In Loving Light & Universe, Heal the World

「祈る」ということ

2009年07月13日
癒しとスピリチュアル
最近、やっと気づいたことがある。
それは「祈り」のもつ意味だ。
なぜ気づいたかというと先日の七夕瞑想の後、しばらくしてきたメッセージがきっかけだった。

しかしそれについては今年の1月くらいも、その前も何度もいってきたことだったけど
あたしに準備ができていなかったのか、これまではきちんと解釈できなかった。
で、ようやく解釈できてきたのでここに書いていきます。



これまで毎月新月のお祈りと瞑想をしてきました。
今年の4月を最後に、新月ワークの更新をやめてしまったのには
ギモンがあったからと先日書きました。
ではどんなギモンだったのか。

それは「新月の祈り」へのギモンだった。
あたしが新月に「祈り」だと思ってしてきたことは、
単なる「願望」が形を強くしたものにすぎないのではないかと思うようになったのだ。
確かに願望も祈りのひとつのあり方だ。
何より新月のお祈りを教えてくれたジャンスピラー女史には感謝してる。

あたしがここでワークという名前で書いてきたことは「願いがかなう」ことよりも、
「自己成長」を目的としてきた。
・自分にとって大切なものをみつける
・宇宙の流れを感じる
ということがその根本にあった。
この新月ワークを通して、今の自分にとって何が大切なのかっていう優先順位がわかってきたし
何よりも根底に大きく流れる宇宙のエネルギーを身近に感じられるようになった。

それについて疑問をもちはじめたのは今年の初めころだった。
でも、このもやもやしたかんじがナンなのか自分ではよくわからずにいた。
自分が新月にお祈りと称してやっていたそれは
確かに自己成長のためにやってきたことではあった。

そんなとき先日の七夕瞑想のとき、
「祈りのあるべき姿」
「(あたしにとって)祈りとはどういうことをいうのか?」
というかんじのメッセージがきた。

そして気づいた。
これまで毎月続けてた新月ワークにギモンを持ち始めたことがなんだったのか
7月7日の満月の日に、新月の祈りのギモン点について気づかされたのだ。

祈り、か・・・

「祈り」って誰かのために、何かのためにすべきことではないのか?
そして、それがあたしの中にある祈りの理想形なのではないのか?
そんなものがわいてくるような感覚になった。

そして、これまでとっても恥ずかしいことをしてきたような気にさえなってきた。
その恥ずかしさは自分自身への奢りへの気づきだったり、
感謝をしっかりしていないのではというギモンだったり、
それはもう、いろいろとね(笑

なんでこんな当たり前のことに今まで気づかなかったんだろう?
・・・っていう罪悪感に苛まされた。
実はあたしは新月にお願いを書こうと、
1月くらいから、だんだん思えなくなってきてしまったのだ。
めんどくさいとかじゃなくて、なんだろう・・・
もちろんほしいものはたくさんあるし、やりたいこともたくさんある。
なりたい自分だらけだし・・・
だけどどうしてそれらを欲さなくなってしまったのか?
人は必要以上のものを欲したとき、きっとそれは「欲」になるのかもしれない。
あたしにメッセージをくれる存在はこういった。
必要以上のものを求めたとき「宇宙の調和のリズム」を崩すことになる、と。
それが現在の環境の乱れや心の乱れ、体調(カラダのバランスの乱れ)といった
さまざまな「不調和」となるのだと。

もちろんそれが向上心にもつながるから人間欲は大切だと思う。
お願いをしてそれをかなえるために進むことは生きる活力だと思う。
だから「願望」そのものを捨てることはないけどねw

あたしはウツだったのでわかるけど
ウツ状態のときはお願いとか以前に前に進む気力がゼロで
その日その日生きてるのがやっとという状態だった。
だから「お願い事がたくさんある!」という状態に復帰したことは、
お願い事があるってことがある意味うれしくもあった。

