Welcome to my blog

自分の真実に向き合い、アロマとフラワーエッセンスを用いていまを生きるお手伝いをする光の錬金術師れいあの日常を綴ります

レン君バースデー10周年ツアー 2018年夏至の福岡紀行

-
光の錬金術師れいあ
はい、れいあです。

今回、レンの誕生日にあわせて福岡に行ってまいりました。
たくさん写真がありますので長いです!

では、はじまりはじまり~

2018年06月20日水曜日。

朝4時30分すぎに起床。
5時25分の羽田空港行きリムジンに乗るためです。
羽田空港についたのは6時すぎでした。


保安検査へ。


11番搭乗口に向かいます。


朝から雨。
梅雨だから仕方ない。
逆に暑ければ紫外線が気になるから、交通機関が大丈夫であればよいです。。


7時20分のJALで福岡へ。
9時10分福岡空港到着。

福岡に着いたら、とにかく咄嗟の判断と早さが必要な状況になります。
福岡空港から地下鉄はよく出ているけど、西鉄で大牟田行き特急は30分に1本。
福岡空港から荒尾行きの高速バスは90分に1本だから
これに乗れたらベストなんだよね。
福岡空港の工事が終わり、高速バスの場所が到着ロビーから近くなったのです。
しかし、地下鉄は離れました。
到着が少しでも遅いとバスには乗れません。
毎回ヒヤヒヤして降りますが、今回荒尾行きバス停に3分前に到着しました。
セブンイレブンでパンを買ってバスで朝を食べました。
この日は、八女、柳川のあたりで事故があり、通常11時前に大牟田に到着なんですが、30分遅く到着しました。

大牟田市役所前に停留所があります。


今回行けなかったけど、駅前に定食屋さんができてました。


逆に大牟田駅前にできてたパン屋さんは5月31日でクローズしてしまってました。
半年くらいかな。。
同時期にオープンした隣のふくやは大手だから大丈夫だけど。


駅前に、ちょっとお茶できるお店があるといいのだけどね。
お土産屋さんとかじゃなくカフェスペース、ちょっと飲食できる場所が必要よ・・・
ケンタッキーはあるんだけど自宅にもあるからいかないんだよね。
大牟田ならではのお店がほしい。
駅の待合室でペットボトル飲むくらいしか時間がつぶせないのが難点。
ちょっと観光とかいわれても。。。こういうこと行政側はわからないだろうからなぁ・・というかんじです。
(わたしは観光というより完全に動物園オンリーでカメラ抱えてるのでタクシーの方に「仕事?」といつもきかれます)
せめてファミマにイートインスペースがあればなあ。
ソフトクリームやさんがあったけど、いまはランチのみと以前いわれたので、
駅前で少しでもお茶できる入りやすい店があったらよいなといつも思ってます。

動物園についたのは、11時45分。
雨の日、今日からはじめてらしいけど
カンバッジキャンペーンをはじめたんだって。
「本日からはじめました!」
といわれて、嬉しかった。

雨の日限定 バッジプレゼント 大牟田市動物園 : 地域 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)
http://www.yomiuri.co.jp/local/fukuoka/news/20180620-OYTNT50156.html

バッジの動物は18種類あります。
OuVF419zYf7ZYvT1529672686_1529672728.jpg

しかし、いただいたのは、な、なんと、レン君!

思わず悲鳴をあげちゃいました。
エントランスで。
キャーッ!なんて声、久々出したわwww

でも、受付の方、わたしがレンくんのファンて、なにげに知ってると思うのよね。
以前、サポーターとして寄付したとき、レッサーパンダのレンのファンで神奈川からきているというと
椎原園長さんが、わざわざ一番奥のレッサーパンダ舎までご挨拶にいらしていただいたり、
ケモノートのレンが表紙のときいただいたり、
fc2blog_201706221742533d7.jpg
偶然かわかんないけど、
18種類よりレン君バッジをくれたのがお気遣いだったら、嬉しいなあ。

前回4月中旬にきたとき、
まだカメラは設置してなかったけど、
今回されてました。
結構たくさん寄付していたので
なんだったら、カメラまるごと寄贈したいくらいに。
レン君にダイレクトにつかわれてくれて嬉しい。
元気な赤ちゃんが生まれますように。
オスってかんじがするなぁ。
レン君うるわしDNA(^ω^)

展示室からモニターが見られるようになってます。

嬉しいのは、通常見られない寝室での行動がわかること。
レンは特に、昼のあと寝室に行くから。
お前また休んでるのか!(^ω^#)
ってレンに向かってよびかけ?たりしてます。

このときは東屋にいたので、モニターには写ってないです。


まいちゃんの体重かなり上昇中。


かなり雨が、土砂降りに、、、
これまで13時に出てたんだけど
JR鹿児島本線の本数が13時台減ってしまい、
博多に15時に到着しないとホテルのチェックインに間に合わないため
レッサーパンダ舎を12時50分には出ないといけなくなった。

しかし、ひどい雨。。
にもかかわらず飼育係のカワノさんは傘もささずにおりました。

前々からこちらに書いてある色々お話いただいてるのはカワノさんなんですが、
なんと!7月に全国区のテレビに出演。
TBSの番組。


エグザイルのÜSAとケニアに半月行って撮影してきたんだそうです。



ああ、なんだか、大牟田市動物園だけでなく、
スタッフの方々も、色々とよい変化がでている。
レッサーパンダ舎で、レン君、レッサーパンダたち、動物たち、スタッフさん、動物園、大牟田のみなさん、福岡のみなさん、九州のみなさん
もっと元気になれるように、
毎回シャーマニックなお祈りをしたりしてますが
もちろん今回もしてきました。

動物の幸せを、真剣に考えてくださるスタッフさんたち。
動物たちを輝かせることで自らもより輝いていけたらなと思っています。

雨の中、かわのさんに色々お話うかがいました。
ありがとうございます😊

レンは東屋の見えないところで二匹仲良く、ずっとおやすみ中。

一瞬だけ、こちらにレンが、きてはくれたけど、カメラにおさめてませんでした。

バッグやら靴やらが雨で大変でしたので、今日は少し早めにあとにしました。

で、先の話になっちゃうけど駅に早めについたけど、お茶する場所がなく、
ペットボトル飲みながら駅の待合室でゲームしてました。

13時36分 鳥栖行きに乗ります。二両編成です。


これまでは13時41分快速門司港行きだったので
乗り換えもせずいましたが、
春から久留米で乗り換えなければ博多には行けなくなりました。

しかし鳥栖が佐賀県だとは、先日知りました。
サッカーチームがあるのは知っていたけど
サガン鳥栖って京都だと勝手に思ってた。
わたしには久留米の上という印象なので福岡だと思ってました。
てか、飛び地なのかね、、
東京都町田市は神奈川じゃない!みたいなものか、、

で、久留米で門司港行きに乗り換え。
14時10分発。


西鉄もですが、
頭の中で、博多や天神から大牟田は60分ちょっとありますが、
久留米がちょうど真ん中にある感覚。
柳川にくると、あと15分かな、とか、
二日市だとあと天神まで15分とか、
西鉄、JR、高速バスすべて使うので、福岡での体内時計がわかってきました。

