In Loving Light & Universe, Heal the World

癒しのプロセス~毒になる親

2010年12月26日
Book
先日リズ・ブルボーの五つの傷を読了し、
その傷がいくつもあることを思い返された。

以前からこんな本があるって知っていたけど、
今が読む時期だと思い購入することにした。


毒になる親

8年くらいヒーリングの世界に入り
いわゆる「たまねぎの皮むき」作業をしはじめた。

ヒーリングをし始めた頃も精神科に通っていたが
あたしは心から信頼して本当のことを話せる存在にはしなかった。
精神科にとりあえずいくけどメインは薬をもらうことで
その場を取り繕うことができるから薬を飲んでいた状態だった。

そしてあたしは「癒しの世界」を知ってその癒しの効果もあることがわかった。
薬漬けだったあたしはヒーリングアイテムに出会うことで
薬のない日々を送れるようになった。
自分から解放された気持ちになった。

こんな気分が楽になるなんて・・・
そうだ。
この「癒し」を職業にして、一人でも多くの人に、この「よさ」を伝えていこう。
精神科に行こうか、だけど迷ってる人が一人でも薬を使わない状態になるため
そのためにフラワーエッセンスを伝えていこう。

そんなふうにあたしの癒しの旅は始まったのだ。

あたしはアロマから始まりメディカルハーブ、そしてエッセンスという感じで学びをしていった。
オーラソーマだとか、瞑想とか様々なことをやっていった。
あたしは確かに気持ちが楽になっていった。
そんな時、あたしはまだ両親と離れて暮らしていた。
祖母と二人暮しだった。
そんな祖母が手術をし、介護状態に陥った。

それでもあたしは親と離れて暮らしていた。
しかし介護をしていくうちに最初精神的にかなりガツンときた。
誰も自分の状態を話せる人は他にいなかったのだ。
だけど病院のスタッフや介護ヘルパーさんなんかに話すうちに
自分は徐々に保たれていった。
こういうときにはどうする、などきいていくことで祖母にどうしてあげればいいのか学んだり
ケア関連について看護についても学んでいった。
老年期の心理状態などについても、あたしと50年も違う祖母とすりあわせをしようと
どうしたらいのか考えていった。
だけどあたしはストレスで何度も倒れてしまっていた。

それでも状況は変わらなかった。
そして昨年になり、靭帯を痛め歩けなくなり、父親が祖母の介護を退職して手伝うようになった。
あたしと父親での介護が昨年から始まった。
そして今年になり、あたしの精神がおかしくなった。
実はこれを打ってる今もおかしいのだけど(笑)
かなり神経が過敏になりサイキックに関して、オーラやエネルギーに相当敏感になっていた。

いわゆるスピリチュアルエマージェンシーを体験することになった。
こんなふうにまさか自分がなるとは夢にも思わなかった。
今年の春、祖母はショートステイに一ヶ月入れられる事になり
「狂った」あたしは両親に精神科へ連れて行かれることになる。

そんな時あたしのメンタル面をサポートしてくれたのは相方様とここのBlogで書いてる先生だった。
彼はメンタル専門職ではないけど、あたしの「自立」について真剣に考えてくれている。
だけどその前に感情がついていけないこともあって
「待った!」をかけたりして調整してる。
彼の存在がなければ、あたしは本当今頃どうかしちゃっていたかもしれない。
少なくとも彼はあたしを「受け入れてくれた」と感じる人だ。
そして、彼がいなければ、大げさに言えば、今のあたしはいないかもしれない。

これはスーザンフォワードという人の本でアダルトチルドレンについての本でもある。
アダルトチルドレンは症候群でしかなく、正式な病名ではないが
これにより苦しんでいる大人たちがどんなに多いことか。
そしてまた苦しみのありかがどこにあるのかわからずに、ただもがいている人も多いだろう。

またあたしのように「苦しみのありか」や「トラウマ」に向き合う防衛本能から「癒し」を歪んで捉え、
許すこと=愛
という癒しの信念を呪縛に自らしてしまっていることに気づかされた本だ。

これまであたしは親を超えよう、あたしは親を許していると何度も思い込ませた。
「そう、あたしは親を許して感謝している。産んでくれてありがとう。」
そんなふうに思えてきているように感じてたのは
あたしと両親が離れて生活していて距離があったからなのだ。
だけど介護問題という家の問題から始まり
のちに父親がこれに加わり一緒に住み始め、今年から母親も祖母も一緒に住み始めたということは
この感情的問題を解決しなければならない時期なのだということがわかってはいる。

