In Loving Light & Universe, Heal the World

がんばらない介護

2009年04月22日
介護・医療
「元タレントの清水由貴子さん、硫化水素自殺か」っていうニュースが夕方のニュースで飛び込んできた。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090422-00000633-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090422-00000005-jct-soci

レポーターかなにかやってた人っていう印象(CMにもでてたような)だけど
欽ちゃんファミリーなんだね。
(欽ちゃんはどうも好きになれないのでよく知りませんがw)

なんでこの人を知ってたかといえば、以前テレビかなにかで介護してることを話してた記憶があったから。
ああ、この人もなんだって思ってたんで、こういう亡くなり方って同じ介護をする身としては
なんかズドンとくるものがあります。

以前書こうとしてUpしていなかった記事があったのだけど
毎日新聞の調べで介護殺人や無理心中(未遂を除く)の統計があったので
メモしてたんだよね。

介護殺人:保険利用も半数防げず 昨年発生分 本紙調べ

 在宅介護を受ける65歳以上の高齢者が家族に殺害される「介護殺人」で、08年に起きた事件の少なくとも約半数が介護保険制度を利用しながら防げなかったことが、毎日新聞の調べで分かった。介護保険では介護される人(要介護者)の状態を判定し、サービスを自己負担1割で提供しているが、悲劇に歯止めをかけられない実態が浮かんだ。
 毎日新聞が06~08年の3年間で報道した介護殺人・無理心中(未遂を除く)は計97件で、年間30件を超えるペースで起きている。介護保険制度が始まる直前の99年は21件で、約10件多くなっている。
 08年の事件は32件だったが、このうち少なくとも15件が行政に自ら要介護認定を申請、うち13件がヘルパー派遣やデイサービスを利用し、介護専門職が家族にかかわっていた。2月に茨城県で77歳妻が起こした嘱託殺人事件では、週6日ヘルパーが家を訪ね、寝たきりの夫(77)を介護していたが、深夜のおむつ交換や食事を担ってきた妻がひざを痛めた際、夫に「殺してくれ」と懇願されたことから突発的な犯行に及んでいる。
 3年間の合計で加害者側の内訳をみると、約7割(70件)は男性。核家族化やきょうだいの減少などで男性介護者が急増していることが背景にある。年代別では65歳以上の高齢者が加害者の4割(44件)を占めた。
 一方、被害者には認知症の人が多く、3年間のデータでは少なくとも3割に当たる31件に症状があった。【有田浩子、遠藤和行】

 ◇急がれる介護者ケア
 家族を介護地獄から解放しようと「介護の社会化」を掲げた介護保険制度は今年4月、10年目を迎える。だが家族の精神的、身体的、経済的負担はなお重い。制度が「要介護者=高齢者」の状態を判断してサービスを提供し、「介護者=家族」の状態把握まで行わないことも一因だ。
 家庭内での高齢者虐待は年間1万件を超え、介護うつも深刻化している。背景には急速な少子高齢化で家族の介護力が一気に低下していることがある。そのスピードに施策が追いついていない。公的コストを抑制するため、行政は介護政策を施設から在宅重視へとシフトする一方、同居家族がいる人のヘルパー利用を制限している。
 ケアする人のケアに取り組むNPO「介護者サポートネットワークセンター・アラジン」の牧野史子理事長は「介護者の心身を守らなければ、要介護者も守れない。家族に休息を義務づけるなどの制度が必要」と訴える。欧州などでは介護者支援の動きが広がっている。超高齢化の最先端を走る日本こそ、一刻も早い支援策が求められる。2009年03月03日



あたしが最初介護に携わるようになって、そのときは本当毎日ないてばかりだった。
「なんであたしだけ!」
っていう気持ちと、
「でもおばーちゃんにはお世話になったんだし・・・」
そんな相反する二つのキモチがすごくあって
あたしってなんてかわいそうなんだってずっと思ってた。