門司港の文字を見ると、やはりサスペンスドラマにしか見えません。どうしたらよいでしょうか、山村美紗さん。。


14時45分頃博多に到着。
シャトルバスは15時15分です。

で、前回からコンビニ情報。
福岡に来始めたときは、スパやリゾートに行かなかったので観光やらグルメやらもありました。
ごまさばはいまでも好きですが。

やがてマリノアリゾートに行き、ルイガンズになり、
わたしには、リゾートスパを楽しむようにもなりました。
近場だと、伊豆とかありますが、やはり空気が関東なんだよね。伊豆は静岡だけど。
日常の延長なのです。

福岡のコンビニは、ファミマは全国の統一されたものみたい。
セブンイレブンはスイーツが、
ローソンはスイーツとおにぎりが
地域色あるものみたいよ。

大分にら豚にぎり


とり天マヨ→前回買っておいしかった


八女茶や知覧茶のスイーツ

八女茶スイーツはセブンイレブンにもありますが、
知覧茶を使ったのは初めて!
知覧茶は鹿児島のお茶です。

夜はスパの帰りは、ルームサービスも終わった時間になりやすいため
わたしはおにぎりやお菓子を買っていきます。

で、16時につきました。ルイガンズ!

今回スパのあと、フロント脇のブティックにある
ぶどうジュースが美味しいといわれたので見にいきましたが
結局ルイガンズで使っているCARTHUSIAのリードディフューザーを購入。
部屋でも気分はルイガンズです♪


(自宅で撮影)

CARTHUSIA カルトゥージア メディテラネオ ルームフレグランス
http://webshop-wandp.jp/fs/wandp/carthusia_rfmini_medi

今回は、初めて!のグランドフロア。

グランドフロアのエレベーターホールにあるチェア。



広い部屋が特徴です。

今回600号室で、
6階のど真ん中の部屋。
だからルイガンズ全体が見渡せました。




ベッドのとなりに小さな机と窓が。






小さなウッドデッキつき。


大牟田は大雨でしたが、福岡市東区は快晴。
昼すぎまでは雨だったらしいけど。
早速ウッドデッキで、ずぶ濡れのリュックサックをかわかしましたヽ(´・∀・`)ノ

ウッドデッキから見た景色。最高!


スパフロアは2階だから、あまり見えないけど
高いところもよいですね。
スパフロアはバスローブでスパに行けるのが、なにより楽なのよ。スパ利用者には。

テーブルには、お世話になっているスタッフさんから
あたたかいメッセージが。
しかもチョコレートのペンで!
非売品のスイーツまでプレゼント。


スタッフさんによれば、
わたし今回で11回目なんですって!
その記念でスイーツをいただきました。

細かな気配りが嬉しいです。

この部屋はスパフロアと違うため
バスローブはありません。
またスパフロアのようなアメニティもない。
しかし、空間は広くてよいです。

カルトゥージアのセットです。

バスローブはフロントに伝えて持ってきていただきました。
でもやはり、スパフロアのバスローブより生地は薄め。
それを思うと、やはりスパフロアは、スパ仕様なのね。。

スパのバスローブのふかふか感が一番安心感があって好き(高級バスローブなのです)





ナイトシネマの準備がしてありました。


天気がよくなり、色々と浜辺に人がでていました。

















早めの夕食?遅めのランチ?をとりに、いつものカフェへ。


トロピカルフルーツジュース


マッサマンカレー 。パクチー抜いてもらいました。




早く軽くシャワーを浴びたくて、部屋に戻りスパの準備をしました。

19時 スパへ。


毎回スパの方に手土産を持っていくのですが
東京のほうでだけ売っているなにかよいものを。
で、今回は銀座千疋屋の果物でないものを。。

お客様からわたしも差し入れやお土産などいただく機会が多いのですが
最初すごく申訳なさすぎてね。
わたしのためになぜ?って思っていたんだけど、
いざあげるほうになってみると、なんかわかる気がする。
なにかうれしいんだよね。
「喜ぶかな~、喜ぶといいなぁ」
とか思いながらいろいろ何あげようって考えるのって、わたしはお客さんから教わったんだよね。
こういうことってしたことなかったから・・・

で、これが噂の?わたしが影響受けているミントレモンウォーターです。


さすが明日夏至だけあって
同じ時間帯でも明るくて。
こんな明るいの初めてかも。
19時30分くらいの画像だよ。
関東じゃ考えられないよね・・・



シャンプー、コンディショナーが
タイのパンピューリから
ホテルかスパ仕様のラ・カスタに変わってました。

La Casta
http://www.lacasta.jp/shop/default.aspx

スタッフさんにきくと
以前はラ・カスタだったらしいです。

わたしは自宅でラ・カスタを使っているため
パンピューリのボディーウォッシュを買って帰りました。



今回もアロマドレナージュ90分。

いくらアンチエイジングやホワイトニングの効果があれど
わたしはスパでは、やはりアロマじゃないとだめなんだよね。
特にフェイシャル。
アロマドレナージュにはフェイシャルはないけど。

ヨンカの香りは、タイムの使い方とか独特の雰囲気。
最初は薬みたいにも感じたけど、どこか落ちつく。
いつのまにか香りにハマってしまいました。
深いんだよね、ヨンカの香りって。
だからハマってしまったのかな。

今回のアフターミールはマンゴープリン。
レモンの焼き菓子の、レモンうまかった!


これらのアフターミールも、非売品。
60分以上のスパを受けないと食べられない。

毎月スパのスタッフさんと、パティシエさんが
話し合って決めるんだそう。
音楽も話し合って決めるんだそう。

いろんな人の想いが詰まっていて、それが心地よい。
いろんな人が、誰かの喜びのために、精一杯自分の得意な仕事をする。
だからわたしはルイガンズが大好きなんだよね。
自分の喜びが、誰かの喜びにつながるような感覚が好きなんだ。

大牟田市動物園もわたしには同じ。
動物たちの幸せは、スタッフの方々の喜びであり、
来る人たちの喜びや楽しさになる。
だからわたしは動物のことを本気で考えてくれている大牟田市動物園に寄付をし続けてるってのもあります。
一人一人の想いを大切にしてほしいから応援してる。

さて、先程も書いたように、スパフロアではないから洋服なので、フロント脇のブティックまでいきました。

実は、以前、パンにつけたオリーブオイルがおいしくて。
きいたら、いまはオリーブオイルをかえたらしい。
DEAN & DELUCAとコラボしてる関係で。
DEAN & DELUCAについては、東京にはあちこちにあるため、さすがにここでは買わないかな。。

フロント前のソファ


プールに出るところにあるソファ


夜のカフェ、というかラウンジ


一階のエレベーターホールとフロント


部屋からの夜景


部屋には22時15分頃戻りました。

で、二日目。
朝6時すぎに起きてみたけど、曇っていて太陽は出てなかった。

7時15分 部屋を出てチェックアウト。



7時30分のシャトルバスでまずは博多駅へ。



海の中道を通るアクアライナー。


博多駅は8時5分頃到着。
天神地下街にあるステンドグラスみたいな絵。

いつも通勤の方々が多いので邪魔になってしまうからあまりとらないのだけど
なんだかやたら気になったのでとりました。
天神地下街って中世ヨーロッパみたいなステンドグラスが多いの。

九州・福岡でデザインを学ぼう!【天神地下街☆Part-2】
http://www.fds.ac.jp/blog/?p=4196

天神でおにぎりを買って、8時30分の西鉄に乗り込みます。


9時30分すぎ大牟田到着。タクシーで移動。



動物園に到着!