だけど今のあたしの感覚は自分のためでなく他者のために、もしくは
無心の祈りにするべきなのではないかと思うようになってきたのだ。

つまり新月に自分について「祈る」ことからそろそろ卒業すべきじゃないか
そんなメッセージに受け取ったのだ。

アセンションする、霊的に上昇するという本やサイトさんをいろいろ見てきたけど
ほとんどが自分が「霊的に上昇」しますようにというもので
あくまでも「自分」が主体であることにギモンを感じていた。
それは確かに「生き方」の問題だとは思うし、よりよい生き方をしていこうというのは
決して悪いことではない。
しかしどうも結局「2012年」についての壁があるようだ。

ここで何度も書いてきたけどそもそもアセンションとはキリストの昇天をさす。
ニューエイジの世界では、霊的に上昇して別の次元に移行する、という内容なのだけど
ではどうすれば上昇できるか、ということが問題になる。
「波動」をあげる、と答える人も多いかと思う。
でもそもそもそこに自分が、という自我があり、その自我が「アセンションを願う」のであれば
それは魂レベルではないとあたしは思うのだ。

・・・いってる意味わかるかなぁ。。

つまり「自我」(エゴ)がアセンションしたいっていうことが「欲望」であれば、
もっといえばアセンションすることにあまりにも「執着」してしまってたら
その波動はきわめて低いものになるだろうし
実際そういうサイトさんも正直それなりにあった。
そういうものがオカルトなのかスピリチュアルなのかの境目だと思うんです。

魂、のレベルで生きればスピリチュアルだし、
自我、のレベルで生きるのならば、それはオカルトでしかない
、と考えています。
・・・あたしはねw

「心から願う」ことと「執着」とはまったくエネルギーが違う
んだよ、ということをいいたいわけです。

さきほど書いた「祈り」か「欲望」かの違いってそういうことなのでは?と思います。

そして、もし世の中全体の波動を本気で上げたいと思ったのならば
必要なことに満たされ、それについて感謝し祈ることが最初だと思います。
つまり「幸せを求めること」よりも「生きてこれた人生」に感謝をして祈ることです。
それは、つまり「すべてを受け入れる」ということです。
単に口先だけの祈りは「祈り」とはいえないとあたしは思います。
回数が大切なのではありません。
「祈りの質」が大切なんです。
つまり魂をこめることです。



昔の人は自然と共に生きていました。
自然との共生、ですね。
特に日本人は農耕民族なので、食べていくために畑で作物を育てました。
雨が降らなければ雨乞いをし、収穫のときには収穫祭を行い、自然に感謝をします。
そして来年もよろしくね!というかんじで生きてきたわけです。
つまり「自然」と「命」がいつも表裏一体にありました。
だから自然に対し、命に対し「感謝の祈り」を捧げてきたのです。

しかし今はそれらをなかなか感じられなくなってきました。
お金を払い、それにみあった食べ物を買い、サービスを提供してもらいます。
それは資本主義の原型です。
今GDPが低下していますが
たとえば自分の家で農作物を育て、それらを口にしていればGDPなどあがりません。
GDPをあげるためにはモノやサービスを購入し、
お金の流れを作って循環させていくシステムを活発にしないといけません。
でも、本当にそれが、イコール幸せなのでしょうか?
ブータンの人たちは「GHP」(Hはhappiness)を指標としています。
たしかにインフラの充実などを考えれば日本のほうがぜんぜん上かもしれません。
だけど本当の豊かさっていったいなんなんでしょうか。

今の日本では食の安全が問われたり、命の尊厳が問われたりしています。
お店でお肉やお魚を買ってきますが、お肉はウシや豚、トリなどです。
それらの生き物の命をいただいています。
だけどこういうものは専門の業者さんに頼んで、実際には肉の塊や破片だけを買うことになります。
今はさらにお惣菜を買ってきたりというのも多いかと思います。
でもそういう生活をする以上、生命の命をいただくことがどんなことか、とか命の大切さとか、
いくら口でいっても、なかなかわかりにくいものです。

しかも食の安全を問いただすのに業者を訴えるとか、そんなことばかりしていたって、ますます法律が厳しくなるだけで、
すみにくい、どこかおかしな世界にどんどんなっていくって思うんです。