前ココにも書いたけど、近所の人たちは興味深そうに何気なく「おばぁちゃんどう?」ときいてくる。
介護って感情を発散させてくれる場がとっても必要だと前々から思ってるのだけど
感情を発散させる場とか人って選ぶべきだって思うんだ・・・
だって当時はそんなこんなを誰かに話すことさえもエネルギーが必要で疲れてた。
タイプにもよるけど、あたしの場合、誰でもいいからきいてほしい!じゃないんだよね。
やっぱし同じ介護を同じようにした人じゃなければ
どんな辛さがあるのかなんて決してわからないから。
話された側だって困ってしまうって思う。
当時は近所の人に根掘り葉掘り聞かれて、本当に人間不信になりました。
もう誰ともクチなんてききたくないって思った。
あたしの気持ちはどんどん内側にむいていってしまった。
だけど祖母にそれを見せたくはないので祖母には今でもそのあたりはすごい気を使う。
孫でさえもこうだもん、だんなのおかーさんとかなんていったらどうなっちゃうんだろう。
2年半前はすごくなにもかも疲れてたよ・・・
不思議だよね。
だって今のおばーちゃんの介護度のほうが高いし、
今はダンスにほぼ毎日いって体が当時より余計疲れてるはずなのに。
当時は腰痛っぽかったのだけどそれもダンスや筋トレで治ってしまったくらいだよ(笑
あの時は「義務」「やらされてる」「被害者」意識があって今のあたしとは違うからだと思う。
それだけ成長させられました(笑
すべての怒りが政治の方向にいったこともあります。責任転嫁ですね(笑

弟が今年2月に3回だけ介護を手伝ってくれたんだけど、すぐに根を上げましたw
「こんな大変なことを毎日24時間365日やってきたの?!オレはやっぱやだねw働いてるほうがぜんぜんラクだわw」っていわれました。
弟はせめて家に金をいれてサポートしてあげたいと思っていて、実際にお金を母親にうちの分を渡してたらしいのだけど
あたしや父親はそれを知らなかったんだよ。
母親が弟のためにと弟が預けたお金は食費じゃなくてみんな弟専用の口座にいれてしまってるとわかり
実はそれで今年はじめかなり家があれましたw
うちの介護のお金なんかは年金をあたしがすべてやりくりしています。
食費は父親が出してくれてるのでなんとかやっていっています。
本来は弟がその食費をうちにいれてたらしかったのだけど、母親がためこんでいたとは・・・(苦笑
おばーちゃんの入院費もすべて父親が支払ったこともあり
まったくもって介護の手伝いも何もしないで仕事もせず毎日スポーツクラブにいく母親に
父親はブチ切れたんですよね。
それに対し弟は母親を守ろうとしていろいろありまして、あたしは蚊帳の外から
「あたしはおばーちゃんのことで精一杯wケンカするヒマあんなら介護手伝えw」
とばかりに傍観しておりましたw
今でこそ話せますが昨年というか今年のはじめまでは家庭内が本当めちゃくちゃでした。
おまけに母方祖父のこともあったじゃない?
でも母よりあたしのほうが母方の祖父のところにいっていたので
「私の体裁が悪いから行くな!」と怒られたときに、ああ、やっぱこういう人だったかwと思いました。

介護って金かかるんですよ。
うちなんか持ち家とかだからまだいいようなものの・・・
金銭的な部分で「貧すれば鈍する」っていうケースも介護にはあると思う。
祖母の理解力もないため、なかなかこちらの意思が伝わらないジレンマも当然ある。
さらに加えてやはり下の世話って精神的にかなりくるw
今では下の世話をすることで祖母の体調とかみてるくらいになってるけどw
ダンスから帰ってきても夜の12時と朝3時すぎにオムツの交換を定期的にしてる。
疲れてるけど放置しちゃったら、洗濯物が増えることになるので
夜中起きていないといけないんだよねw
それだけではなくて、祖母の精神面のケアもある。
とにかく子供になってる部分が多いので、あたしがそばに一緒にいないと泣いちゃったり。。
・・・であたしは拘束されるのが大嫌いなため、そのうちキレてくる(笑
あたしがキレると祖母がすねて「どうせ私なんて生きてても仕方ないんだ」とはじまる。
そこでフラワーエッセンスを与えて祖母がそのまま寝て、そんなことなんておきたらすべて忘れてしまうw
本人が話さないときはもっと怖くて、オムツに大量に、いろいろやるので、そんなふうなカタチで仕返しされちゃうことも多いです(苦笑;
本当に介護の場って戦場よw

さらにあちこちを痛がる、不調を訴えるので、そんなケアもやるのね。
祖母はそんなかんじなのでちょっとなでてあげたりすると治ってしまうこともあるんですが(笑
本当に子育てしてるかんじですよ、おばぁちゃんだけどw
医者に連れて行くにしてもかなり大変なので
訪問看護婦さんにきてもらって体調チェックしてもらってるけど
それとは別に月に1度定期的に病院には通って血液検査をしてもらっています。

