In Loving Light & Universe, Heal the World

食のグローバリゼーションとパラダイムシフトの時代

2008年10月18日
政治・社会・経済
家について夕食を食べようとテレビをつけました。
やっていたのがちょうどNHKスペシャルでした。
「世界同時食料危機」についてやっていたので見入ってしまいました。

なんで日本はこんなにまで輸入に頼らないといけないのか、
だけでなくいろいろなことを考えたり思い出していました。

あたしがマクロビに興味を持ち始めたのは2002年のこと。
当時は今みたいに流行ってなくて本を見つけるのがやっと。
本をみつけてどんなものか実践してみたのだけど、どうもレシピ的においしくない・・・
玄米を中心として、野菜は皮ごと調理するとか、
あたしが大好きな牛乳やチーズといった乳製品も肉もとってはいけない・・・
これは続かないな~なんて思ってやめちゃいましたw

だけどこのマクロビは今でこそヨガとむすびついたりしてるけど
もともとは日本の伝統的な食事だったりするんだよね。
あたしをはじめとしていわゆる洋食文化というか
日本以外の食事を中心に食べるようになると
素材がよほどおいしくなければ、もしくは病気やダイエットでなければ、
なかなかマクロビ的粗食って食べる機会がないのかもしれない。
健康にいいのはわかってるんだけどね・・・
おいしいって思えないと続かない。。
でも食育とかもあいまって玄米食にしてる人も多いし
あたしも玄米を食べることはそこそこにあります。

朝食はパンですって人も多いと思う。
だけどパンにしてもパスタにしても小麦が中心。
小麦の価格が急騰してるわけですけどね。。
バターも急騰してるっていうけど
バイオ燃料の需要拡大で原料のトウモロコシ価格が世界的に高騰してるわけですよね。
そんなトウモロコシや小麦がなぜここまで価格が跳ね上がったのか
アメリカの農業政策についてNHKスペシャルでやっていました。

これまでアメリカの穀物農家はまったくもって作ってもお金にならなかったらしいです。
アメリカ国内だけ売っていても状況は変わらないと思った穀物農家の人たちは
穀物を「輸出」するように何度も政府に働きかけたらしいです。
それが戦後まもなくくらいの時代みたいです。

そんなとき日本を伊勢湾台風が襲いました。
これにより甚大な被害をこうむった日本の農家に
アメリカから畜産用の豚とトウモロコシを空輸して送り込んだそうです。
アメリカでは日本を肉食文化にし、つまり畜産をすすめることによって
トウモロコシをエサとして与えるように推奨したそうです。
これまではトウモロコシをエサで与えたことがなく
与えると早く成長したことなどから日本はトウモロコシを輸入するようになったらしいです。

これが成功したと思ったアメリカは日本での成功モデルを世界に取り入れたそうです。
つまり世界中にこのような形でトウモロコシを輸出していったそうです。

日本で給食が始まり、これにパン食を導入していきました。
今度は小麦の輸入というわけです。
日本では自分のところで小麦を作っていた農家も
アメリカから安く大量に小麦が輸入されたことによって
小麦農家だったところも多くがやめていきました。
そして牛肉の輸入規制緩和など、日本は徐々にアメリカに対して輸入せざるを得ない状況になっていきました。

今アメリカは中国に対して日本とまったく同じことを行ってるそうです。
給食にトウモロコシをエサに食べたウシの牛乳を出しているようです。
中国ではこれまでウシは牧草中心に食べていましたが
トウモロコシをエサにすることでとても濃い牛乳がとれるんだっていうことで
トウモロコシを食べたウシの牛乳をすすめているようです。
ステーキハウスなんかも中国で徐々に増え始めてきているようです。
つまり昔日本に対してやっていたことを中国でそっくりそのままやっているわけですね。

あたしは牛乳は好きだからいいんだけど
よく牛乳を飲むとカルシウムがとれるとか背が高くなるとか
そんなこといわれて育った気がします。
だけど、冒頭で紹介したマクロビオティックのいろいろを調べていると
牛乳はそこまでの食品ではないというかんじを受けました。

そのあとアンチエイジングにハマったので
アンチエイジングについていろいろ調べるうちに
アンチエイジング=食の大切さ
ということにいきついたんですけど
そのとき読んだ本の多くにも牛乳は日本人にはあまりメリットがないことが書かれていました。

結局あたしなんかは牛乳がすきだから飲むし乳製品は大好きだから食べるし飲むけど
給食に取り入れたり「背が伸びるよ」とかいってすすめるわけでしょ?
日本は戦後まもなく食糧事情が悪かったために牛乳なんかを給食にいれて「成長する」といっただけ
ということを書いた本などもマクロビ系の本で見かけました。
牛乳やパンといった給食がアメリカの農業政策の一環でしかなかったのだなと思うとなんともいえない気持ちになります。

