In Loving Light & Universe, Heal the World

不眠症を克服したい人へ。

2010年11月22日
自然療法
先日ツイッター経由で読者の方から不眠症についての質問がありました。
「睡眠導入剤をずっと飲んでるけど、ぐっすり眠りたいんだけど
ホメオパシーとか何かあるかなぁ」
という内容でした。
ツイッターだと文字数も限られてることや、ほかにも睡眠障害で悩んでる方、
またあたし自身も10代の頃から睡眠障害で悩んでいたこともあるので
振り返る意味で記事にしようと思いました。
即答しなかったのには理由もあります。

なぜなら睡眠障害には肉体的な病気が原因であることもあるからです。
それが単純な「ストレス」という理由だったにしても
ストレスといっても様々な原因がフクザツに絡み合って
その人がなかなか眠れないというケースがほとんど。
眠れない人の数だけ理由があるし、
逆に言えば、眠れるようになるにはその原因を知る事がはじめの一歩です。
その分だけアプローチ方法もあるんじゃないかとあたしは思います。

以下紹介しますが、その読者様には、暫定的にあたしがこれまでとってきた経験で
「これはきいた!」と感じたハーブサプリメントを紹介しました。
ハーブやアロマって好みがわかれるケースが多いのでハーブが入ったサプリメントの服用を勧めました。
それらについては後述しますねっ!



その読者様の場合「睡眠導入剤はずっと飲んでる」とおっしゃってました。
彼はこの睡眠導入剤をなくした生活を送りたいので質問してきたのか、
それとも睡眠導入剤を使ってるのに眠れず悩んでいるのか、
それによってもアドバイスはまったく変わってきます。

たとえば「眠りが続かない」ということは
ある程度眠ってるはずなのに、ぐっすり眠れるかんじが得られないという「熟眠障害」になります。
もしくは途中で何度も目が覚めてしまう「中途覚醒」もあります。
あるいは早朝目を覚ましてしまう「早朝覚性」があります。
ベッドに入って眠ろうとしても2時間以上眠れない「入眠障害」はあたしですw
(あたしはちなみにデパス1ミリ+ロヒプノールを飲んでいますがその日によってデパスだけなど変えていますw)

ちなみに週に2回以上、一ヶ月以上続いて、
さらにそれにより日常生活に支障をきたす場合が「睡眠障害」
ということになっています。
(つまり一時的に眠れないことは誰にでもあるということ。長く続くときそういいます)


1.眠ろうとするほど眠れないっ!

睡眠は「眠りの質」が問題
5時間”しか”寝られなかったか、5時間”も”寝たのか、
それはその人の眠りの質や性格によるのだと思うんですね。

たとえば夕食はベッドに入る4時間くらい前にはすませておくことが眠りには大切。
それは胃腸の働きで睡眠が浅くなりやすいから。
ちょっとのお酒は確かに緊張をほぐすけど、個人的にそのために飲むのはオススメできません。
しかも大量に飲めば脱水症状を引き起こしたりしかねません。
人のこといえないけど、紅茶などカフェインを含むものやチョコレートなどは脳が興奮状態になるため
夕方をすぎたらできれば控えたほうがいいですね。



なんか眠れない!というのは誰でも経験があります。
だけど不思議な事に眠れないことに一度「苦痛」や「不安」を覚えてしまうと
「今日はちゃんと眠れるかな」と「眠り」を異常に意識したりします。
つまり「眠ろう」と思うほどに眠れないことになるのです。
妙な不安感と神経的疲れで眠れないっていうスパイラル。
眠ろうと思うほど逆に覚醒してしまいがちなんです。
意識するほどにリラックスできなくなります。
こういう睡眠障害を「精神生理性不眠症」といいます。

たとえば体調の不良やストレスがきっかけで不眠になることも多い。
5時間も寝た、でなく「5時間しか眠れなかった」と思うのは
「睡眠」に対するその人の「評価」の低さなのですね。
つまり「眠れなくなりやすい性格」があるということです。
特に”負けず嫌いで完ぺき主義”であるほど何かあったとき「不眠」になりやすいんですよw