それでもどこかしら痛みを訴えるときのホメオパシー(笑
ちょうど今さっき、足の痛みを訴えてたのだけど、マッサージもよくしてるんで、
直接さわることで状態をチェックしてる部分もあります。
オムツのパッドをみて、でてるのかどうかで腎臓の状態も多少わかるし、それに応じたホメオパシーを飲ませています。

こんなふうに細かいいろいろは、やはりうちの父親にはできません。
母親や弟にはなおさらできません。
実際注射を打つ訓練などを看護婦さんに教わったりして、皮下注くらいならフツーに打てるのだけど
そういうノウハウはすべて父親と弟には教えました。
あたしがまた倒れないとも限らないからね。
こないだも書いたけど腎臓とか肺が昔からあんま丈夫ではないからさw
だけどどんなに調子が悪くても祖母と二人でいても
祖母は目の前であたしがどんな苦痛を訴えたところで何も出来ないし理解できない。
これまではひたすら痛みに耐えながらの介護が多かったけど
今はホメオパシーである程度セルフケアをする術を知ったので
ちょっとした祖母の痛みなどは鎮痛薬でなくホメオパシーで対処したり、
介護するほうも病院に行く時間がめったにとれないので本当助かっていますww
あたしが昨年骨折しなければ、たぶんホメオパシーやっていなかったって思うから
骨折は今でも痛くなるけど、そんな意味ではいい機会を与えてくれたと思っています。

*

昔は泣いてばかりでしたが、
今は介護という一連のことを続けてることにプライドを持ってやってます。
本当にいろんなことを学んでいるし、考える機会も多いのね。
何よりも精神的に鍛えられます(笑)
介護をメインでしてたっていう経験者がまわりにいないので、なかなか状況を理解してくれる人もいないため
以前はヘルパーさんとか看護婦さんがかなり心配してくれて
「こんなときはこうしたらいいよ」
とかって教えてくれたり、理解してくれたりします。
時には泣きついてみたりということも昔はありました。
そうこうしてるうちに父親が少しずつ協力しはじめ、
今では半分くらいいろいろやってくれています。
弟も少しはその大変さを理解してくれたみたいだけどね。
自分でもよく2年以上続いてるよなって感心してます(笑
やっぱし本当愛情、だって思うけど、愛情だけではどうしても語れないところだってあるし
とってもとってもむつかしいです。

だから介護するほうの心と体のケアもする機会が増えたらいいなと思ってます。
そういうあたしと同じ立場の人たちに、どうしたらケアができるのか、
もし参考になるのであれば自分のやってきた方法を少しでもシェアしてあげたい。

自分をしっかりケアしてあげない限りいい介護ってできないものだって、
今のあたしはそういうポリシーでやってます。
誰かの幸せを願えるかどうかってとき、
自分が幸せを感じていなければ決して誰の幸せも願えないじゃない?
満たされてるってキモチが介護をしてるとどんどん磨り減ってしまうことも多いんだ。

誰かをケアしながら自分もしっかりケアすることって
生きることについて考える機会だって思うの。
だから自分をちゃんとケアしないでいくと介護する相手にもいいものが流れない。
確かに理想論、かもしれないけど。

なんで介護をするのか。
なぜ人はそうしてまで生きるのか。
生きる意味。
今、生きている意味。
これまで生きてきた、意味・・・
魂と、しっかりつながっていられてるか。
自分とちゃんとつながってるか。

介護って忙しいけど、そんなこと、よく、考える。
アタマで考えるのをやめて、自分をすべて解放し、感じたとき、充実感が訪れる。

今のあたしは自分に誇りをもつことを絶対忘れない。
介護してる人に何よりもいいたいのは、
介護するってことに、人の命を支えてるってことに、
もっともっとプライドをもってほしいってことなの。
今のあたしは持ってるよ。
プライドを持てって、それが何の役にたつのって思うだろうケド・・・

そんなときはケアすることの本当の意味についてもっと感じてほしいって思う。
その人が、本来のその人であるためにケアは存在するものだと思うの。
だから介護するほうも自分のケア(特に精神面)は重要だって思うの。
カラダのケアは最低限として、
心や魂のケアも介護するほうはやっていくべきなんじゃないかな。