こちらが先日記事内容の看板。


前日の帰り、お見送りしてくださった動物園のスタッフさん、
どうぶつの森のしずえさんに似てた(しずえさんはイヌだけど)


入り口にこのようなものが。




藤棚を越えると、、


猛獣コーナー。
ホワイトタイガーのホワイティ。




例の看板はこちら。


夏至の日はレンの誕生日ですが
世界キリンの日でもあります。



キリンを見ると、じゃがりこを思い出してしまいます・・・


こちらは売店。ソフトクリームとかたこ焼き、焼きそばとかあります。

大牟田こうひいやさんのコーヒーとかあれば嬉しいな。
ちなみに観光プラザには大蛇山珈琲が売られています。



レッサーパンダ舎到着は10時15分


アックマ様を連れてまいりました。
アックマ様は2008年06月06日生まれで誕生年月がレンと同じなのです!
二人とも10歳。
10周年記念は、ルイガンズで勝手に誕生ティーパーティしましたw






まいちゃんがいました。


レンがいない!で、展示室へ。
でも、いなくて、、カメラを見ると寝室の産箱の上で笹を食べてました。
レンは寝室好きだよなあ、、、


カワノさんが、ジャングルみたいにしたいと以前話されていて、
ジャングル化してましたw
レッサーパンダにとってはよい環境なんだけど
なかなか見えにくい状態ではある。

これは、動物園に来る客側の意識を変えていく必要があることだともわたしは思ってる。

動物園は動物縁なのです(今作った)

本来は野生にいるはずの動物に対して
意識をあげていく必要があるのじゃよ!
で、まず動物園側が意識をあげていく必要があるのです。
動物「縁」として、動物そのものに対する意識をシフトアップするわけですね。
野生動物が少なくなったいま、動物とのつきあいを人間は改めていく必要があるのだと思うんですよ。
寿命は動物園の動物のほうが圧倒的に長いです。
でも動物がたいくつだったりしないように環境に工夫していく
空いた狭いスペースを有効的に活用するのが環境エンリッチメントなのですから。

確かにレンが見えなくて寂しいけど、心ではきっと繋がっているはず!

本来の野生動物に近いものを、取り戻せるかな?

これぞ環境エンリッチメント!空間をいかしてます。



もう少しで産まれそうな、身重なまいちゃん


相変わらず容姿端麗なレン様



寝ている姿も美しい




レン君動画。FC2よりあげてみる。




観覧車。


また夏が終わったら来るね!



大牟田市役所前より13時38分の福岡空港行き高速バスで帰ります。





今回お土産は、父親に明太子と薩摩あげ、
院長には大牟田の上内蜜柑ジュースを買いました。


福岡空港到着は15時10分。


最近は時間の関係で食事をしなくなりました。
食事の時間をレン君にまわしてるかんじ。


福岡空港のお楽しみ。
ジェラートです!
色々食べたけど、ピスタチオジェラートでうまいのはここかな。



わたしの中のゴールデンコンビ。
ピスタチオとショコラの組み合わせ。
ジェラートはあちこちで食べますけど
こちらのはとにかくジェラートのフォルムが美しい。


今回も4番搭乗口でした。


16時20分発 スカイマークで帰ります。


お土産も今回、あまり自分にも買わなかった。
なんなんだろう。
執着しなくなったのか、それとも慣れたのか。
飛行機で飛びたっても、普通でいたんだよね。

だけどふと見ると、眼下に広がる福岡の街並み。
そして島々。。
すると、海の中道が!

いきなり涙が出てしまった。

思えば、レン君をネット検索で見つけたのが2013年11月のこと。
しかしわたしが見つけたのは千葉県市川市にいたときの記録。
いまは九州か。
ならあうことは、ないなと思っていた。

2014年、レン君の誕生日にあわせて、大牟田市動物園に手紙を書いた。
その年のおわり、担当の方が結婚でやめるとき、手紙をいただいた。
この年、そらちゃんという、レン様の元カノの、元カレ?である、しょうたくんがなくなって、
しょうたくんのことなどかかれてました。

2015年。3月にレン君の姉、ルルちゃんにあいに市川市動植物園に行き、レン君への熱が加速。
6月の誕生日をリアルで祝いたくなり、
その年から、レン君詣でがはじまる。

ということでレン君10歳記念にこれまでのレン君詣での記録を。

レン君に会ってきたよー 2015.06.22
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3396.html

福岡珍道中 初日 2015.06.23
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3397.html

福岡珍道中(2) レン君、ちかっぱすいとうよ☆大牟田市動物園
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3398.html

このとき能古島まで言った記録が5まで続くので省略(初日だけレン君詣でをした)

九州で遠いから、あいに行くのは最初で最後とも思ってた。
だけど、2015年秋にまた福岡へ。

キラッキラ☆生レン君1日目☆福岡探訪記 2015.10.20
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3513.html

キラッキラの生レン君~大牟田動物園弾丸ツアー2日目
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3514.html

気づけば年に何度も行くようになる。

だけど、レン君にちゃんとあえないときもあり、
スパに行くことでリラクゼーションを旅に取り入れた2016年。

今、福岡に来ています  2016.01.05
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3576.html

福岡2日目 れいあの休日 2016.01.06
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3577.html

マリノアリゾートに行っていた。

福岡に来ています 2016.05.16 →このときチャクラ講習の直前でテキスト書いてなくてすごい不安だったしなにより嵐だった
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3650.html
2日目
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3651.html

梅雨明けの福岡に来ています 2016.07.20
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3689.html

夏の福岡弾丸ツアー2016 2日目 2016.07.21
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3690.html



福岡旅行 2016.09.29
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3727.html

そして気になっていたホテル、ルイガンズに行き、
福岡へさらに行くようになる。

福岡に行ってきました☆彡 1日目 2016.12.01
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3760.html

福岡 2日目 2016.12.02
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3761.html

2017年
福岡旅行記まとめ(2017年1月)2017.01.27
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3809.html

福岡旅行 ~ 五感を感じ、リセットする旅  2017.05.25
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3883.html

レン君誕生日を勝手に祝う福岡紀行 1日目の記録 2017.06.22
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3894.html

ハプニング続出?のレン君誕生日当日 福岡紀行 2日目の記録
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3895.html

福岡紀行2017年10月(1日目) 2017.10.27
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3978.html

福岡紀行2017年10月(2日目)2017.10.28
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3979.html

福岡紀行2017年12月 2017.12.21
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-4005.html

2018年
福岡紀行2018年01月 2018.02.02
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-4014.html

福岡紀行2018年02月 2018.03.02
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-4021.html

再び福岡へ ~ 2018.04福岡紀行 2018.04.22
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-4040.html



最初、動物園のスタッフさんと話すこともなかった。
わたしは人見知りが激しいからね。
だけど、今日、レンを見に来た人たちに、気づけば

この子今日誕生日なんですよ!