2004年くらいにマクロビをやっている友人から日月神示の存在を教えてもらうことになりました。
それ以来思い出すのがこの一節。

牛の食べ物食べると牛のようになるぞ、猿は猿、虎は虎となるのざぞ。

臣民の食べ物は定まっているのざぞ。四つ足は食ってはならん、共食いとなるぞ。

草木から動物生まれると申してあろう。臣民の食べ物は五穀野菜の類いであるぞ。

獣の食い物食う時には、一度神に献げてからにせよ。

神から頂けよ、そうすれば神の食べ物となって何食べても大丈夫になるのぞ。

神に献げきらぬと獣になるぞ。


日月神示についてはアセンションやら2012年問題?についてと並んで
このBlogでもちょこちょこ書いていますが
あたしの日月神示を知るきっかけはマクロビがきっかけでした。

今アメリカはバイオエタノールの推進、中国などに対して肉食をすすめるなど
今度は人口の多い中国をターゲットにしています。
実際結構な数のトウモロコシを中国に輸出しています。

市場にトウモロコシがなくなった今、今度は穀物の急騰で買占める人が出てきたり
穀物を金融商品とみなした投機マネーが入りやすい状況にもなっている現状にあります。

食物にもこの「グローバル化」が進んだわけですが
以前もこのグローバリゼーションについて書いたけど
グローバル資本主義は「アメリカニゼーション」ともいわれていて
グローバリゼーションは「国際化」と同一の意味ではありません。

こういったトウモロコシ輸入普及をエルサルバドルなど世界各国に対してアメリカが行ってきたほか、
今回のバイオエタノールを発端とした穀物の高騰があるわけだけど
バイオエタノール促進の理由のひとつにご存知CO2問題がありますよね。
京都議定書ではバイオエタノール利用によるCO2排出は排出量としてカウントされないことになっています。
これってなんかきな臭い感じがするよねw

その理論としては、植物は光合成を行って成長しますよね。
大気中からCO2を吸収するのでCO2を排出しても、大気中のCO2総量は増えない
としているんだけど、なんかの詐欺にあってるような印象w

「地球にやさしいことしよう」
なんて甘い言葉にだまされてはいけないわけだねw
確かに温暖化は産業革命以降急速に進んでいるのだけど
こういうインチキくさいやり方には同意できないな、あたしとしてはw

だってさ、アメリカってそもそも京都議定書に賛同していないのになぜそんなにバイオエタノールを環境にいいからって推進するの?
それにアメリカって2001年に京都議定書を脱退してるわけでしょ?
先日の洞爺湖サミットにしてもCo2の削減についてアメリカは賛成しなかったでしょ?
それなのにバイオエタノールはCo2削減するから推進しますっていうの、どうみてもおかしくない?
それにバイオエタノールの原料のトウモロコシを作る肥料は量産するなら有機なわけないでしょう?
つまり化学肥料って思うんだけどこれにはやっぱ石油って使われると思うんですよ。

そんなことを考えるとやっぱし思い浮かぶのが先日読んだ911の本なんですが(笑
アメリカの石油会社を牛耳るロックフェラー財閥を思い出しますw

1800年代終わり当時はまだ石炭の時代でした。
アメリカで石油が出たらしいけど石油は使うのに精製工程がそれなりにあるらしくて
そこまでしてまで石油を使おうっていう人がいなかったらしい。
そこで以前ビジネスで成功をしていたジョン・ロックフェラーが製油会社に投資して結果スタンダード・オイルを作ります。
(今の当主はデイヴィッド・ロックフェラー)

つまり石油だと中東問題なんかが絡んでくるので次の新しい燃料としてバイオ燃料をすすめていこうという
ブッシュを動かす「ウラの手」(ロックフェラー)が伸びているのではないかと思って調べたのですが
やっぱし関連がありましたよ。

トウモロコシの栽培とか輸出を一手に担ってるのがカーギル社ってとこらしいですね。
このカーギル社がクセモノでバックにロックフェラー財閥があるようです。
石油が高くなろうとどこが破綻しようと本当の金持ちは常に儲かっているわけです。

一方ヨーロッパのユダヤ資本ロスチャイルド財閥は原子力を推進しています。
ちょっと話がそれますけど原子力といえばやっぱし思い出されるのが原子力発電所・・・とくれば?