「カンペキ」に処理することを考えると「満点」がとれないと大変不満足になります。
「睡眠」について「満足」がいかなくても同じ事になります。
「ちゃんと眠れない」自分にイラだちを感じたり
今日は眠れるのかなぁと不安になったり。。。
または「もう○時なのにまだ眠れない!」ってどんどん焦り時間がすぎてしまうということも。

これはどういうことかというと、さきほどの
「睡眠」に対しての評価の低さになります。
「これしか眠れない」と思うか「これしか眠れなかったけどなんとかなるべw」と考えるか、
そんな本人の性質もかなりあります。

そしてこの性質は「うつ」病になりやすさとも関係がありますので
とりあえずはしっかり眠ることを目標に、眠れたら本質を少しずつ変えていくようにしていきます。
まずいったん睡眠をしっかりし、「寝たぜ!」っていう感覚をカラダで覚えこませることをあたしはしました。
あたしは性質的に確かに今でも負けず嫌いでカンペキ主義な部分はありますが
「どうでもいい部分w」というのを自分の中に見つけて、もしくは作っていきました。
あたしは非常にストレスに敏感なのですが
ある程度「眠れた」と思えたら次にすることは
自分の抱えてる問題について見つけて向き合う事をおすすめします。
自分の中にある問題を見つけていくこと、そしてリリース(解放)していくこと、
それは成長にもつながっていきますからね。

2.「眠れない」原因を探す

眠れない原因には色々あります。
たとえばさきほどの早朝覚醒の場合、うつ病のケースも考えられます。
思うように質の良い原因がとれない理由には「睡眠時無呼吸症」の可能性もあります。

たとえばこの睡眠時無呼吸症だった場合、命にもかかわるので治療を最優先させてほしいです。
ここで自然療法どうこういうよりも、医療機関で検査を受け、治療が必要ならしていくことです。
ある程度落ち着いてきてはじめて自然療法を取り入れる、というほうがいいと思うんですね。

あたし個人は「現代医療と自然療法のいいとこどり!」の考えでニュートラルです(笑)
ツイッターでもちょっと書いたけど
あまりに自然療法にこだわりすぎるよりも「薬や治療が必要」になったら、
”日常生きていく”っていうこと、つまり毎日過ごしやすくなるために、
その人を立て直すのに必要な時期であれば薬はとってもいいんじゃないかって思うんです。
絶対にホメオパシーじゃなきゃ!とかそんなふうに思いません。
(ただホメオパシーは症状を「出す」薬は「抑えて体の中に溜め込む」かんじですのでなんともいえませんが)

やっぱせっかく生まれてきたんだもん。
少しでも「喜び」を多く感じる毎日を送れるようになりたいじゃない?
そのために薬を拒むなら、確かにそれが必要性があれば、
少しでも喜びを感じられるなら薬は嫌がらないでとってもいいって思うんだ・・・・
あたしは、ねw

おちついてきたら少しずつ減らせるかお医者さんと相談すればいいと思う。
だけど心の薬はイキナリやめるとよくないので徐々に様子を見てね。
そのサポートとしてフラワーエッセンスはとても有効だと思っています。


カラダの病気は特に所見がなくて眠れない場合
「環境」に原因がないか、あるいはカフェインやタバコも覚醒の原因です。
もしくはサーカディアンリズムに問題はないか一日の生活を振り返ります。

サーカディアンリズムとは、ある時間になると眠くなり、ある時間になると目が覚めるという体内リズムのこと。
あたしは夜中に介護をしていたときは生活リズムが乱れていました。
それは自分自身わかっていなくても疲労やストレスをためやすく何かと不調になりがちです。

相方様にもよく「パソコンとケータイばっかやってちゃダメだよ!」って怒られるんですがw
そんな電磁波もかなり影響を及ぼしていることでしょう。

今のあたしはだいたい決まって何時に目が覚めるというのが決まっていますが
「睡眠と覚醒」という体内リズムは
その人の体内の恒常性(ホメオスタシス)を保つためホルモンや体温など異常が現れてくることもあります。
そんなふうにココロとカラダはつながっているのです。