とか話しかけていて、
なんかわたしらしくない(笑

だけど、レン君は、わたしに色々な出会いとか、気づきや可能性、
これまで制限してきたこと、
いろんな目線を与えてくれたし、
いろんなことを教えてくれた。

最初は、レン君を癒してあげる、だなんて気持ちもあったけど、
逆なんだ、癒されてるし、気づきを与えられている。

存在そのもの、存在するだけで、
なにも言わなくても気づきを与える。

わたしは、そんなセラピストになりたい。

レン君の存在は、わたしには本当にかけがえがなくて、
美しくて、
そんな彼がいとおしくて。

だからわたしは、まいちゃんが昨年出産後すぐに子供がなくなったことに対して
ネガティブなパターンを取り除くためのヒーリングを2回させていただきました。

NEGATIVE PATTERNS BLASTING

というもの。
まずネガティブなパターンを解放するために
2回目は無条件の愛で赤ちゃんを育てていくためのヒーリングです。

以前からシャーマンアプレンティスのエネルギーで
大牟田市動物園を中心に、大牟田の市のヒーリングを現地でしてきました。

よりよく元気に、エネルギッシュになってほしいなあ。

富士山が見えると、ああ、戻ってきたなと思わせられます。
夏至の日の富士山。


アップで!


東京に戻ってきた。
全く自然がありません。
だけど、東京で産まれ、東京で育ってきた。
なんだかんだで住み慣れた街だから、すきなんだな。


羽田空港に到着、と、その時!
太陽の横に、縦の虹が!



わかりにくいかな。。

先日、大阪が揺れたけど
わたくし、かつて、
地震研究をしていたので、つい、ね。。
(気になる方はお客さん限定で予想はわかればお伝えします、ただしセッションにいらしたときのみ)

太陽の周りに後光がさすみたいな輪っかはハロといってわりとよくみられます。

こういう虹は上空の寒気と関係していて雲にある氷の粒が光っているプリズム現象なのです。
だけど、角度により、どこで虹が見えるか、
太陽が何度かにより、名称がかわります。

この場合、ラテラルアークかなと思います。
幻日という光学現象と似ていますが、、、

太陽の下に出るものとか、環水平アークとか、色々あるのですよ。

地震云々おいといて、わたしはスピリチュアルとかより地球環境科学のほうが大好きなんだよね。

ジェラートしかお昼食べてなくて、おなかすいちゃいました。
いつもは早く帰るけど、今日ばかりは、食事して帰りました。



ひれかつ御膳と卵焼きを別注文




関連ランキング:割烹・小料理 | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅



リムジンに乗ります。


空がマゼンタ色でした。


そんなこんなの福岡レン君バースデー10周年ツアーでした!

最後までご覧いただきありがとうございました!

一流を知り、本物になる。

-
光の錬金術師れいあ
CcLDmzFCqLJwK1h1529066747_1529066755.jpg
はい、れいあです。


本物が知りたい。

一流とされているものは、どんなものなのだろう?


そんなふうに思うようになったのはある程度の年齢になったこともあると思う。

 かくいうわたしはブランドものが好きではなかった。
いまでもブランドものがすごい好きなわけじゃないけど、
ヴィヴィアンウエストウッドやケイトスペードなんかはすき。
 つい先日、そのケイトスペードがうつ状態で自●をしてしまったらしい。
彼女のブランドイメージは明るくハッピーなイメージである一方で
ケイトさんはここ数年うつ状態だったらしくブランドをけがしてはいけないと悩んでいたそうだ。

ケイト・スペードさんだけではない…… アメリカで急増する「うつ」と「自殺」
https://www.businessinsider.jp/post-168996

ケイトスペードは、ブランドブランドしてないかんじがわたしは好きだった。
どちらかというと高級ブランドには手が出ないけど、ブランド入門編として買われることが多い。

 わたしはずっとブランド品に抵抗があった。
学生時代身の回りはみんなブランド品を身に着けた人たちばかりだった。
なんていうか、わたしには彼らは、ブランド品が歩いているだけのようで、中身がない印象にすら思えた。

 日本人の性質ってこうだったのか?と思うのだけど
メディアなどでも、どこかの有名な名医とかばかりをやたらと好む傾向にある。
ある意味一流といわれるものは、権威とかステイタスとかなイメージがあるけど
パワーを使ってまわりを支配する?みたいなイメージをかつてわたしは持っていた。

しかしセッションをしていくと、いろいろ自分に対する気づきも増えてくる。

そんなこんなを経て、権威や名声が苦手な理由をざっくりいってしまえば

自己価値の低さ

だったんだなと思った。

 そしてどちらかといえば、ブランド力や権威、名声を持つ人そのものよりも、
まわりにいる、何かにすがるような崇拝するようなエネルギーが、しがみつく感じで苦手なのだともわかっている。
わたしはそういう集団心理みたいなものがどうしても受け入れられないのだ。
 そういうエネルギーって、自分のパワーを使わずして、パワーを借りるかのように他者の鎧を着て、そのエネルギーになりきっているように思えるので苦手なのだ。
 それは自分として自分を生きていないように見えるからだ。

 だけどそれは、おそらく自分として、わたしがちゃんとパワーを使えていないことに対する投影なのかもしれない。
自分自身がひとつのブランドだとわたしは思っていたし、自分のブランド力として価値をもたせたいとも考えていた。

おそらくは、いわゆるブランド力って、

その人そのものであること

がしっかりしているから、
内側から自らがあふれ出し、輝き、そうやってできあがっていくものなのだと思った。

「わたし」でありたい。
唯一無二の存在でありたい。

だけど、実際には自己評価が低いため、
わたしは自分の価値を感じることができなかったし、
だからこそブランドを買えば、なにかに呑み込まれてしまうような、そんなイメージがあって
ブランド品を持つことに抵抗があったのだ。
一流ブランドと自分の中身が釣り合っているんならよいけれどね。

私の場合、まず、気づきとして、そこには五感があった。

きっかけは何度も書いているけどルイガンズへの宿泊だった。
tlf_party_07.jpg

昨年は、ホテルに置かれているタオルやバスローブの品質に感激した。
なので昨年は綿の種類や、織り方などにこだわり
手触りとか含めてどんなものなのかを実際に感じたくて、さまざまなタオルを購入した。
そんなわけでお店では昨年から夏のフェイシャルにはオーガニックコットンのタオルケットを使っている。

そして今年の夏は、リネン、麻へこだわっている。(これはルイガンズ関係ないけど)
わたしの部屋にあるベッドシーツや肌がけはリネン100パーセントの麻製品を使いはじめた。
夏なので、綿は東京の場合湿度が高くてべたつきをかんじるため麻を使おうと思ったのが、
今年の夏は麻にしようと思ったきっかけだった。
麻はいくつかの種類があるため、じゃりっとしたものが強ければ、わたしは敏感肌なのでどうなのか体験してみたかった。
そしてルームウエアも、普段着もリネンにしはじめた。
汗を早く吸って乾燥も早いためわたしはいまのところお気に入り。

