In Loving Light & Universe, Heal the World

「許す」こと。自分との戦い

2010年08月12日
Spiritual
ツイッターでリアルタイムでつぶやいちゃったため、
いっぱいメッセいただいたりしてしまいました、
お騒がせしてすみませんw
ありがとう。
あたし、まだ、生きてます(笑;)


父親は今日も昼すぎから酒を煽り続けてた。
今日は15時前から飲みはじめ、
22時前になる今もまた一つあけた。
もちろん、そんな状態の人間に通常の介護などできるはずもない。

今日は祖母のデイサービスの日だ。
父親は外面だけはやたらいいので、
デイサービスの人やショートステイのスタッフには
「よくやられてご立派ですね^^」
とかいわれて、一見照れくさそうな表情をする。

あたしはそんなやりとりを横目で見ては鼻で笑う。

確かに、父親は父親なりに頑張ってやってるとは思う。
それは自分の親だからやむなく介護をやってる部分もあるし
自分の親なのに、こういう状態(認知症)であるのを認めたくない、という部分を
時々冷静なまでに垣間見ているあたしがいる。

今日は台風だから雨が時折激しく降った。
そんな中祖母は戻ってきた。
あたしは祖母の車椅子の車輪を拭くため玄関で待機していた。

祖母をトイレにつれていき、注射をあたしが打ち、食事をさせる。
祖母は人付き合いが苦手なので、帰ってくるとぐったりしてしまい、
まともに座れない時もある。
今日はどちらかといえば、かなり疲れている日だった。


認知症患者によくありがちなことだけど
食事の仕方が途中でわからなくなったり
食べ物以外で物音がするとそちらをみたりしてしまい
食事に集中できなくなります。

つまり、他で物音があると
食事が目の前にあっても、それが何か、
どうやって食べるのか、
それは食べ物かどうかすらわからなくなるというわけだ。

しかし、それは病気なのだ。
父親はおそらく、自分の親がそんなふうな状態なのを認めたくないのだと推測するのだけど
そこでいつも祖母に大声で怒鳴り付けてかなり乱暴になる。
今日は祖母の衣服を強引にひっぱって、車椅子から振り落とさせようとしていた。
さらに挙げ句の果てに食事をまったくさせなくなった。

確かに通常のアルコールがない状態でも、ちょっとカンベンしてよ・・・って時はぶっちゃけあります。
だけど、アルコール飲んでないとやってらんない!気持ちがあったにしても
自分に酒乱の傾向があると自覚していたら
介護が終わってから飲むべきでしょう?

注射の関係もあり、これはまずいとあたしが色々祖母の世話に入ると
今度はあたしにまで殴ろうとし、大声をだす。

母親は知らん顔して見ぬふりをしている。
おそらく関わりあいたくないのだろう。
昔から母親はそうだ。
あたしが殴られても見てみぬふりをする。
それだけではなく
「あんたが生まれてきたからこんなふうになったんだ」といわれてきた。
だからあたしは20代の時まで、ずっと
「あたしは生まれてこないほうがよかったんだ」と思い悩んでいたし
正直今でも時々そう思ってしまうときがある。

小さい頃から殴られても助けてくれる人間なんてまわりにいなかった。
スピリチュアルの世界では、子供って親を決めて生まれるというのが定説だけど
なんでスピ野郎はどいつもこいつも上から目線なんだよ!なんて思ったりする(笑)
だってメンヘラーと紙一重だしw

で、今日は父親の虐待傾向が著しかったんですよ。
本気であたしは自分がどうなるのかと思うくらいに
父親を憎み、怒りで震えるという言葉がまさにあたっていた。

あたしさー、暴力振るう人間てすごい頭が悪いと思う人なんだよね。
要するに暴力でしか解決できないレベルの人間だから。
頭で考えてどうすべきか探っていくのではなくて
力で、特に暴力で解決するようなタイプって最低の人間がやることだと思う。
一応スピ代表として上から目線で言わせていただきましたけどw

だけど父親は最低の人間だなと思ってしまう。
でもそれってあたしが「最低の人間の娘」ってことになるから
あたしってさらに輪をかけて最低なんだろうなw
あ、でも、自分じゃそんなこと本気で思っちゃいないw
一緒にするなって変なプライド?があるw
結局根は同じなんだろうけどw
要するにエネルギー(気)の使い方の問題なんだよな。
あえてここはスピ的にいいますけどw


あたしは食事の後、外に空気を吸いにいった。
西の空に金星が輝いていた。
あまりにも美しく輝いていた。

なんかわけわかんないけど、
急にほっとなって、歩きながら泣いていた。
悲しみの涙でも怒りの涙でもなかった。
氷がゆっくりと解けていくみたいな感じのやわらかい涙だった。
その横の雲が天使の羽のようなふわふわした幻想的な雲だった。