夜勤が多いとかシフトが色々だったり今の生活はなかなか「太陽とともに起きて」なんてのは難しい。
また外的要因として「環境」はかなり大きいです。
あたしは品川に住んでいた時より川崎にいる今のほうが全然眠れます。
品川にいたときは近くの道路工事を夜間長くやっていたり
環境的な原因、夜間介護など不安定になる要因は多かったのです。

だから今は自然が多い分(笑)確かに不便だなんだとありますが
「眠れる」という事に関しては本当にいい環境です。

たとえば心配事とか未解決の問題が原因によっての眠れなさであれば
そこではじめて心の問題に対応する自然療法をとりいれていくことをおすすめしたいです。

3.不眠に対する自然療法

※以下紹介してる商品は通常のサプリというよりハーブを粉状にしてカプセルにしたものになるので
「ハーブそのもの」まるごととるカタチになります。
ハーブチンキはハーブをグリセリンに浸したものですが水がなくても飲めるのが特徴です(甘いです)

エクレクティック社の製品を個人的には品質がいいと思って使ってるのでリンクしております。
日本製のサプリももちろん某有名メーカーからたくさん出ていますが
正直言って品質的には・・・・というかんじですw
また逆にその分紹介したものはハーブそのもので日本製のものよりもきくので、
もし購入した際には容量はしっかりまもって、保存もしっかりして、とるようにしてくださいね。

~エクレクティック社について~

回し者ではありません(笑)
だけどこれまでとったサプリ、特にハーブ系サプリの中できくと感じたものであります。
日本だとなかなかここまでの品質のものはないんではないかと。
ちなみにアメリカのオレゴン州にあるオーガニックハーブの研究所です。
フリーズドライ製法でハーブをカプセルに入れてるので
ハーブまるごと、ハーブティなどではなくそのものをとる形になります。
(全ての原料は収穫後6時間以内にフリーズドライ加工されているそうです)
ホリスティック医で「癒す心、治る力」で有名なアリゾナ大教授であるアンドルー・ワイル博士も紹介していて

ワイル博士のナチュラル・メディスン

肥料も施さず、完全に野生生育し、最高の品質として欧米で認知されています。
エクレクティック社で自社農場、自社工場を持ち、生産から流通まで自社管理しているので
品質、安全性など保証されています。
最近はお金がなくて買っておりませんが(苦笑)あればまた買いたいなと思うかぎりでございまするw


★眠れない時のメディカルハーブ★

バレリアン (カノコソウ)


メディカルハーブ医療において、自然な催眠、鎮静薬として不眠症の治療に用いられます。
ドイツやベルギー、フランスでは、メディカルハーブとして認められるくらい。
「なんか翌朝だるい」という症状もバレリアンがおすすめです。
バレリアンの根にある成分バレニック酸がGABA-A受容体と結合し放出を高め、その働きを助長するため鎮静させる作用があります。
副作用などの報告は現在ありません。
ただ大量に摂取すると心臓に負担がかかり脈が乱れることがありますので、用量を守って下さい。
作用は穏やかですが、同じような効果を及ぼす薬(抗不安薬)やサプリメント(セントジョンズワート、カヴァカヴァ)との併用は避けてください。
サプリメント大国であるアメリカではメラトニンのサプリが睡眠障害に用いられたりしていたようですが
メラトニンはアメリカでは牛の脳を原料としている場合が多いらしいです。
そんなわけでこのバレリアンに切り替える傾向にあるようです。
ただ一部のハーブの本には「人によって体質に適さないこともあり習慣性もあるので何度も用いてはならない」という記述もあるので
気になる方は注意したほうが良いと思います(個人的には相性がいいハーブなので紹介しました)

こちら↓はチンキになってる液状の飲むタイプで水がなくても飲めます。


またバレリアンを飲用でなくアロマとして使う場合もいいでしょう。

エッセンシャルオイル バレリアン 5ml
その場合、たとえばティッシュに数滴たらして枕元においたりすると眠りやすくなります。
(あたしはよくその方法でアロマを用います)

