In Loving Light & Universe, Heal the World

【読書記録】シュタイナーを学ぶ本のカタログ

2008年11月08日
Book
今日は「読書」といったものではないんだけど
読書のための本、ですね。


シュタイナーを学ぶ本のカタログ


~ * ~ れいあの神秘の世界へようこそ(笑) ~ * ~

れいあさんの思想?の基本はスピリチュアルではありません。
自然神秘思想、です。
神秘主義的なものの中にはもちろん霊性、を意味するスピリチュアルについても入っています。
しかしはじめのうちはそういうジャンルのものがあるとは知る由もありませんでした。

以前何度も話していますが
あたしは別に霊能力があるわけではありません。
だけど不思議な体験は数多くしてきました。

今でこそ「メッセージ」としてはっきり受け取れるようになってきましたが
たとえば以前、彼氏とドライブにいったときのこと。
あたしは林道ドライブが大好きで峠を走ったり(というか攻めたり、だけど(笑)
していました。
あるときとある山に入ったとき、何かを感じ取りました。
まだ10代だったときのことです。
意思があるのかないのか微妙な状態で
「それ以上先にいったらダメ!」と口走っていました。
彼氏は不思議がりなおも車で山道をいこうとします。
「これ以上いったら生きて帰れない!」
といった数秒後、車につけてあったお守りなんかがいっきにバっサーーーーっ!とおちていきました。
一番驚いたのは彼氏でした。
あたしのことが怖くなったようでそのまま下山しました。
だけど変な霊の存在ではなく、その山の神様みたいな存在が進入禁止!といってきただけであって
別にあたしは誰かの霊に捕りつかれたわけではなかったんです。。
だけど自分では何がおきたのかわかっていませんでした。
媒体としてあたしを利用しただけ、ということなのでしょう。
(しかしこういう状態がキケンだというのを知ったのはここ5~6年前のことなんですが)
あたしがそのようなものを感じ取ったのは山とか海がほとんどでした。
よくあるオバケスポットみたいなものにはさほど興味はないです(観光地化されているのもあります)

特にオカルトがすきだったわけでもないんですが
もともと占いや石は好きだったし
以前も話したように幽体離脱の経験もそのときくらいにあったので
あたしが神秘主義の世界に興味をもつのは時間の問題だったと思います。

*

あたしがフラワーエッセンスに出会う前シュタイナーの世界に触れていました。
シュタイナーは今のあたしの世界観の礎になってる部分は結構あります。
魔術からシュタイナーを知ったときかなりの感動で震えました(笑)
アロマとハーブへ、フラワーエッセンスへ、といったフィトセラピーの世界に入り
今はホメオパシーの世界にようやく足を踏み入れました。
哲学、思想、倫理についても独学で学んでいきました。
これについてはもともと心理学、精神医学、薬学をかじっていたので入りやすい世界でした。

アロマセラピーやハーブの資格をとるための勉強を本格的にしはじめたとき
錬金術と精油技術のかかわりを知り、興奮したものです(笑
自分の中のいろいろがひとつになっていく快感がありました。

ヘルメス主義、では占星学を少々かじりました。
カバラなんかについてはもちろんのこと。
占星学を読んでいたら本当に宇宙の星に興味を持ち天文をかじりました。
グノーシス、エソテリシズムときてプラトン哲学に出会いました。
そしてあたしは哲学に興味を持ちはじめました。
時間とは何か、存在とは何か、自分とは何か、神とは何か答えなど出るはずもないものを追求するのって面白い。
そしてその「神とはなにか」から今度は宗教についていろいろ紐解き始めたわけです。

きっかけはそんなふうに魔術やシュタイナーの人智学、ヒルデガルトの神智学なんですけどね。
クリシュナムルティやグルジェフ、OSHOなどの本を読み流れでタオイズム、老子や荘子の本を読みました。
それが今から5~6年前の話です。

だけどやはり自分なりの何か、を追求していくほどに
シュタイナーのそれに近いのかな、と思ったりもします。

シュタイナーの思想としては
人間は心・魂・体の統合体である(だったよね?)
という、今日ではWHOの指標ともなっているものがあります。
いわゆる、Body,Mind,Spiritですね。
人間は宇宙を内在する小宇宙だという思想もあります。

シュタイナーは「感覚」を重視しています。
そして知識については
「感覚に根ざすことが深いほど、確かなものになる」
としています。

この先も興味を持ったいろいろを研究していくつもりですが
世の中に「完全」なものなどありません。
カントの純粋理性批判でいうところのANTINOMY(二律背反)だって思っています。

そんなわけでシュタイナーの考えはすばらしいですが
いろいろな角度から自分を統合した考え方、生き方をしていけたらと思っています。


シュタイナーの講義含めた数多くの出版の中で
この本はジャンル別に紹介されているのでとてもわかりやすいです。
しかし求めている本が必ずしも手にできるわけではないので(図書館だけでなく)
あるもので自分の興味のあるとっつきやすい分野から読んでいけば
最終的にはシュタイナーの全体像に少しは近づけるのではと思ったりしています。

アバンダンスと魔術の関係。
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-941.html
でもいろいろ書きましたがシュタイナーはゲーテの研究をしていました。
ゲーテもまた、幅広くいろいろなジャンルで活躍をしていました。
日本では文学として有名ですが
色彩論や自然科学(特に植物変態論)などやはり多岐にわたって活躍していました。
パラケルススもゲーテもシュタイナーもあたしの尊敬する偉大な方たちです。

またシュタイナーを知った後で出会ったフラワーエッセンスですが
バッチ博士はシュタイナーの講義をきいていたといいます。
バッチ博士は細菌学者をやっていましたがホメオパシー医でもあり、
また占星術などの方面にも興味があったようです。

*

そんなふうに今のあたしのさまざまな「追求」の底辺にはシュタイナーがいます。
これからシュタイナーについていろいろ知りたいという方には何から読もうか
わかりやすい一冊だと思います。
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (486)
Session (141)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (14)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)