神様なんて、本当にいるのかな。。。
もし神様がいたら、あたしを何とかしてほしい。

だけど、神様なんて、所詮、
人間の求めるアーキタイプにしかすぎないんだろうな、


なんて考えながら歩いていた。


「神様がいなかったら

あなたは、いま

そこにいませんよ?」


いきなり声がきこえてビビった。


「冷静になりなさい。

あなたはすぐ感情的になるの。
それは心の底に恐れがあることの表れですよ。

わたしは、神様じゃないですよ?
あなたが呼びかけるハイヤーセルフでもないです。

あなたに「存在」と呼ばせているのは
たいてい妖精であることが多いんですよ。
あなたは妖精や精霊界とのつながりが深いんです。

あと、怒りは怒りを呼ぶだけですよ。」


あたしは小さい頃から親に暴力をふるわれてたことは
ここで書いてきたけど
だからこそ正義感が強くなっていった。

正義感というか、たとえば、小学生の頃から
いじめをするタイプの人間に常に盾ついた。
いじめがあると、まわりの人間は、強いと思う人間になびく傾向があるよね。
長いものに巻かれろ的な。
あたしはそういう奴らも許せないと思うタイプだった。

あたしは何回か、クラスメイトに
「あの子とはかかわらないほうがいいよ?いじめられてるから」
と、その人は親切心でいったのだろうけど
あたしにはそれがどうしても理解できなかった。

「いじめられてるの知ってるのになんで助けないの?」

そういうと、あたしはいつの間にか変り者扱いされることが多くなっていった。

「そのいじめられてる子、あなたもいやなの?」
というと
「だって、そんなこといったら今度はいじめられるよ」
といわれた。

あたしはだいたい主犯格を聞き出し、その子を問い詰めた。
同性だろうと異性だろうとあたしには関係なかった。
そういう人たちは一人で行動できなくて「味方」をつけようとする。
集団でやろうとしてもあたしは気にならなかった。

そんなだったので、あたしはいつのまにか恐がられるようになった。
変り者だし、怖い人、と思われた。

だけどあたしは気にならなかった。
自分が正しいんだという気持ちが強かったから。

そんなわけであたしは高校の時、弁護士か検事になろうと法学部の道を選んだ。
・・・惨敗しましたけどw
しばらくして司法試験の勉強とかしましたけど・・・
・・・・法の道はダメだと悟りましたw

「人は人を裁けません」

というスピリチュアルの道に気づけばたどり着いてましたw
・・・だけど父親を許せないというこの矛盾w

社会人になっても、くだらないいじめはまだあるのだと知った。
同期の女性たちが後輩をシカトしはじめた。
同期の子たちになんでそんなことするの?ときいたら
「彼女はかわってるから」という返事だった。
「それだけでシカトとかするの?」
なんでかわからなかった。
彼女たちは先輩たちに媚を売りまくっていた。
あたしはそういうタイプの人間も好きじゃない。
そういう人間と一緒にいるくらいだったら
一人でいたほうがよっぽどマシだ。

「社会人になっても小学生みたいなことやるなんて幼稚だね。」
と、ぼそっといったらやはり恐がられた。

あたしはずっとそんな人ばかりみてきて
いつのまにか人間が大嫌いになっていた。


今さっき父親が寝たらしい。

あたしはしばらく怒りで心がどうにかなりそうだったけど
妖精さんの声がきた。


「あなたの正義感は、偽物だよ。
少なくとも愛からきてない。
あなたのそれは怒りからきている。

許すことをもっと学ばないとね。

許すことは愛、だよ。」


そんなー!
あたしが間違ってるとでもいうの?

答えは返ってこなかった。

頭ではわかってるよ!
でもさ、でもさ、でもさぁ・・・!!!!!


許すことはむつかしい。
偽物の愛を携えて
あたしはどこにいくのだろう。


暴力、乱暴をうけてる祖母は目を見開いて恐がっていた。
あたしは祖母にいった。

「おばあちゃん、ちゃんと守れなくて、ごめんね。」

恐怖にいいフラワーエッセンス(ロックローズ)を飲ませて
祖母の手を握り締めた。

このままだと、あたし自身、
父に対する怒りと憎しみの感情が強すぎて
どうなるんだろうって思う。

だけど祖母を守ってあげられるのは
あたししかいないんだ。

成長しろということなのだろうけど。

昔はおばあちゃんに、
「おばあちゃんの育て方が悪いから
おとーさんはあんなふうになったんだよ!」
だなんて冗談まじりに話してたけど
それすら通じない状態になっちゃったから
どうすべきかなと思いあぐねてますw


最後に、もう一度いわせて。

神様、あなたは、本当に、いるんですか?


★追記
親にまた強引にいまメジャートランキライザー飲まされた。
「オマエは今日怒り狂ってておかしかったからだ」といわれた

そのあと上の存在がメッセージをくれた。

「あなたはただでさえ両親に異常だということにされています。
このままだとあなたはちょっとしたことでクスリを強引にまた飲まされて
精神病院に入院させられてしまうことになるんです。

だからお願いです。
感情にまかせて怒ることはやめてください。
エッセンスなどうまく使いながらできればクスリはのまない方向で。
クスリを飲み続けることはあなたのオーラに悪影響です。
また何かのとき苦しくなりますので
できるだけ精神安定剤は避けてください」

あたしはとっくに気づいてるんだよ。
精神安定剤はあたしの感情をコントロールするためではなくて
親があたしをコントロールするために精神科に強引に連れて行き
あたしに強引にクスリを飲ませてるということもね。

さて、ここから何を学ぶのかな。
こうなったらもはや自分との戦いだよ。

そう、自分との、ね。
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (486)
Session (142)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (14)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)