そして昨年からわたしはレモン水を飲むようになった。
これもまたルイガンズのスパで飲んだものがおいしくて、それ以来習慣化している。

健康だから飲む、食べるというのは、あくまでも頭で飲み、食べているにすぎないように思える。
飲みたいなにかがあるから飲んでるというか、欲している原因があるわけなので
自分の声を無視しているかのように思えなくもない。

レモン水もわたしはおいしいから飲んでいるのであって
健康を意識しているわけではなく、なんとなく飲まなくてもいいかなというときは飲まない。
体にいいから一日一回必ず!とか、それこそ、名医がいうなら絶対というのは、
なにか自分の感覚を麻痺させてるように思えてならない。
自分に本当に必要かどうかわからずに、他に流されてやっている気がしたら、わたしなら、やらない。
もちろん、物は試しでと、好奇心からやってみるというなら別だけどね。。

そもそも、わたしはオーガニックに興味がなかった。
オーガニックにこだわっている人と講習などで出会ったけど
それはこういっちゃ失礼かもだけど、ちょっと神経質すぎて、健康のイメージには遠かった。
その一方でセッションでは、心が変わったためこれまでのものが受け付けなくなった人もそれなりにいらっしゃる。
自分の体が受け付けなくなったというくらい過敏になっているということは
ほとんどオーラの保護が必要なケースであることが多い。
化学物質過敏症(本態性環境不耐症)の方も、オーラ的な保護がすごく必要な人だと思う。
わたしも嗅覚と聴覚が敏感なため、電車に乗っているとマスクがないと苦しいこともあったりしますけど(暑くてもマスクはする)
バリア機能やプロテクションがいかに大切だなと思わさせられる。

自己満足だけど、昨年から、洗濯せっけんなど、自然に還るものを色々使い、虫除けもハーブにしていたり。
それはレン君と出会ったことで、野生動物について考える機会が増えて
自己満足でいいから、少しでも環境破壊が少なくなってほしいなって以前より思うようになった。

レモン水に使うレモンに関していえばやはり皮を使うため、ノーワックスの無農薬のものを選びたくて
広島、和歌山、愛媛、静岡の農家から有機無農薬、ノーワックスレモンをとりよせるようになった。
ルイガンズではハーブガーデンでレモンを育てているけれど、さすがに毎日の分は補えなさそうだからね。。

先日自宅で作ったレモン水が、なんかルイガンズと味が違うと思いルイガンズスパで改めて聞いてみたところ
ミネラルウォーターを使っているということで
そんな単純なことか?と思いつつ家でもミネラルウォーターにしたら、
うん、あの味だ!
と思った。
全然違った。
やっぱ水って大事なんだなって思った。
浄水器だからよいだろうと思っていたけど、味がまったく違う。

家で親が買ってくるKAL○Iの安いコーヒーがわたしにはまずくかんじられて家ではコーヒーを飲まないのだけど
先日ミネラルウオーターでそのコーヒーを飲んだら、案外イケたんだよね。
水で結構変わるもんなのね。
・・・結果、ミネラルウォーターに今凝っている。
いまのところ奥飛騨のミネラルウォーターが口に合っているけど
ほかのところのも色々飲んでいくつもり。
お客さんともこの話をしていて、おすすめの水を教えてもらったりね。
とにかく体験しなくちゃわからないよね。
昔はダイエットにいいと人からきいたから、という理由で、よくコントレックスを飲んでいたのだけど。。。
コントレックスは硬水なので、正直口には合わなかった。でも飲んでいた(笑)
いまのわたしはあえて日本の水のみをあちこちのものを飲んでいる。

近くの薬局にウォーターサーバーがあるのだけど
そこの水がやたらとうまくて、思わず帰ってから調べてしまった。
ユニマットさんがやっているものでヴィフォンテーヌという名前なんだけど
兵庫県以東地域では富士山のお水だったみたい。。。
でもさすがにウォーターサーバーを自宅に置くのは気がひけるのでやめてるけどね。
で、お店のお水、そうお客様にお出ししているお茶の、そのお水ですよ。
実はすごい浄水器を置いてるのです。
わたしがこちらにきたときからすでにこのお水でした。
整体にいらっしゃる近所の患者さんがお水がおいしいのでお水入れてくださいって
何人も院長に依頼している患者さんを見てきました。

わたしは実際に、味だけでなく、感覚を体験して、選びたいと思っています。
そこからです。
「本物が知りたい」願望が強くなったのは。
わたしにとっての一番てなんなんだろうって思うようになったのです。

それは食べ物、飲み物という物質的なものだけではない。

技術にしてもわたしは、フラワーエッセンスのプロデューサーの方々の講習で学んできた。
やはり、エッセンスについては、作り手から学ぶのが一番だとわたしは思っています。
それはエッセンスに限らず、ですが。

たとえば、キネシオロジーについては、
わたしは院長や、オーストラリアブッシュのイアン、パシフィックエッセンスのサビーナに学びましたが、
さらに深く学びたくて、それほど奥深い世界だから、齋藤慶太さんに学びました。
わたしが慶太さんに師事している理由は、
慶太さんは、タッチフォーヘルスを作ったジョンシー博士に直々に習っていたり、
IHキネシオロジーの開発にも関わっていたり、
日本のキネシオロジー界においてはダントツでトップの先生だと思っているから。
少なくとも世界レベルのものを提供してくださっていると思っています。
音叉についても、イギリスで、音叉の最高峰であったアランセールスさんに習っていたり、
とにかく、その道のトップから様々なことを学んでいる人だから、こちらの学びも大きいのです。
慶太さんが本物のキネシオロジーを教えているとなぜわたしが思っているのかは、
しっかり臨床で使えるレベルのキネシオロジーを教えていらっしゃる方だからです。
つまり

結果を出す

ということにフォーカスをした教え方をされているからです。
たしかに内容は厳しいというか、スパルタだけれど、天才肌というだけでなく、
かなりの努力をし、追求している、そのあり方に感銘をうけているのです。
「自分を使いこなす」ってこういうことだなと、毎回溜息が出るばかり。
でもわたしにとっての慶太さんは、キネシオロジーの先生というより
キネシオロジーの伝道師
というイメージです。
元々カイロプラクターさんであり、引き出しがかなり無限にある先生なんですけど
先生、先生していないのです。
そこにあぐらをかいていないというか。
だけど、慶太さんがすごい人でどんなに憧れの方であっても、
わたしは慶太さんのコピーになりたいわけじゃない。
わたしはわたしでありたいのです。
わたしという個性(サイキックダウジングが得意)を使っていくために、どうなりたいのか、なにを吸収したいのか、講習のときは、いつも考えています。
トップと思われているもの、本物だとされているものを素材として知っていることってすごい強みですよね。