感情的な問題を解決し、自らを癒し、そして自立をしていくというステップが必要だということが
現実となってあらわになったという事だ。

この本を読んだ率直な感想は「傷口に塩を塗った」感覚に、現在ある。
これまで向き合うつもりが、自分をイイコに仕立て上げたり
自分をプライドをもって見せかけることで何とか保ってきたけど
心の中はカンタンにもろく崩れてしまうことはわかっていたけど
そんな自分を出せる人が相方様だった。

友達は年下の子がメインなので、どうしてもどこかに
「いいおねーさんでいなきゃ!」って気持ちが強い。
だからどうしてもキャラ的に「アネゴ」だったり「ねぇさん」といわれるわけだけど
付き合いが古い子ではそんなあたしの脆さもわかっている子もいる。
だけど彼らはそんなときのあたしへの接し方がわからない状態でいることも少なくないようだ。
何気なく電話やメールしてくれたり、時間をみてそうしてきてくれたり
その人なりのやり方でこういうときって接していくわけだけど
相方様の場合あたしを「ぶつける」感じまではいかなくとも、少なくとも自分を出す事ができる。

そんな彼と出会ったときも「イイコでいなきゃ」ってこれでも(笑)思っていた時はある。
今年に入って、彼に自分のネガティブな部分を結構出してきた。
最初はこんなこと話したら嫌われてしまうんじゃないか、見捨てられてしまうんじゃないか
そんなふうに思っていたけど、そういうことも少しずつだけど話せるようになってる。

さきほど彼についてオラクルカードにきいたら

「Balance~A great relasionship is one that both supports and challenges
すばらしい関係性とはお互い支えあい、挑戦する関係です」

「Sacret union~Treasure your relasionship
神聖なる結びつき。その関係性を慈しみなさい」

「Sexual Union~Honor the place in one anothr where you are one
性の結びつき。二人が一つになっている互いのその部分を尊重しなさい」

「Divine Timing When the timing is right youwill know.
Trust all will turn out well
聖なるタイミング。そのときがきたらあなたにはわかります。
全てがうまくいくことを信じなさい」

というのが出た。

彼はあたしにいう。
「あなたは本の読みすぎです」って。
「だけどわかっててそれを実践できてないんだよね~~~w
まぁ、カンペキだったら、つまらないけどwwww
だからあなたは不思議だし面白いんだよw」
ってかんじのことをいわれた(笑)

今日横になったとき彼が一人であたしにむかって一人芝居を始め
「”この人の死因は・・・本の読みすぎですねw”
”つまり”本の読みすぎでこうなってしまったと・・・”」
などいってあたしをからかった(笑)

これまであたしはフラワーエッセンスなど代替療法を使いここまできたし本を読んできた。
そしてまたここで本を読んだのだけど(笑)
癒しの世界では、相手を「許す」ということについて説かれることが多い。
特にスピリチュアルの世界においてはカルマや過去世とのつながりまで入る。
江原氏がいったのかわからないけど、子供は親を選んで生まれるっていわれる。
これについても以前相方様に半ば攻撃のようなカタチで説き伏せてしまった事もあった。

相方様にはトラウマを持ったケースについてとか、この先触れる事も多いだろうから
どういうケースに使うべきかといえばこれは
たとえば子供をなくされた親にかける言葉だったりとか、
親子のつながりを認識すべき時期にかける言葉だよっていうことをいいたかったんだけど
なかなかそれがうまく彼に伝えられず
ひたすら彼はあたしに謝ったのだけど
あたしは彼に謝って欲しくてこれを話したわけじゃなかったんだ。。。
うまく伝えられずにごめんね。。。

精神世界はある種夢のような世界。
でも現実から逃避するためにある世界ではありません。
現実から学びを得るため理解するためにあるような世界だってあたしは思っています。
もしくは「生き方」について立ち止まってしまったとき。

許すっていう言葉、とっても美しいです。
怒りってコトバ、ネガティブです。
でも怒りは人間にとってとても必要なエネルギーも含んでいます。

あたしは時々悩んでいました。
今のは愛のエネルギーでなくて怒りから本当はきてるんだ。
だからあたしは間違っているんだ・・・・・
そう、信じ込ませようとしたところにそもそもの誤りがあったのです。
怒りは一時的な「感情」なのでこれをどう処理するのかが問題なんです。
押さえ込まず「うまく管理する」っていうことが必要なんですね。