たしかにお金は便利だと思います。
でも現代はあまりにも拝金主義になりすぎの傾向があります。
そしてスピリチュアルというこの「産業」も、あたしからみればまさに拝金主義に陥ってるような気がしてなりません。
それはヒーラーの増産システムなどにも問題点があると思います。



幼稚園のときあたしは病気にかかり、高熱が出て痛みもひどかった。
祖母がお地蔵さんの小さいのをもってきて
「おばぁちゃんが祈るから、あんたは治るよ」
といってあたしが早くなおるように祈りました。
あたしはいつのまにか寝てしまい翌日に痛みがなくなり、熱もなくなっていました。
しばらく寝ていないとなおらないといわれてたけど、
「なんで?おばーちゃんてまほうつかいだったんだね!あたしもまほうつかいになりたい」
っていったのをよく覚えています。

これって祈りの力です。
そしてまた、ヒーリング、とは本来こういうことだと思うのです。
確かに祖母がしたことは祈りを捧げたことだけです。
これはプラセボだったのだろうとは思います。
でも、誰かのために「祈る」こと、そこに自我などありません。
祈りの本質は、おそらくは、愛、なんだと思います。

お金を払って、スキルを習得して(サービス)、そして得た見せ掛けの力など
それって本当にヒーラーといえるのだろうかと思うのです。
確かにスキルもテクニックも必要だと思います。
しかしそれが、イコール、ヒーラーであるということにギモンをずっとずっと感じているんです。

お金のあるヒーラーはこのような肩書きはどんどん増えていきます。
「お金の集まるところにお金は流れる」という発想、
スピリチュアルの世界でときどき見かけませんか?
ネットなんかの宣伝文句のうまい人もよくみかけます。
そんな肩書きだけを見て「この人にしよう」ときめていく人もいるでしょう。
でもそれは市場原理主義的な発想でもあります。
それで「癒された」と思う人もいるのでしょうけど、
それって癒されたつもりになってるだけの人もいるんじゃないの?
って思うんですがどう思いますか?
癒されたつもりなら別にいいんじゃないかって思いますか?

確かにお金にはエネルギーがあります。
でもそこは日本とキリスト教圏で育った人とでは背景が違います。
なぜならばキリスト教圏(特にヨーロッパ)で育った人には「献金」「寄付」というものが背景にあるからです。
ヨーロッパなどには教会税というものがあります。
モーセの律法(旧約聖書)に、農作物と家畜の十分の一をささげること(農産物の十分の一は神のものであるとされた)が規定されてる部分があります。
ヨーロッパなどでは所得税や給料の十分の一を教会に税として収めているところもまだまだあります。
日本の場合は、普段檀家とのつきあいはあまりなくても、戒名とかお墓とかなどのように
なくなってからお金がかかるような印象が強いですけどね。
つまりお金に対する価値観がまったく違うということです。

フォロー:もちろんちゃんとしたヒーラーさんもいます。
ただシステム的にギモンに思うことが多い(○ーラ○ーマのシステムとかw)ということです。



ツボを買っても幸せになれない!(笑;)などという「霊感商法被害者」は
スピリチュアルどころか拝金主義の餌食でしかありません。
その人は何か悪いことが続いていて自信を失っていたかもしれません。
でもその人に本当に必要なのはツボなんかじゃなく、
自分の生き方を信じることや愛だったのかと思います。
そういう心のケアを何よりも最初にすべきことだったのではないでしょうか。
何かを買って、それで運が開けるとか、幸せになれるという「お手軽スピリチュアル」な考えがどこかにあるとしたら
それはあくまでも物質的な考えにすぎず、少なくともスピリチュアル、ではありません。
それでいて「霊感商法被害者」とか「自分はスピリチュアルに生きている」というのならば、
冷たいようですがあたしは同情する気になどなれません。

・・・今日はずいぶんと過激なことを書いてしまったよ(笑)



そんなわけで新月ワークは、もう、卒業しようかなと。
でも、これを必要としてる人もたくさんいます。
いろんなサイトさんで新月のお願いについてやってらっしゃるので
これからも新月のお願いをしたいという人は
願いをかなえるだけにフォーカスするのもいいですが
瞑想して「無我の祈り」を捧げてみることをおすすめします。

Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (484)
Session (139)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)