地震w

日本は地震王国ですよね。
なのになんで原子力発電所がこんなにまであるのっていうことですよ。
ちょうど今読んでいる本が地震の本なんですけど
原子力発電所について要約すると、こうあります。



原子力発電所を作る設計基準は1978年にできたもの。
ちなみに東海地震説を唱えたのは1976年石橋克彦氏によるものです。
そのときはまだ「東海・南海・東南海」の3連動が想定されていませんでした。
浜岡原発の設計は1970年代後半から行われています。
中越沖地震で柏崎の原発はまだ停止してますが
原発の設計基準はM6.5で設計されています。
原発の設置には「活断層がないところを選んでいる」と政府はいっています。
しかし、実際に関西のときにしても新潟にしても先日の岩手にしても
いずれも活断層のないところでM6.5以上の地震がおきたわけでした。
今57の原発が日本にはあり、11基が着工準備中です。
日本だけでなく原子力発電所はCo2をあまり排出しないということを強調して作っていっています。

しかしドイツでは原子力を2020年までにはなくそうという動きをしています。
世界の原子力発電所から出るゴミは何十万年にもわたって放射線や熱を出し続けます。



どこかでききましたよね。
バイオエタノールも原子力も「Co2をあまり排出しない」ということがウリのようですね。
だけどそのバックには世界を牛耳る
原子力を推進するロスチャイルド財閥、
石油やバイオエタノールを推進するアメリカのロックフェラー財閥
という図式があるわけですよね。

「地球にやさしい」
これほど抽象的かつ偽善的なコトバはないってわけですよねw
悪意に満ちた見方しかもうできませんよっw
Co2排出権ビジネスについてとかCo2貯蔵プロジェクトについても
まとまったら書いていきたいなって思っています。


石油にしても今すごい高騰してるのはやはり投機マネーがきっかけなわけだし
エネルギーとか食、といった生きていくのに必要なものが高くなっているってこともあるわけで
きっとあたしたちは、今、
その基本的なあり方を問われているのでしょう。

今はそういうパラダイムシフトの時代なのかもしれません。




それにしても地震研究をしていたのにいきついたところが
環境問題だったり、政治経済だったりするもんだから
本当に奥が深いなっていうか
手広げすぎかなと思って反省もしています(´・∀・`;)
それほど世の中に対して疑問と好奇心だらけでいつも生きていますw


★番組★
世界同時食糧危機(1) アメリカ頼みの“食”が破綻する
http://www.nhk.or.jp/special/onair/081017.html


★京都議定書の概要★
http://www.env.go.jp/earth/cop6/3-2.html

NHKアーカイブス
http://www.nhk.or.jp/archives/
Energy Work (35)
地震予測と防災 (334)
競馬 (135)
月の祈り、星の導き (148)
Information (62)
Flower Essence (79)
お出かけ・お散歩 (124)
未分類 (19)
1 (0)
Facial (12)
ホメオパシー (12)
遊・戯・戯・言 (484)
Session (139)
そらいろだより。 (10)
癒しとスピリチュアル (258)
ご感想 (42)
Session Report (68)
Aroma (46)
お取り寄せ (12)
News (13)
れいあ流生き方 (66)
無駄話 (32)
人気記事 (26)
LINK (2)
Music (87)
自然療法 (80)
dayz (10)
Healing (7)
earthquake (102)
自然療法 (29)
Fortune (6)
Love (3)
My Boom (10)
介護・医療 (52)
WEB (8)
Foods (13)
Link (2)
Music (88)
BeautyDiet (16)
Dance (56)
shopping (9)
Cooking (8)
Spiritual (91)
名称未設定_36 (0)
キャラモノ (10)
Book (29)
政治・社会・経済 (40)
オーラソーマ (26)
メディアリテラシー (6)
Essay (4)
オカルト・トンデモ・陰謀 (13)
気象 (1)
ニュースクリップ (1)
Art (9)
メンタルヘルス (17)
詩 (6)
スピリチュアル・エクササイズ (6)
タロット・オラクル (5)
Osho (11)
相続 (1)
エッセンス (57)
ワークショップ (34)
東洋医学 (9)
心理学 (3)
レッスン (16)
キネシオロジー (46)
バッチフラワー (3)
薬膳 (6)
ゲーム (5)
レイキ (2)
ヒーリングストーン (2)
ダイエット (1)
【花魔女通信】Rainbow Garden (3)
2ちゃんねる (3)
武蔵小山 (12)
大天使 (3)
天使のメッセージ (3)
レン君 (16)
ハーブティ (2)
福岡 大牟田 (21)
映画・DVD (5)
雑念エンタテインメント (0)
スマホ関係 (0)
エネルギーワーク (1)
動物福祉 (3)
一斉遠隔ヒーリング (4)
美術・芸術 (3)
加圧トレーニング (1)
電気グルーヴ (1)
慶太さん (8)
2019久米島合宿 (1)
Energy Anatomy (1)