あたしはおばーちゃんを幸せにしてあげられるのはあたししかいないって、
そんなキモチで、いつだって介護してるんだ。
戦争とか、今の時代と違ってあたしなんかよりもずっとずっと辛い環境にいたけど頑張って生き抜いてきた。
おばーちゃんも息子<おじさん(父の弟)>をなくしたり、おじーちゃんの介護をしてたり
いろいろ大変だったから、もっともっとおばーちゃんには幸せになってほしいって思ってる。
今は介護状態になってるけど、動けないけど、その中でもどこかに、
ほんの少しでも「生きててよかった」「幸せだな」って
そう感じる瞬間、喜びに満たされてほしいっていつも思ってる。
介護してるとね、世話してる以上どうしても介護するほうが立場的に上になりがちなの。
だけど相手に対する尊敬の気持ちと感謝の気持ちを忘れたこと、あたしはないよ。
自分のほうが優位なんだっていう気持ちが少しでもあると
たとえば虐待とかね、あるんだって思う。
たまたま相手が歩けないとか「本来のその人の姿」ではないだけなの。
だけど同情なんかじゃなくって「寄り添おうとする気持ち」がイチバン大切だって思うの。

「本来のその人」に少しでも近づけるようになるための介護だってあたしは思ってるのね。
目の前にいるおばぁちゃん、歩けなくなったし理解もあまりできなくなってるおばぁちゃん、
でもあたしが見つめてるのは、おばぁちゃんの魂なんだよ。
あたしが魂にしっかりつながれれば、おばぁちゃんの魂ともつながることができるんだ。

だけどやっぱし感情が時として暴走しちゃって(苦笑
おばーちゃんに八つ当たりみたく怒ったりしちゃうときだってある。
ケンカだってしちゃうこともある。
そんなときって魂と自分がしっかりつながっていないときなんだけど、
肉体と密接なつながりをもつ「感情」をためながら介護するのって苦しいことなんだ。
だけど感情を解放しても、でもどこかで相手に対する思いやりとか愛情、尊敬と感謝の気持ちがあれば
自分の魂にもすぐにつながれるものだし、
そのキモチは魂を通じて伝わるって信じてるんだ。

あたしにはホメオパシーもフラワーエッセンスもついてるし、
ダンスで自分を表現したいと模索もしてる。
本当にダンスをしてみて思ったことは、自分の感情を解放することと自分を表現していくっていうことは
生きていくうえで本能的に必要なんではないかと思うようになった。
魂とつながっていられる瞬間というのかな。
特に介護を「やらされてる」っていう「義務感」があると、本当の自分とつながりにくくなってくるもの。
あたしは義務と時々感じることもあるけど
「純粋に突き動かされるもの」を何より大切にしたいんだ。
そして、なんのために、どんな学びのために、あたしは今こういう状況にいるんだろうって考える。
今は辛くても答えは何かの瞬間、絶対に自分の中に見つかるはずだって信念がある。

だからあたし以外でもし介護をやってる人とかいたら
もっともっと自分をいたわってあげてください。
もっともっと感情を解放してあげてください。
感情を解放してあげることは自分にしかできません。
介護してる人は、もっと本当の自分とつながってあげてください。
絶対にそこから見えてくるものがあるから。
そしてもっともっと自分の魂から求める何かを表現してあげてください。

*

今回の清水さんの自殺は介護疲れと決まったわけではないけど(ほぼ決め付けてるけどw)
もしそうだったら看病疲れにいいときのホメオパシーはCocc. コキュラス 200Cがいいです。
あたしも持って時々飲んでいますw

コキュラスの精神。
怒りや悲嘆、恐れに敏感。音や接触に敏感。驚きやすい。お化けや幽霊を怖がる。死や危険を恐れる。逆に精神的に鈍く無感情になることも。
同情心が厚い。他人の健康状態を心配する。愛する人に対する心配。
人のことばかり面倒をみて精根尽きたかんじ。
極度の疲労状態。深い悲しみ。傷つきやすい。人に否定されて傷つく。
急にすごい不安になる。自分の悲しみに落ちてぼーっとする。理解が遅い。
物思いにふける。時間が早く立つように感じる。怒りやすい。わめく。多弁になる。身振り手振りで話す。
踊ったり歌ったりする。愛する人を長期介護したことやムリをしすぎたことによる疾患。
看護疲れ、仕事のしすぎ、心配しすぎによる不眠。
睡眠不足が続いたことによる諸症状。悪夢。



