In Loving Light & Universe, Heal the World

エネルギーワークに対する本音

2010年01月09日
癒しとスピリチュアル
まだ2ヶ月とたってないんだけど
やはり色んな疑問がわいてきたので
頭を整理するためにこれを書くことにした。

エネルギーワークはあたしのようなエネルギーに比較的敏感な人がいるとわかりやすいけど
やはり中には感じにくい人もいる。
それ自体には問題はない。

これまでいくつかのエネルギーワークを受けてきたけど
エネルギーワークをするタイミングがきたというメッセージがきたのがきっかけでした。
「このエネルギーに満たされていたい」というものについてはよくつながるし
受けたけど、今は必要ないと感じたものについては、あまりつながっていない。

エネルギーとの相性があるのだろうし
そのエネルギーが必要な時期はあるだろう。

ただ、これを書いているのは、前から疑問に思っていたことでもあり
そして実際体験してみて、思い直したこと、疑問に思ったことを整理しておきたかった。

これらのエネルギーは「ある意味」危険にもなりかねないものがあると感じてる自分がいるからだ。
それは宗教でなくても、カルト的手法にも用いられる危険性があるからだ。
だからこちらの世界に興味があるからといって
エネルギーについてよく理解しないままにやみくもに受けるのはやめておいたほうがいいと思う。

あたしはフラワーエッセンスからはじまったけど
同じ波動療法でもオーラソーマについては
自分で感じて楽しんではいるけど、
それ以上にすすむ気にはどうしてもなれなかった。
そんなふうに直感でそれぞれ感じるものを大切にするべきだと思うんだ。
もちろん「今は時期にないだけ」という場合もある。
つまり魂レベルで今ワークすべきことかどうかは、やはり魂が一番わかっていて
それについて直感を通じて感じたのであれば、それを信じることが望ましいと思う。
また逆に、たとえば自分はオーラソーマについては、今はそういうクラスを受けるよりも
自分にはもっと優先されることがあるから、それ以上はすすまないようにと魂がいってきてるのかもしれないし
だからこそそこで、これはやめたほうがいいよ、なんていうことはしないし
実際個人のレベルでは楽しんでいる。
これが宗教であっても、信じている人にとってはそれが「正義」であり「信念」なのだから。
しかしそれが道義上、かつてのオウムのようにまわりを殺戮してまで、それがわからなくなるようなものは
単なるカルトでしかないわけだし
そのあたりの線引きはなかなか難しいので、やはり直感と経験なんだと思う。

今現在、エネルギーワークに取り組んで、いろんなエネルギーを感じているけど、
あたしは常にそんなふうに客観的に自分を眺めている。
あまりに現実的で、つまらない人間だといわれても仕方ないと思う。
エネルギーを感じている自分を距離をおいてみてるかんじ。
これがグラウンディングとよべるのかはわからないけど
自分が完全にエネルギーの中に引き込まれないため「自分であるため」の本能レベルの防御というのかな。

そもそもエネルギーワークのソースはチャネリングとかでおろされたものなので
もともとエネルギー云々についてあまり親しみがないという人が、いきなりやったとして
その人がたまたまエネルギーを感じやすい人であれば、かなり衝撃をうけるだろう。
でも、できるならばエネルギーについて、とか精神世界をある程度知ってる人でないと
最初に書いたように、これは、危険であるとも思える。

なぜエネルギーワークをやりつつもそんなふうに見るのか。

前から書いているけど、あたしは瞑想をはじめて8年たちます。
その中で至高体験も6年前ににしたし、当時はスピリチュアルというものが今ほど一人歩きしていなかったから
自分がどんな体験をしてしまったのか不思議でならなかった。

あたしがここで書いているヘミシンクにしても同じふうに捉えていて
それは死後体験を10年前にしたり、体外離脱も学生時代から何度か経験しているからいえるけど
体外離脱をクセにすることが危険なことだと本能レベルで感じているのだ。
だからあえてヘミシンクでも、あたしはメタミュージックしか手を出していない。

さきほどのエネルギーワークにしても
瞑想での感覚とは一線を画したものであり
何度も書いてきているけど、当然ながら開く「回路」がそれぞれ違っていて
エネルギーに個性がとてもあるからだ。
擬似的で、個人の意思で受けている状態の「憑依」ともいえるのではないかと思ったりした。

あたしがやっている瞑想はもともとは自己流だ。
儀式魔術の方法から瞑想とチャント(祈り)の部分だけを自分なりに切り取ったようなものだ。

話が魔術のことにそれるけど
たとえばソロモン王の鍵にしても惑星召還というものがあるのだけど
それはそれぞれの惑星のエネルギーを自分に取り込むやり方だ。
いわば惑星とチャネリングするような状態にもなる。
以前も話したけど、そのような惑星のエネルギーを瞑想に取り入れて
願望実現とかのエネルギーにあたしは利用していたこともあって
新月の祈りはあたしにとって魔術の延長でしかなかった。

今回エネルギーワークをいくつか通じてみて
最初に思い出したのがやはり儀式魔術の経験だった。
コトバで儀式魔術というと、どこかダークで
さきほどの新月の祈りといえばとてもハッピーに感じるかもしれないけど
正直いってあたしには本質は同じものに感じる。
新月の祈りの場合は、自己変容を促すことで、周りを変えていくイメージだけど
さきほどのソロモンの、今度は72柱の場合は、それぞれの願望にみあった「悪魔」を召還する。

