Lovenest

第2(セイクラル)チャクラの様々な症状

2010/07/20
Spiritual
スピリチュアルホメオパシー チャクラ
先日Blogの読者様からメールをいただきました。

体調が悪いということで、最近膀胱炎だったり腰が痛くて仕方ないという内容でした。
でも膀胱炎だと思って内科に行って検査しても何も悪いところがありませんといわれたそうでした。

あたしは膀胱も腰も同じ第二チャクラだなと思ったので、
2つの症状には関連性があると感じ、おそらくホルモン系が原因だと思い
「第二チャクラ系統だね。多分それホルモン系統かもしれない。
あ、でも食べるホルモンじゃないよw」
って返事したんですよ。

そしたらあたしの思い?が通じてちゃんと婦人科に行ってくれたらしく
「卵巣の病気」だということをいわれたそうです。
それについては、後日、本人の承諾を得られたら記事にします。

あたしはその昔、子宮筋腫を煩っていたことがあります。
婦人科にも行きました。
当時のあたしは生理痛が結構ひどく、毎回クスリを飲んでいました。
それが8年位前のこと。
偶然かもしれませんが、当時、ちょっと気になって布ナプキンに替えてみたんですよ。
よく売ってる生理用ナプって肌が痒くなったりしてしまうのですが
布ナプにかえてすごく「ラク」になりました。
気がつけば毎月の生理痛が布ナプ生活にしてから徐々に減っていった事に後で気がつきました。

ある日シングルマザーの友達に「いいよ布ナプ!」とすすめたところ
子供が小さいのでムリ!といってましたw
布ナプって自分のナプキンの経血を自分で毎回のように洗うので
それが面倒でなければおすすめです。
生理ナプキンはダイオキシン発生にもつながります。
極論ですが、ずっと前にあったけど、
ブランドもんのエコバックに金払ってロハス気取りの頭の悪い女とかには無縁だろうけど(笑)
布ナプに変えるのはある意味エコロジーであり、エコノミー。

しかし、布ナプキンを洗濯して干したりしてるのを家族に観られるとバツが悪い。
シングルマザーの子の場合は、子供に干してあったナプキンで遊ばれてしまったらしく
子供といえども男の子だったんでやめたそうです。
あたしは以前布ナプを干してたとき、雨だかなんかで父親が洗濯物を取り込んだらしく
なんだかすごいバツの悪い気持ちになりました。
それが何だったのかわからないとは思うけど(苦笑

そんなことで苦労はしますけど個人的にはすごく気に入っています。

布ナプはそんなかんじでかれこれ8年使っています。
確かにめんどくさいんですよ。
フツウのナプはただ捨てるだけだし。
だけど、そのマナーですら、きちんとできない女性もいます。

前にも書いたけど夏フェスいって、女性トイレの使い方がめちゃくちゃひどかったことを書いたんですがw
男性が見てるところでは女性っておしゃれはするもんなんですよw
そりゃ、かわいいって思われたいんだろうし、おしゃれしてモテたいだろうしwww
でも、トイレとか、使い方見るとサイアクって人もいるんですよ。
あたしが男だったらそういう女を彼女になんてしたくないなと思うし
ルックスだけ繕っても、いつしかバレるだろうしw
外見だけですべてを決めちゃうようなチャラ男とはつきあう気はサラサラありませんがw
(その前に相手にもされんだろうしw)

フェスの女子トイレってドアをあけたら、使用済みナプキンの中身をまとめず放置!
ってのも見かけたりしました。
だけど、その女性とは限りませんが、鏡で外見とかだけは気にしてたりする。
恥じらいとかないのかよ、この女!という人もわりとみかけます。
あたしに恥じらいがあるかどうかは別としてw

男性も女性も人間的に中身のない人とか、公共の場でのマナーができていない人って
友達としても個人的には距離おいちゃうかんじなんですよ。
そういう男性をカレシにしたいとは一切思いません。
なら一人でいいやってかんじw

特に公共の場でのマナーがなってないかどうかはあたしにとって「譲れない一線」というか
広い意味では食事の場でタバコを吸う人は彼にしたくないなぁ(つまりカレシに喫煙者は論外ってことですw)