そのほか参考に以下あげときます。
一般的に200などの高いポーテンシーのほうが心にきくとされていますが
低いものでも人によってはきくこともあります。
ちなみに絶望の最大のレメディはAurumになります。

*絶望から死にたがる:Aurum,Kreosotumなど
*人生に対して絶望する:
Aurum,Sepia(200C),Carcinosin,Arsenicum(200C),Cimicifuga(200C),CalcCarb(200C)など
*未来に対して絶望する:Aurum,Natrum Mur(200C)など
*自分を哀れむ:Arsenicum(200C),Aurum,CalcCarb(200C),Carcinosin,
Lycopodium(200C),Nitricum Acid(200C),Pulsatilla(200C),Staphysagria(200C)など

*看病からの衰弱:Carcinosin,Cimicifuga(200C),Cocculus(200C),KaliPhos(200C)など
*家族の健康を心配する:
Arsenicum(200C),CalcCarb(200C),Carcinosin,Cocculus(200C),HeparSulpher(30C),
Mercurius(30C),Phosphorus(200C)など


先日ホメオパシーのAurumを飲んだらすぐにきいちゃいました。
今ではAurumは必要じゃなくなったと思い、今度はマヤズムのカルシノシンを飲んだら
いまだに飲むたびに毎回眠くなって寝てしまいますw
そんなAurumとCarcinosinは以下の症状像があります。

Aurum met
人生が耐えがたく思えひどく絶望している場合の極端な憂鬱のケースに使用される。
これは冷静さを失い、苦労した結果が何の意味もないと感じる人に適している。
矛盾に敏感でその結果暴力や怒りの発作を起こすことがある。
高所から身を投げることを考えるかもしれない。
このタイプの人はスピードを出しすぎる傾向がある。

音楽は愛しているが雑音を恐れる。
恐怖、矛盾、傷ついたプライド、財産の喪失によって起きる不調に効果がある。
また責任感が強すぎる人に効果がある。
罪悪感に苦しみ後悔する人をサポートする。
ふさぎこむ間、ひたすら救いのために祈ることがある。
低い自己評価に苦しみ他人の意見に必要以上に敏感。
控えめで孤独なまじめな人のレメディ。
深い絶望/失敗/挫折/失恋/悲しみ/経済的損失からくる鬱。
落ち込みから来る不眠/失恋などから見捨てられた感じ。
完ぺき主義/義務感や責任感が強い/いつも気をはりつめている/まじめすぎて遊べない/
罪の意識/自己否定/プライドが高い/音楽が好き/
矛盾にガマンできない/知的/記憶力の低下/倦怠
肉体面:循環血流のうっ血(頭痛/高血圧/心臓病)
心臓血管系/骨折/目の症状/肝臓疾患
夜暗闇で悪化


Carcinosinの精神
誰かに長い間支配されてきた人。抑圧された怒り、悲しみ、ショックからの疾患。
過労やムリ、睡眠不足からの疾患。愛する人の看病からの疾患。
レイプの被害者。虐待された人。自分を抑える。自分を表に出さない傾向。
感情表現が苦手。寛容だが自分に厳しい。自己否定。自己嫌悪。罪の意識。
自信がない。責任感が強い。仕事中毒。まじめな人。ケンカを嫌う。
叱られたり批難されたりすることに敏感。完ぺき主義。几帳面。
潔癖症。強迫神経症。心気症。病気やがんに対する不安、恐怖。人ごみ、試験、高所恐怖。
取り越し苦労。次に起こることを不安がる。
愛情深い。同情的。やさしい。センチメンタルでロマンチスト。内気で繊細な子。
直観力が優れる。刺激的で情熱を求める傾向。
何かが足りない気がして限界まで自分を働かせたりする。
動物、ダンス、音楽、旅行、チョコレートが大すき。
捨てられた子。両親を知らない子。破壊衝動のある子。両親に反抗的な子。
過大な期待をかけられて育った子。嵐のときに陽気。雷好き。自閉症。集中困難。