あたしは癒しの世界に入りしばらくたちますが
しばしばこの問題につきあたってきました。

スピリチュアルとよばれる方々のBlogも拝見してもらいました。
確かに彼らは「ハッピー」だったり「愛」だったり「幸せ」なかんじなんだけど
人生そればかりでしょうか?
Blogにこそ書かないようにしてるだけで感情のコントロールをしっかりできてるのでしょうね。
あたしはそんなこんなの感情をここでぶちまけてしまいます(苦笑)
それはあたしのよくないところです orz


「あたしは親を感謝している。産んでくれてありがとう。」
そう思い込ませていただけだと気づかされた。
子供は親を選んで生まれるっていう精神世界のこのコトバは
正直親からの虐待や暴力などトラウマを持った人間にはかなり残酷なコトバでしかない。
「あたしをあんなに殴ったくせに!」
「あんなに傷つけてきたくせに!」
「あんたなんて産むんじゃなかったって言ったくせに!」
「仕方なくできちゃったからあんたが生まれただけ、産みたくなかったのに」
肉体の傷は癒されても心の傷まではいまだに治っていなかったインナーチャイルド。

10代までのあたしはボロボロだった。
ボロボロになったあたしは付き合った彼とか他人を常に攻撃する事に向いていた。
でも親に逆らうと暴力を受けるので親には何も言えずにずっときていた。
そんな昔のつきあった人への罪悪感もかなりある。
彼らに八つ当たりすることで自分の感情を解消するしか自分をコントロールできなかったのだ。
あたしは彼らに対して相当な罪悪感を持っているくらいに傷つけたし泣かせてきてしまった。
だけど自分をとめる事ができなかった。
感情をコントロールする術がなかったし、あたしはだんだん人から離れる事を好むようになった。
一人でいることで誰にも感情をあまり見せずにいることで、
そうじゃないとあたしは誰とも話すことなど誰一人としてできないと思っているからだ。

でも開き直りじゃないけど人間だから喜怒哀楽があるんだとも思う。
この人だから怒れる、この人だから悲しい、そんなふうに
喜怒哀楽って、特にネガティブなものって
人間関係から作られる事が殆どじゃない?
うつ状態になってしまったり、会社の仕事の関係にしても
人間関係がうまくできていれば、こんな感情にならなかったってことが多いんだよね。

結局あたしは「癒されてる」と思っていたのに感情を奥に追いやっていたんですね。
それは「赦す事が愛だ。だから自分はもう親を許してる」って思い込ませた結果です。
そんなごまかした心がこんなふうに現実になって出てきてしまったのでしょう。

ホメオパシーはたとえば何か症状を外に出そうとするので
治ろうとする過程で皮膚にできものができたり肉体的症状が別のところでおきたりします。
また、痛み止めなどの薬は痛みをカラダの「奥」へと押し込んでしまいます。
でも痛みそのものはカラダからのメッセージなんです。
カラダのメッセージはどうやって現れるかといえば
心など、その悲しみが強いと心臓が痛くなったりします。

感情や思考ってオーラに出るけど最終的には肉体に出てきてしまう。
そのサインが痛みであって、痛みを無視し続けてると病気になってしまったりする。

前にも書いたけど肉体的な消耗もネガティブなエネルギーを呼ぶ。
あたしがサイキックな状態に陥る時はかなりそんな疲れてるときが多い。

話はそれたけど、赦す事は愛のレッスンかもしれないけど
それはしっかり心が癒された段階ではじめるべきであって
あたしみたいに最初から、許しのテーマに向き合うのは
逆効果ってこともあるのかもしれないって思うようにあった。

まずは自分を癒す事、自分を好きになろうとか、そんなふうに考える前に
自分がどんな感情を抱いていて、それについて裁かずにしっかり出すことが必要なんだって思いました。

今年おそらく彼に会うのはあと数日。
年末年始は会えないから。
だからとっても淋しいけど、夏休みもとらずに彼はがんばってきたので
しっかり休んで欲しいって思う。
彼のことが大好きだから、
そばにいたいって思うけど、休んで欲しいって思う。

いつも色々考えてくれて本当にありがとう。
あたしといると、きっと、彼、とっても疲れるだろうから
少しは羽根を伸ばせるよ。
しっかりリフレッシュしてほしい。淋しいけど(笑)
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (484)
Session (139)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)