話がそれましたw
チャクラの話をします。
第一チャクラは「ルートチャクラ」つまり地球に根を張るというか、
大地とのつながりのチャクラで生存と関わりがあります。
膀胱や腰が痛いといった彼女は、その両方とも第二チャクラ「セイクラルチャクラ」になります。

第一チャクラでは自分自身の地球への足場であり「自分自身との関係」
つまりグラウンディングと関わりが大きいのですが
第二チャクラの場合、ここではじめて外に目を向けた
「他人と自分との関係」を形作っていきます。

外に目を向けて、友達とか恋人みたいな
「関係性」の中において生きていくことをテーマとするチャクラです。
「愛を与え、受け取る事」という能力と関連してきます。

他者との関係の中で「悦び」をみつけることをテーマにします。
第二チャクラの色はオレンジです。
だから、前も書いたように、ファミレスとかってオレンジの色を使っているところが多いのです。

また、霊的な意味合いで第二チャクラが開いてる二人がひとつになると
ずっと前からお互い知ってるような感覚になります。
さらにいえば、いわゆるカルマとの関わりがあります。

このチャクラは性器の病気や膀胱など泌尿器や腎臓の病気と関係してきます。
そんなわけで彼女の症状をきいていると第二チャクラの機能不全だなと思ったのです。

第二チャクラにかかわるストレスは「真実の気持ちを避ける」とか
特に異性に対する「防御」という壁を築く原因になります。
また、過去の失望や恐怖、幻滅、失望に終わった期待などがチャクラにたまりこみます。

彼女は周囲に「本当の自分を出せない」といいます。
「本当の自分を出せるのはれいあたんの前だけ」っていってきます。
自分を出せないこともそうだし、
どことなく元彼とのことがまだ心のどこかにひっかかっているかんじもあります。
周りの肉食女子には「忘れて次いきなよ!」といわれるようですが
人の気持ちなんて今日から変われといってもなかなかムリなときだってあるからね。
だけどそういうエネルギーがチャクラに残っていたのかもしれません。

そのたまったエネルギーを少し解放できるかなと思って「絵を描きな」といってたんだけど
症状は思ったより深刻だったのね・・・
そこまで気づいてあげられなくてごめんね。

第二チャクラは「創造性」と関係してきます。
「種の保存」にはルートチャクラとセイクラルチャクラが関連してきます。
中でもセイクラル(第二)チャクラは性的な親密性と大きく関係します。

よくインドやタイで修行僧なんかがオレンジ色を身につけていますよね。
第二チャクラは性的エネルギーの色です。
つまり性的な欲望から離れて悟りを得たという意味でつける色でもあります。
精神的な世界に完全に入って解脱する人は生殖力の強烈なエネルギーを超越し、
個人個人の愛を超越し、神の愛へとつながっていきます。
(これはいわゆるクンダリニーの覚醒と昇華に関連します)

じゃぁあたしみたいな一般人がこのチャクラにあるエネルギーをどう扱うのかといえば
「性を超越して体を動かす事」
にあります。
ダンスはそのうちのひとつの方法です。
ダンスのほかにヨガや絵を描くことや歌う事なんかもこのチャクラのエネルギーの解放と関係します。

第二(セイクラル)チャクラが開き、それに伴い第四(ハート)チャクラが開き、
アイデアやコミュンケーションを司る第五(スロート)チャクラも開くと
セイクラルとスロートを結ぶ「創造性のコネクション」ができあがります。

実は恋愛も似たようなエネルギーを持っています。
自分でもおもいつかない行動をとってしまったりする「純粋な狂気」の状態になります。
セイクラルチャクラが開くと過剰なまでの行動になりますが、
やがてバランスを取り戻して気持ちも安定し
「絆」を作るようになります。


またセイクラルチャクラは味覚をテーマにします。
何か食べたい!と思ったりするとき、実はよく考えると「本当に空腹でない」けど
「ベツバラw」って食べちゃうことってありませんか?
あたしはいつもなんですがw
それは「自分が本当に欲しているものが何か」を理解してほしいというカラダのサインかもしれません。
しかし誤った判断をして、あたしはよく食べてしまいますw