琉球からの癒しを「キネシオロジー」(慶太さんブログ)
https://ameblo.jp/1kine/

引き出しが無限で博学といえば、わたしには、アルカディアのミーシャ先生もです。

URBAN SHAMAN Mischa
http://www.noblesciences.jp/

今ちょうどイギリスへミディアムシッティングの勉強にいってらっしゃいます。
様々なネイティブアメリカンの中でもラコタ族からピースパイプを授かっていたり、
スピリチュアルケアとして、臨床パストラルケアを何年もかけて臨床を行なっていたり、
レバナ・シェル・ブドラさんやサイキックヒーラーのジュディス・カーペンターさんから学んでいたりします。
それ以外でも、ありきたりなことを彼女は選ばない。
だから常に、何を興味もっているのか非常に気になります(笑)

わたしが師とよんでいる慶太さんも、ミーシャ先生も、共通点は

徹底して学ぶこと

をしてらっしゃる点。
とにかく追求する、徹底して。
そこが尊敬しているところなのです。
引き出しの多さは、やはり様々な体験をされてることがありますね。

慶太さんは、エイトスターダイヤモンドという、
これまた一流の、そしてオリジナルな美しいカッティング技術を持つところでかつて働いていましたが
エイトスターの田村社長も、さまざまな国内外の有名、著名人と交流がある方で、
ダイヤモンドのカッティング技術において、完璧を目指し、徹底されています。

エイトスターダイヤモンド
http://www.eightstar.co.jp/

こんなふうに、その道において徹底することは、並大抵じゃできないと思っていますが
好きだからこそそこまでできるんだなということを生きざまでわからせてもらってるかんじです。
体験て大切なんだなと思います。

さて、話がちょっと変わりますが
わたしはインテリアデザインが大好きで
特にリゾートのデザイン建築が大好きです。
中でもルイガンズで知ったバラガン氏のメキシコ建築のデザインがいまのところ一番好きです。

その特徴は、光と影の魅せ方。
だからわたしは、レンブラントやフェルメールといった

光と影の魅せ方

が上手い画家が好きなんだよね。
影があることで、奥行きがでるからね。

 そんな折、デザインの本を探していた。
わたしはスピリチュアルな本や、ブログってほぼ見ないのです。
ヒーリングやセラピーの本なら、あるかな。
(スピリチュアルは、体験あるのみだというのがわたしのポリシーなので)

空間デザインの本を調べていたら、
ジェフリー・バワ氏のデザインについてありました。
ジェフリー・バワは、2003年に亡くなりましたが、
スリランカを代表する建築家で、自然と一体になったデザインが特徴です。
pNpXCQ3OVF2Xgvyj75.jpg

バワ氏はアマンリゾーツの創始者でもあるエイドリアン・ゼッカ氏に影響を与えた建築家です。
しかしアマン創業者でありながらもアマンの所有権を巡ってゼッカはアマンを去ることになってしまった。
ゼッカが既に80歳を超えた時のこと。
しかしゼッカはルアンパバーンにAZERAI(アゼライ)というホテルをオープンさせ、2号店3号店もオープンさせている。


エイドリアンゼッカは1988年にプーケットにアマンプリを、バリ島にはアマンダリを作った建築家です。

アマンプリ(プーケット)
wgud3oMBFzzFUQb1529075003_1529075010.jpg

アマンダリ(バリ)
ACilpNyBAkIQrkB1529075126.jpg

リゾート開発というと、一方で環境破壊とか気にしてしまうんだけど、
アマンは地域との関わり方や、その土地の文化を尊重することを大切にしているらしい。

(インドのアマニカスというホテル)

で、アマン東京について調べていたんだけど、さすが一泊16万以上すると手が出ないけど、
どうやらオレンジジュースがおいしいらしくてね。
そんなアマン東京のオレンジジュースが知りたくなった。

そういえば昨年12月にルイガンズに行ったとき、泊まったのは、ルイガンズフロアという最上階の、かなりよい部屋だった。
執事がダウジングで、この部屋に泊まりなさい。一年よく仕事したと自分を褒めなさいといわれて。
そこでは冷蔵庫が飲み放題でシャンパンとかも飲み放題であって。
でもわたしは、お酒があまり飲めないため、りんごジュースで執事と乾杯したの。お疲れサマって。
(まあ、実質わたししかいないんですけどねw)
そのときの、りんごジュースがおいしくて、みかんジュースもおいしくて。
どこのメーカーか調べたりしていました。

わたしはその少し前から、オレンジジュースでなく、みかんジュースにハマってました。
色々市販のを飲んだけど、納得できなくて、ついに圧搾機で自分でみかんジュースを作って飲むのが一番だと飲んでいました。
お店でも圧搾機でみかんからみかんジュースを作って飲んでいました。
それから半年がたちました。

アマン東京と取引のある、みかんジュースは、180ミリで980円という価格でやたらと高い。
しかしこれが売れているという。
同じくしてアラン・ミリアというフランスの高級ジュースがあるのですが、
星何個かわからないけどとにかく高級なレストランにて使われているというマンダリンオレンジジュースを購入。
こちらは330mmで1280円くらい。

・・・でも結局、飲みたくて(笑)
でも、アマン東京に行くのはなあ、、(ドレスコードとかひっかかっちゃうかもwとか)と思っていたら
ジュースを作っている谷井農園さんでも通信販売をしているそうで、そちらを購入したのです。

TANII FARM
https://shop.taniifarm.jp/



お店で院長と飲み比べをしてみました。
味的には、谷井さんのは、わたしは濃厚な感覚で、日本人に、あってるかも。温州みかんそのものでした。
アランミリアはマンダリンオレンジということもあり、酸味と、少し苦味があり、喉越しがよく、大人な味わいかな。

そしてなぜか?谷井農園の社長さんの本までも勢いで買っていました。
院長にも貸して、なかなか好評でした。

小さいみかん農園が、何故、有名リゾートと取引できたのかに興味がわいたんですね。
谷井農園はラグジュアリーなホテルと取引していて、同じみかんを使用したジュースでも、ホテルごとにすべて味を変えているという。

谷井農園がジュースを届けているのは
パークハイアット東京
ザ・ペニンシュラ
フォーシーズンズ丸の内
セントレジスホテル大阪
アマン東京は谷井農園とアマン東京シェフとの共同開発。
そこまで売れる理由をわたしは知りたかった。
で、本を買ったのです。

奇跡のみかん農園 けっして妥協しない零細農家のすごい仕事の話 [ 谷井康人 ]


本を買わなくとも、ある程度のことはこちらに書いてありますよ

プレジデントオンライン「社長の参謀ブログ」"1本980円みかんジュースが赤字"の理由
http://president.jp/articles/-/23396
より
(後半はプレジデントの無料会員登録が必要です)


奇跡のリンゴで有名なのは木村秋則さんですね。
そう、リンゴの無農薬栽培で有名な方です。
ちなみに木村さんの自然農のルーツは福岡正信さんらしいですね。
木村さんのケースと谷井さんとは、
バックグラウンドが全く違うのが興味深いです。
こう言っては何だけど谷井さんのほうがすごい現実的なかんじを受ける。
自然のサイクルを大切にしたくて自然農にしたいという谷井さん。
まずは土を作り、剪定については
「太陽からのエネルギーがどういくのか」をみるそうで
エネルギーって言葉がふつうに使われている。。
それを考えると、目に見えないエネルギーってたくさんあるよね。