セントジョンズワート (セイヨウオトギリソウ)

ホメオパシーでは「ハイペリカム」の名前で知られているものがこのセントジョーンズワートです。
フラワーエッセンスでもセントジョーンズワートはアストラル体が睡眠時膨らみすぎ
肉体とエーテル体、自我との関係をゆがめる場合、
もしくはSADS(季節性光欠乏症)にとります。
フラワーエッセンスについては後述しますがハーブの場合、医薬品と併用する場合は注意が必要。
鎮痛薬,抗うつ薬(SSRI)、強心薬、ピル、気管支拡張薬、抗てんかん薬
抗HIV薬、抗不整脈薬、血液凝固防止薬などを服用している場合、
薬の効き目が弱くなったり副作用が強く出る可能性がありますので
あたしは現在このハーブは服用していませんが、薬を飲んでいなかった時はこれをとっていました。
うつ病やうつ症状がある場合、ノルアドレナリンやセロトニンが少ないといわれています。
セントジョーンズワートにはこのセロトニンを増加させる働きがあります。
ただ即効性があるかどうかといえば人によるのですが、
上記の薬を併用していない場合、1ヶ月半くらいは服用したほうが効果を得られやすいと思います。


これ↑はセントジョンズワートのチンキ剤(水がなくても飲めるハーブエキス)

・パッションフラワー

これは↑バレリアンとパッションフラワーの混合チンキ剤(水がなくても飲めるハーブエキス)

アルカロイドとフラボノイドが含まれます。
アルカロイドは神経伝達物質の分解を阻止する働きがあり、フラボノイドは鎮静作用があります。
ラベンダーもそうですが血圧を下げることで鎮静させるので血圧が低い人は注意が必要です。
自立神経失調症、不眠症、神経痛、生理痛、頭痛など緩和、動悸、けいれん抑制などにいいとされています。

ホップ

安眠枕としてホップをつめたホップピローなどがヨーロッパでは知られています。
ハーブのグリーンフラスコ研究所のメディカルハーブリサーチによれば
バレリアンとホップの抽出混合物の服用は不眠症の症状改善に効果があるという結果が出ています。

・カモミール
高ぶっている神経を鎮めリラックス効果があります。
ストレスによる胃痛や風邪の症状にもいいです。
カモミールは牛乳とブレンドしたカモミールミルクティが有名レシピ。
さきほどメラトニンのことについて少し書きましたが牛乳と関係してきます。

~メラトニンとは~

松果体から分泌されるホルモンの一種。
メラトニンが多いと眠くなり、少ないと眠くなくなりますが
大人になると分泌が少なくなってきます。
年をとるほど眠りが浅くなります。
子供の頃はよく眠れたっていう人が多いと思います。
それはこのメラトニンと関係します。
メラトニンを分泌させるためには
トリプトファンというたんぱく質を多く摂取するといいです。
牛乳にはトリプトファンを多く含むため
カモミールとの相性がよいこともあってカモミールミルクティはよく飲まれています。

★眠れない時のアロマ★

・カモミール
(さきほども紹介したとおりでございますw)

カモミールにはローマンとジャーマンの種類があります。
(写真はカモミール・ローマン(1ml)
さきほどのようなハーブティーとして飲むのは「ジャーマンカモミール」が多く
アロマ(精油)として使うのは「ローマンカモミール」が多いです。
(ローマンカモミールはハーブティとしては苦味が強く飲みにくいです)
ラベンダーと相性がいいので不眠にいいアロマはこの2種類をおすすめしたいですね。

ラベンダー(AEAJ)表示基準適合認定精油)
ラベンダーは優れた鎮静作用があり心と体に働きかけます。
リラックス効果は抜群。
不眠にはカモミールローマンとあわせて使いたい精油です。

★眠れないときのフラワーエッセンス★

ホワイトチェストナット(バッチフラワーレメディ)

これは同じことを何度もぐるぐる頭をかけめぐってしまって思考がうるさいときにいいです。
こんなことがあったとかそんなふうに同じことが頭から離れなくてどうしようもないときなんかに使います。
思考がとまらない!ってときにいいです。
もし心配事が頭から離れないのであれば・・・