魔術とこれらのエネルギーの大きな違いはどこにあるのかといえば
魔術は「欲」としての願望がメインなんですなw
だけど新月のお願いなどを通じて一番学んだことは
さきほど書いたように「自分が変わること」がスピリチュアルの世界だと何年か前にやっと気づいた。
今回のエネルギーワークで感じてることは
「変わる」のは自分という意思をもった自分自身であって
自分が変えられてしまう、なんてことに、将来的にならないようであってほしいのだ。
そのためにはこういうエネルギーワークを行うならば通常のエネルギーが絡まない瞑想を取り入れるべきだと思うし
「自分の空間」を必ず用意しておくべきである。

エネルギーワークではエネルギーそのものを感じる体験を毎回するけど
それを感じている自分を離れて見ていられるのは
瞑想をこれまでずっとやってきてることがかなり大きいと特に今回のクンダリーニレイキで感じた。

瞑想で感じたり経験してきたことは
ハイアーセルフというべきか、自分を通じて得られる高次のエネルギーなのだけど
エネルギーワークを通じて感じたことは、それがどんなに高次のエネルギーであっても
あくまでも「自分とは別のエネルギー」と感じることだ。
これはエネルギーワークをやったことのある人ならなんとなくわかってくれるかもしれないし
これが必要であれば、自分のものにするために、それなりの訓練は必要。
しかし、現段階の自分に、そのエネルギーがしっかりなじむかどうかの「魂の段階」はあると思うから
あせらず無理せずにとりいれていくべきだと感じる。
その「あせり」の原因として、もし仮にアセンションに絡むものがあるとしたら
ちょっとそれはどうなのかなって思う。。
周りの波動があがっているからといって、あまりにあせってるような人とかもたまにいるからw
マイペースにいこうぜw
大丈夫だよ、もっとまわりにせかされることなく自分を信じようよって思いますww
だからこそあたしはそれが信頼できるエネルギーかどうかの見極めは「直感で」といっている。
そしてまた、危険であるかもしれないというのもそういう意味からいっているのだ。
あたしはそう感じて、あえて客観的に捉えることで自分を無意識にグラウンディングさせているようなかんじ。


だからエネルギーについての経験が少ないとこの世界はかなり危険だと思ってるし
あたしはむやみやたらに知らない人にアチューンメントってできないなと今感じてる。
それにそもそも回路が開いても感じない人もそれなりにいるわけで、
だけど問題はそこから先、自分と必要なエネルギーにどれだけつながって
つながったことにより、そのエネルギーを自分の中で利用していけるかどうかだ。
高次のエネルギーはよりよく利用していくものであるわけで
エネルギーレベルで利用されることはあってはならないこと。
他人にヒーリングするとき、その人のエネルギー領域に入ってもいいものかどうかの断りをあらかじめいれておく。
そんなふうにエネルギーレベルでのマナーとかってあるので
いくらこれがいいことだと思っても
その人のエネルギー領域に入るときは必ず説明してからヒーリングをしている。
(詳細には自分の中でいろいろ分かれてくるのだけど長くなるので割愛します)

だけどこっちのエネルギーワークをしていて思うことは
そういう知識については「基本中の基本」だからなのか、テキストに書かれていないこともあり
誰に対してもアチュできるとなれば
「いいことだから誰にでも広めよう」と思う人は当然出てくるわけであって
あたしはそのあたりすごく、いやになるくらいマジメで堅い人なので(笑
いくらいいことで、それを広めようとしても「親切の押し売り」になってはいけないことだし
その人のために本当になるのかどうか、その人は今「時期」がきてるのかどうか、
エネルギーについての最低のマナーや知識をもってからでも遅くはないと感じる。
いいことだからといって、何でも、誰でも癒せばいいってもんじゃないって思う。
なぜかといえば前から書いている「経験からの気づきと学び」と関係してくるけど今はあえてふれないでおく。

どちらにしても大切なのが「その人にとっての最善がおきること」を願う気持ちだって思う。

昨年のおわりに遠隔伝授した人は、インドでヨガを何年もしてきた人だ。
その人はヨガから精神世界に入ったわけでなく精神世界が好きでヨガに入った人。
あたしがその人に伝授しろとメッセージがきた数日前
その人もあたしに祈りの形で捧げていてくれたりと精神的な結びつきがある人だった。
こういう人だから伝授を安心してできるのであって
だけどちゃんとアチュをする前に断りも当然入れている。
頼まれて誰に対しても気軽に伝授するのは危険なことではないかと
あたしはその伝授を施したあとでいろいろと感じたんだ。

だけど、これは価値観の問題ともいえる。
エネルギーについて、自分を保てる自信がないけど興味があるって人もいると思う。
一番は直感で選ぶことだけど
どうせそういうことに「投資」するならば伝授してくれる人にいろいろきくといいだろう。
わからないことに答えられないのだったら、あたしだったらやめておく。
ちなみにあたしはこの人にはこれが必要と感じ、なおかつその段階にきていたらはじめて伝授を考えてると伝えるけど
いまはまだ自分のものにできていないものもあるので当分は修行です(笑)

とにかくこういうエネルギーについては「自分のものにする」というのが基本だって思います。
物質にしても自分にもらったもの、買ったものがなじんで自分の一部のようになるには
それなりの時間が要るからね。
それに自分に必要なものかどうか、つながりたいエネルギーかどうか、
自分が一番知ってるはずなので
自分に聞く自信がもてないうちはエネルギーワークは受けないほうがいいような気もする。

そのエネルギーを伝授する人とのやりとりや
ブログがあるならみたりして、その人の人となりを知ることをするのだけど
その前にソースそのものも、その評判がどうか、調べるべきかなとは思うしそうしている。


あたしはエネルギーワークをこの先も楽しむだろうし
「自分でいられる空間」を用意して、いつもこれらを受けているけれど
スピリチュアルクライシスに陥らないためにも
エネルギーについてあまりにも軽く考えることは危険だと思うことを最後に書いておきたい。
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (486)
Session (141)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (14)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)