谷井さんはもともとはIT関係にすすむつもりで、アメリカに留学していたのです。
しかし父親が体調を崩したそうで日本に戻ったのですが
そのとき19歳から農園をどうにかしなくちゃと思っていたらしい。
そして高校を卒業して、1年働いていた農園主(永田農法の創始者である永田照喜治さん)から言われた言葉が

雲の上の頂上にのぼりなさい。
雲の上の頂上に登ると、下界からは見えないほかの雲の上の山頂が見える。
人間も一緒だよ。上に登ると、いろんな人が見える、出会える


という言葉だった。

そして昔あったジャンムーランという関西のフレンチのお店のシェフに

農家だったら食の仕事だね。
だったら舌を鍛えなきゃいけないね。
20代で、1000万円は食べなさい。
食べたら、プロに負けない舌ができる。
まずは食べることだよ
。」

といわれたんだそう。

谷井さんは、そうして開拓していったのですが
農協を通じたルートではなく個人のルートで売っていったそうです。
それは当時、農協で買い取ってもらうには、農薬散布などとやっていかないと虫が来て傷のついた果物になってしまうため
それだと市場では売れないので農薬を散布することになる、というのは何か違うと思っていたそうで
とにかく糖度をあげるための土づくりや剪定を集中して行い
結果がでたのは10年後とかそのくらいあとのことらしいのです。

「傷になると売れない」というのはおかしいと考える谷井さん。
というのも、みかんの花にはハチが集まるので、蜜を吸いに来た時に小さな傷をつけるため
本来ならおいしい印なのだけど、市場では売れない
というのがおかしいと思って研究をしていったそうです。
そこで個人で通販の形で売ることをしはじめましたそうです。
そのときに、あらゆるトップの人たちにDMを送ったんだそうです。

以下、本より抜粋。

「若いときはお金の貯金をするより、お金を経験に変えて
「経験」という名の貯金をしたほうがいいと思っています。


どんな分野でもいい。
自分の熱中できるものにどんどんお金と時間を投資して、経験という貯金をする。
次第にその経験が、その人の魅力になり、人から見たら
いつも輝いているあなたがいるのです。


仕事への投資だけでなく、衣食住にかかるお金を、単なる生活のための必要経費として考えると
「安けりゃいい」と品質にまで目がいかなくなります。
でも、それでは、お金を”消費”しただけで終わってしまう。
(略)
最初、お金はかかっても品質のよいモノを手に入れたほうがいい。
一生つきあえるものが一流。
それは「経験」することでしか手に入れられないのです。
(略)
一流を目指すなら、ほかの一流の職人が持つ空気感を味わう=経験すること が大事なのです。
経験を増やすためには、自分のアンテナにひっかかったところには、どんどん自分から入っていくこと。
そして、それに関係する人と話をすること」


(紹介で三代目フェラガモ氏が来日した時に、食事をする機会があったとき、
「ブランドの価値を高めるにはどうしたらよいか」を通訳で伝えてもらったときのフェラガモ氏の言葉。)
「ひとつに特化して深く掘ることが大事。そしたらそこにブランドができる」



「やり続けて臨界点がきたらポンとはねる。
でも臨界点までいかない場合は、それほどやりたいことではなかったということ。
そのときはやりたいことを変えたっていいと思う」



「紙幣に潜む”見えないもの”を大事にする。
”何がなんでもお金”ではなく、紙幣には神様が宿り、不思議な力があるということ。
さらにその役割は
”世の中を豊かにするためのもの”
と心がけること。
みんながそうなれば、ますます、この社会はよくなっていきますし、そうなるべきだと僕は思います」



(20代のとき株式投資にハマり損失が数億円になったエピソードから
友人と玉置神社に祈願に行ったとき)
「何かが、はっと胸に降りてくる感覚がありました。
神様が僕に何かを気づかせてくれているようでした。
”時を待て”
その月の谷井農園の売り上げは1.4倍となりました。
農園の仕事にまい進するよう、神様が僕を導いてくださったのかもしれません。
それ以降僕は毎月1日、お礼のために神社にお参りするようになりました。」


「大切なのは、まず内に向かうことです。
まず、内へ向かって進めるだけ進む。
自分のやりたいこと、信じる道にこだわるだけこだわってみる。
そして、これ以上進めないというところがきたら、初めて外へ向かう。



本田健さんのユダヤ人大富豪の本の大富豪の言葉にもあったけど、

みんなが喜ぶこと

をしていくというのが一流になるためのコツなのだなと思い
いろいろと自分を見返してみました。

手塚治虫さんの言葉に、こういうのがあります。

一流の漫画家になりたかったら
一流の映画を見て
一流の音楽を聴いて
一流の本を読め!



やっぱり一流を知ることが、本物を見極め、一流になるためのプロセスとして大切なのですね。

一流になりたいっていうのは正直まだ、わたしにはおこがましいって思っているところがあって。。
そこからわたしは見ないといけないのかな。
わたしも少しずつ鍛えていきたいです。


最後までご覧いただきありがとうございました。

ホワイトタイガーにみる大牟田市動物園の思い

-
光の錬金術師れいあ
De96Lb8VMAAqSWo.jpg

はい、れいあです。

大牟田市動物園の取り組みについてはレッサーパンダのレン君に会いに行く福岡紀行にてよく書いていますが
この数年、大牟田市動物園が九州を中心とした西日本のメディアに登場しています。
全国ネットでも、ちょこちょこ登場するようになりました。
2016年にNHKの番組で取り上げられたときの記録はこちら。↓
ハズバンダリートレーニングを行う大牟田市動物園  May, 05, 2016
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3647.html

そして今度は日本テレビ系でとりあげられました。

それはホワイトタイガーに対しての大牟田市動物園の看板が物議をかもしてる??そうで。

「今後 ホワイトタイガーは飼育しません」

という看板。

なぜそうなのか。
なぜそれをいま掲げているのか。

ホワイトタイガーというと白虎ですが生物学的に白虎っていないそうなんです(という内容をいつか書いたような気がしますが・・)
ではなぜホワイトなのかというと・・・交配の仕方に問題があるわけなのですが
それについて動物園の説明が動画であります。

以前動物園ではゾウを飼育していて、
ゾウがいなくなったいま、動物園のゲートには
「ゾウはいません」
という看板がありました。
それについてはワシントン条約に関連してくるのですが
それもあいまって日本ではレッサーパンダもですが
ブリーディングローン、動物の貸し出し展示という形をとり交配していくことが多いんですね。
動物の家系図みたいなものがあれば、わかりやすいんですけどね。
市川市動植物園や鯖江市動物園はレッサーパンダの繁殖に力を入れていますが
そのためか家系図みたいなものがちゃんとあります。

ワシントン条約、野生動物関連についての記事はこちら↓

動物園の「いま」を考える  August18, 2016
http://funkysista.blog88.fc2.com/blog-entry-3703.html