あたしフラワーエッセンスやアロマの資格もってるじゃない?
そのうち、いつかお店とか出せるくらいになったら
たとえば軌道に乗ったら収益の一部を介護の場になんとかして使えないものかと考えてるんだ。
少しでも介護ノイローゼとか、闇の中にいる人たちを救ってあげたくて。。
確かに今現在要介護3の祖母を介護中の身だから思うように時間が取れないけど
介護経験をした人にしかわからない苦しみとか悩みとか、そんなこと、
あたし、すごく、すごく、わかるから。。。
苦しんできたからこそ、今のあたしがいる。
昔はウツで苦しい思いをしたけど、今は介護で自分以外の誰かの苦しみや絶望にすごい敏感になったんだよ。
そのウツだったときに気づいたことは
「周りは変えられないけど、自分を変えることならできる」ということだったのね。
介護も家庭によって十人十色でまったくもって事情が違ってきて当然のこと。
あたしも介護をしはじめのときはしばらく辛いキモチでいっぱいだった。
今でもさっきみたく母親のこと時々グチるけどねw
だけど、自分のことは変えることができるから、
徹底的に自分と向き合うことをした。
感情を解放することももちろん大事だけど、自分とも向き合っていった。
もちろん自分も苦しいのだけど、あたし以上におばぁちゃんは、
もっともっと辛いんだろうなって思うようになっていった。
そんなふうにおばぁちゃんのケアだけでなく、自分に対するケアがとっても重要なのね。
ここに何度も過去書いてきた「スピリチュアルケア」の重要性のことね。
介護される状態になって、自分の行く末ばかり考えて絶望的になってしまうお年寄りたちを
あたしは病院で数多く見てきました。
「だけど家族には迷惑かけたくない」そうみんな口をそろえていうんですよ。
そしてスピリチュアルケアは介護されるほうだけでなく、
介護する側にだってもちろん重要なことでもあります。
魂レベルのケアを介護される側にも、する側にも施すことができて、
みんながよりよい人生を送れるような何かの方法をみつけることができたら、
そんなカタチで人々を癒すことができたらどんなにかいいだろうって、よく考えるんだ。

___それは闇のように思うかもしれない。
だけど、ほんのちょっと光を当てる角度が間違っているだけかもしれない。
光の角度をちょっと変えてみたら、そこにはきっと、
闇に光が差し込んでいるって思うよ。

本来のおばあちゃんに少しでも近づいてほしいから、今、あたしにできることをやりたいんだ。
今っていう時をしっかりみつめて、生きてきたい。
特に前向きにがんばる、でもなく、
かといっていつも悲しみに沈むこともなく、
昨日つぼみだった花が今日キレイに咲いたよ、だなんて
ちいさいちいさい幸せをかみしめながらね。
介護をしてると生かされているっていうことの真実の意味に近づくことができるんだよ。

闇あるところに、光を、
絶望あるところに希望を、
もたらすことが出来れば、どんなにかいいのに。。

いつかヒーリング関連のお店とか出せるようになったら
介護するほうの人たちの心のケアを、
もっともっとすすめていけるようなシステムを作れたらいいなって思ってます。



↑にニュースソースのリンクはりましたが
うちの祖母もここに書いてきたように2008年の夏に肋骨を折り
夏の終わりに再び反対の足を骨折し、半年入院して2月に戻りました。
要介護度は以前3ですが今はそれ以上にやはりなっていますが申請を出していません。
介助量もこれまでと比較できないくらい増えました。
以前は洋服、上着をぬぐとかできたけど今はまったくできないし、
第一車椅子生活に完全になっていますからね。
入院生活で認知度もかなり悪化したところまで同じです。
だから本当に身につまされる思いがします。
残されたおかあさんの気持ちを考えると、やはり自殺はなぁ・・・と。
でも、そういうふうな方向にキモチがいきそうなとき、あたしにもやっぱしあるけど
そんなときにさっき書いたホメオパシーやフラワーエッセンスをとってケアしてるんです。
最初は「自分さえガマンすればすべてうまくいくからガマンしよう」でした。
今はなんていうか、ガマンとかそんなふうに考えることがほとんどなくなってきました。
状況は前よりもつらいのに・・・
だけど入院してた病院から半年振りに自宅に帰ってきて
うれしそうな顔したおばーちゃんを見たら
つらさなんてふっとんでしまったんだ。

この笑顔のために、できることを、無理なくやっていこう
そんなふうに思うようになった。
苦しいときはホメオパシーやフラワーエッセンスの力を借りています。

すべての存在に感謝、です。
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (484)
Session (137)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)