ミムラス(バッチフラワーレメディ)

ミムラスとあわせて使うといいでしょう。
これはある特定の状況に対して心配してるときに使うといいエッセンスです。
明日のプレゼンどうしよう!とか(笑)
そんなときにいいです。
でも、不安がとっても強い場合には、ミムラスに加えて
ロックローズ

これを加えたミキシングボトルを頻繁にとったりするといいと思います。
ロックローズはパニックとか、もう心臓がバクバクしちゃって仕方ないような不安のときにいいです。

アスペン(バッチフラワーレメディ)

これは未知なる恐怖というか
理由がわからないのに怖くて仕方ないってときにいいです。
というかあたしの場合、これをずっと取り続けてたんですが、
アスペンをとり始めてから眠れるようになりました。
(今はあたしの状態が変わってしまい別のが必要になったので時々とっているかんじです)
胸騒ぎがしたり、ゾクゾクしてしまったり、霊的なこと、オカルト的なこと、悪夢、
金縛り、夢はみたけどなんか気持ち悪さでいやなかんじが残る時・・・
そんな、どちらかといえば霊的なことについて使うことが多いです。
ちなみに「地震がくるんじゃないか」って不安にはこれら全ての組み合わせのボトルを作るのをおすすめしますw

アメジスト(コルテ)

これはジェムエッセンスです。
フラワーエッセンスに比べ、より肉体に近い部分にジェムは作用します。
穏やかで落ち着いた波動を持っています。
より深くリラックスさせ神経質やストレスの影響がカラダを支配してるとき特に効果的。
ストレスの多い一日が終わって穏やかな睡眠を促します。
また瞑想に使うにもいいエッセンスです。

・モーニンググローリー(FES)⇒昼夜逆転の生活しがちな人に自然な生命のリズムとつながることができるように。

・セントジョーンズワート(FES)⇒怖い夢をよく見る人に。

バランサーエッセンス(パシフィック)

ストレスやトラウマによって失われた心身のバランスを取り戻すサポートをしてくれます。
少量を飲用することで気分転換ができ、何かにとらわれたような感情をシフトさせ、感情を穏やかにします。

コーリングオールエンジェルズ(アラスカ)
スプレータイプ。あたしは枕元にスプレーしています。
とても柔らかく、愛にあふれた清純なエネルギーで安眠をもたらしてくれます
こちらはエッセンスタイプ↓



★眠れない時のホメオパシー★

Coff. コフィア 200C:心の中色々かけめぐってしまうとき。30分おきに2~3回服用

Acon. アコナイト 200C:落ち着きのなさと恐怖を伴う不眠、悪夢に。30分おきに2~3回服用


Kali-p. ケーライフォス 12X:習慣性の不眠に


Kali-p. ケーライフォス 12X+Mag-p. マグフォス 30C+Nat-p. ナットフォス 12X:緊張してる時や気が立ってるときの不眠に。30分おきに2~3回服用

Staph. スタフィサグリア 200C:夜間の不眠。夜だけは眠れないタイプに。眠ると身体症状が悪化する人に。


Viscum Album(ミスルトゥ):疲労、気がふさぎ敏感すぎて否定的な考えをするタイプ、不十分な睡眠(夜遅く眠れても朝早く起きてしまう)、突然起きる痛み

* * * * * 

色々紹介してきましたが
大切なのは不眠の原因について考えた時ストレスが原因であれば
ストレスの除去のため問題について色々向き合うのが安眠への近道かもしれません。

自然療法の中でも波動モノであるフラワーエッセンスなどは副作用はないので薬と併用OKです。
是非利用してみてください。

ストレス対策のために自然療法は有効だと思いますが
カラダの症状や病気が原因の場合治療が必要になりますので
まずは自分が眠れない原因を探っていって順番に対策を練っていくのをお勧めいたします。


また質問などありましたらお待ちしております!
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (133)
月の祈り、星の導き (148)
Information (60)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (478)
Session (124)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (254)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (86)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (90)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (28)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (18)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (2)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)