よく小さい子供がグズったりすると、食べ物をあげたりして機嫌を取り戻すでしょ?
あれって「食べ物=愛」っていう条件付けみたいなものだって思うんだよね。
だから自我が芽生える前に、グズったとき、甘いお菓子を与えられ
機嫌よくなったのが脳に刻まれてるのだろうね。
そんな意味では「お金=愛」という価値観の認識も
どんな環境下で育ってきたかという、オペラント条件付けともいえると思う。

あたしは食べてしまうので説得力ないんですがw
本来ならここで「ホントに自分が欲してるものは何か」を考えることが必要だと思うのです。
第一チャクラでは生存の問題、つまり食べ物や住まいや衣服といった基本的に必要なもの、に加えて
人間が生きるのは「人とのふれあい」や「悦び」を必要とするのだということに気づかされます。

表現のチャクラは第五(スロート)チャクラなのですが
セイクラルチャクラにおいて「エネルギーが解放」されないと、うまく発揮しにくくなります。
ここで重要なのは「エネルギーの流れ」です。


この膀胱炎と腰痛を患って、卵巣の病気とわかったという彼女は
以前イラストレーターをしていました。
現在はOLとして働いていますが、前々から時々描いた絵を送ってきてくれたりしてくれていました。
何か作品を作るとそれを送ってきてくれる読者さんでした。
あたしはこの彼女は本当はすごい「表現」したいんだなって思いました。


エネルギーをすごくためこんで、それがうまく解放されていないかんじがしていました。
さっきも言ったけど大切なのは”エネルギーの流れ”なんです。
だから彼女には「また絵を描きなよ」っていってたら今年になって
絵を描く仕事?が入ったらしく「よかったね~」なんて話していました。


このチャクラがブロックされると起こる物として
筋肉の凝り、特に背中の下や腰、脚のぎこちなさにでてきます。
また、尿道のうっ血が膀胱を詰まらせる事で
膀胱炎や感染症、腎炎なんかをひきおこしたりします。
月経不順やPMSも典型的な症状です。

セイクラルチャクラが持つ可能性が最大限に発揮されるためには
より高いチャクラが持つ愛でコントロールされなくてはいけません。

これについてのエクササイズなど、後日Upするかもしれません。

その子のためにあたしは何ができるのか、色々考えたところ
第二チャクラの話をすることになりました。

今、相方様に本を借りていて感情地図っていう本ですが
卵巣は
感情:悲嘆、恐れ、恥、裏切り、怒り
態度:無力感、攻撃性、憂鬱、放棄、否定
と書いてありました。

右の卵巣か左かも変わってくるのですが
マイナスの感情をどう変えていくのかについて考えさせられます。

ホメオパシーでその子の症状にみあったものを探したらプラチナでした。
かくいうあたしもプラチナタイプ(プライドが高いw)ですけど
その子はそういうとこ違うかんじなんだけどね・・・

買ってくれたみたいだけど、きくといいなぁ・・・

よくなりますように(祈)
Spiritual
Energy Work (35)
地震予測と防災 (335)
競馬 (147)
月の祈り、星の導き (149)
Information (65)
Flower Essence (80)
お出かけ・お散歩 (126)
未分類 (29)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (504)
Session (167)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (267)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (68)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (89)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (11)
Foods (14)
Link (2)
Music (90)
Beauty (17)
Dance (57)
shopping (9)
Cooking (11)
Spiritual (93)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (11)
Book (29)
政治・社会・経済 (41)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (14)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (7)
タロット・オラクル (5)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (35)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (7)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (23)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (2)
エネルギーワーク (2)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (15)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (9)
2019久米島合宿 (19)
Energy Anatomy (1)
神社仏閣 (3)
川崎・横浜 (1)
from Leiya (0)
れいあより愛をこめて☆ (1)
エネルギー講座 (0)
DJ MIX 〜 Life is a Dance! (35)