIフラワーエッセンス・プラクティショナー(アンドレアス・コルテ氏)
アラスカンエッセンス ベーシック/アドバンスコース修了(故・スティーブ・ジョンソン氏)
ヒマラヤンフラワーエンハンサーズ ベーシック/アドバンスコース修了(タンマヤ氏)
ブッシュフラワーエッセンス Lv.1-2修了(イアン・ホワイト氏)
パシフィックエッセンス ベーシック及びアドバンスコース修了(サヴィーナ・ペティット女史)
インディゴエッセンス ベーシック/アドバンスコース修了(アン・キャラハン女史)
アンジェリックエッセンス ベーシック/アドバンスコース修了(ルース・ジョイ女史)
フィンドホーンエッセンス ベーシックコース修了(マリオン・リー女史)
パワーオブフラワーエッセンス ベーシックコース修了(イシャ・ラーナー女史)

【手技系】
ホットストーン・マッサージ(ハンド/肩・頭皮)受講(グリーンフラスコ)
インディアンヘッドマッサージ(表参道生活の木)受講
英国式リフレクソロジー(RAJA)受講
ドイツ式フットリフレクソロジー受講(ハンネ・マルクワット氏)
アロマプレッシャー フランス式リンパドレナージュ(ダニエルマードン氏)受講
フェイシャルリフレクソロジー(ロネ・ソレンセン女史)受講
ベトナム医道ディエンチャン顔反射療法(ブイ・クォック・チャウ氏)受講
ノーブル・アロマ・ハンドトリートメント(武川”Mischa”郁子女史)修了

【ボディワーク系】
エッセンスオブクラニオセイクラルLv.1-2(小笠原和葉女史)

【アロマセラピー系】
アロマセラピーの東洋医学的アプローチ受講(ガブリエル・モージェイ氏)
精油の安全性ガイド 受講(ロバートティスランド氏)

(以下武川”Mischa”郁子 女史)
エナジーワーク・アロマセラピー修了
サトルボディアロマ講座 修了
アロマアルケミー ベーシック修了

魔女のエネルギー療法講座(StudioAphesis 井田 知秋氏)
生体防御・炎症・疼痛と植物療法 受講(グリーンフラスコ 林真一郎氏)

【キネシオロジー】
(以下 斎藤慶太氏)
1からはじめるキネシオロジー 基礎/上級 受講
ホールブレインキネシオロジー 受講
オルタナティブメディスンキネシオロジー 受講
微細筋肉反射テストIN Depth 受講
「奇跡発動WS」2013年/2018年 受講

【西洋占星術】
アストロキネシオロジー ベーシック/アドバンス 受講(齋藤慶太氏)
西洋占星術講座 基礎/上級 受講(齋藤慶太氏)

【タロット】
ハーバルタロット(安珠さん)

【カウンセリング系】
傾聴とコミュニケーション 修了(武川”Mischa”郁子 女史)
価値観探求セミナー修了(武川”Mischa”郁子 女史)
潜在意識カウンセリング 基礎/上級 受講(齋藤慶太氏)

【スピリチュアル/エネルギーワーク系】
(以下ホリスティックヒーリングスクールArcadia  武川”Mischa”郁子 女史)
チャクラ・エンライトメントワークショップ 全チャクラ講座修了
ドラゴンフェニックスエンライトメント修了
女神性覚醒プログラム Lv1-3修了
ドラゴンフィード施術者講習修了
シャーマンアプレンティス修了
臼井式西洋レイキ伝授 Lv1-3 修了
アルケミカルエリクサー 錬金術基礎講習 修了
アカシックレコードリーディング(如月マヤ女史)

【サウンドヒーリング系】
クリスタルボウル ベーシックコース修了(武川”Mischa”郁子 女史)
ヴォイスヒーラー養成講座 基礎 修了 (金巴楽雅子女史)
倍音トーニング講座 受講(金巴楽雅子女史)
ライトランゲージサウンドアルケミー講座修了(金巴楽雅子女史)
ヒーリング音叉講座 基礎/マスター 受講(齋藤慶太氏)

【その他】
アントロポゾフィー医学

その他様々なヒーリングやセラピーなどの講座参加をしブラッシュアップしております。
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (486)
Session (143)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (14)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)