ホワイトタイガーについての動物園の看板は4月に動物園に行ったとき写真をとっていたのですが
旅行記事を1日の記事になかなかまとめきれなくて・・・

わたしが大牟田市動物園から学んだことは数多くあるのですが
特に動物の目線で考えていることが多いのです。

以前はハズバンダリートレーニングという取り組みが数年前注目されていました。
それは麻酔などなしに血圧をはかったり、体温測定、体重測定をするため
ライオンなどの猛獣類にいたっても麻酔を使わないようにするには
日ごろのトレーニングが必要になってくるのです。
そんなトレーニングの取り組みを学会などで発表をしたりしています。

この最近は環境エンリッチメントという取り組みが行われています。
それは狭い獣舎をいかに空間を広く使っていくのか、
動物の生態などにあわせた空間を作り
動物たちが退屈せず、従来の行動ができるような
そんな取り組みといえばよいでしょうか。

このような動物園の取り組みについて
生涯教育として、小さい子からお年寄りまで、様々な目線で
動物に対する興味、生物に対して、
生きるということに対する意味を考えさせることを
大牟田市動物園では積極的に行っています。

動物福祉としての動物園の在り方に取り組んでいる園は
まだまだ数少ないため、これからも応援していきたいと思っています。

このニュース記事は、一定期間後削除されるためスマホからキャプチャをとりました。
そのあとに先日のGWのとき、園内で動物園のひとにききたいことを募集し
それを掲示板で張り出しているようなので
そのPDFから動物園の姿勢のような面をあらためてみせられたので
それもスマホからのキャプチャでご紹介していきますね。

興味があります方は、最後までお付き合いくださいませ。

「ホワイトタイガーやめます」動物園の思い(日本テレビ系(NNN))
































ちなみにアルビノ種と白変種は違っていて、ホワイティは白変種なのだそう。
DfNueMcU0AAUFea.jpg


「今後ホワイトタイガーは飼育しません」――この看板を設置したのは福岡県にある「大牟田市動物園」。看板の理由を動物園に聞いてみると様々な問題が見えてきました。

大牟田市動物園で飼育されているメスのホワイティ。彼女の眼球は内側に寄ってしまっています。実はほとんどのホワイトタイガーは斜視や関節の異常など、生まれつき病気を抱えていて、個体によっては長生きできないといいます。何が原因なのでしょうか?

そもそも“ホワイトタイガー”という種は存在せず、ベンガルトラの中で体毛が白くなる遺伝子を持つのがホワイトタイガーです。日本におけるホワイトタイガーの繁殖は、数も少なく良い相手を見つけることが難しいため、やむを得ず兄妹や親子を交配させているのが現状。こうした不自然な交配を繰り返すことで、病気をもって生まれてくる個体が増えてしまったといいます。

さらにホワイトタイガーが増えると、園内にあるトラの飼育スペースをホワイトタイガーに割くことなり、新たに普通のトラを飼育するスペースも少なくなってしまいます。これは絶滅が危惧されるトラを保全することに矛盾してしまう――そう考えた大牟田市動物園はホワイティ以外のホワイトタイガーを新たに飼育しないと決めたのです。

大牟田市動物園・冨澤奏子さん「ホワイティが生きている時になぜこんなことを書く必要があるのかと言われたりもしたんですが、当園としては生きている時に出すことに意義があると思っていますので、これを機会に正しい理解が深まっていけばと思っております」

ホワイティが少しでも長生きできるように大切に飼育していくということです。



このホワイティについては動物園のスタッフの方の子供たちからの質問の答えにも見られます。


Q:「なんでどうぶつえんをやっているのですか」
大牟田市動物園のスタッフさんの回答
「どうぶつのみりょくをつたえるためのどりょくをしつづけるためにそんざいしています。

私たちの普段の生活で野生動物に出会えることはあまりありません。
でもテレビやYoutubeで野生動物をたくさんみることができるからそれでいいという人もいます。
美しい動画で動物のすばらしい行動を観察することはできるかもしれません。
でもにおいをはじめとする

五感で動物をかんじるところ

それが動物園なのだと思います。
そして、動物の魅力をあますところなく伝えるための努力をし続けるために
私たち動物園は存在しているのだと思います。

動物園を大使館に例えるとわかりやすいかもしれません。
国内外の様々な環境に生息する動物たちは、動物園においては「大使」です。
そして彼らが暮らす動物園は「大使館」です。
大使館に大使をお迎えし、心地よく暮らしてもらえるように
大牟田市動物園では様々な工夫をしています。
そしてその工夫を伝えることが大牟田市動物園の使命だと思っています。

私たちヒトも動物も地球という惑星の環境の中で生活しています。
私たちの生活が、遠く離れた国々の人々や動物たちの生活に影響を与えていること、
逆にわたしたちの生活も影響を受けていることを知ってほしいと思います。

また未来の世代の人や動物たちにきちんと地球の環境を守りながら引き継いでいく責任があることに
思いを馳せてほしいと思います。」


質問「どうぶつに なつかれるまでの みちのりは?」
大牟田市動物園スタッフのこたえ
「動物園の動物は 将来野生に帰る可能性があります。
今いる動物が帰れなくても、その子どもの子どもの子ども・・・の時代になったら
もしかしたら野生に帰れるようになるかもしれません。
そのときに人間になれてしまっていたり、野生で必要な行動を失ってしまうことのないように
動物園では、なるべく野生下での行動を数多く引き出せるような環境づくりをしています。
また、極力わたしたち人間になつかないように飼育をしています。
ただし動物の健康管理のために動物に協力をしてもらえるようトレーニングを行っています。
このトレーニングをハズバンダリートレーニングとよびます。
トレーニングの道のりですが、どんなことを目的として、
動物になにをしてもらおうとしているのか、あるいはそれぞれの動物によっても変わってきます」



そのほかの質問はこちらにあります。
https://tinyurl.com/ycwfh58a

さて5月にレッサーパンダのまいちゃんの受胎確認のためハズバンダリートレーニングにてエコー検査をしたようです。
そのときの動画がこちら↓


そして来週、久しぶりに行ってきますよ!
6月21日はレン君の誕生日なのです。

世間はシャンシャンの誕生日で沸いておりますし
来週は世界キリンデー(夏至はレン君の誕生日ですが世界キリンデーでもあるのです)
園内は今年もキリンさんでわいてるんだろうなー!

今から楽しみです!


最後までおつきあいくださりありがとうございました!


(追記)
ホワイティについて椎原園長よりコメントがありました。
色々ツイートみてみたけど、ほぼみんな大牟田市動物園の行動を応援してるみたい。
ただ、ニュースの報道の仕方は、ホワイトタイガーの交配をいまもしてるかのようにも思えるところが。


天賦の才を思い出す

-
光の錬金術師れいあ
318093.jpg
はい、れいあです。

仕事から帰ってくると、このところワークに取り組んでいます。

それは

自分のオリジナリティを思い出す

という作業です。

自分の人生において、自分を使いこなしていく

というためには、やはり自分のことをしっかり知ることが大切なんですよね。

人生折り返し地点を過ぎて、
これまでを振り返るHistory的なものですが
セッションでは、いつのことを思い出す、という作業はわりと出てきますが
いざ自分のこととなると、なかなかやらないものですよね・・・

以前、履歴書を作ろうとしたとき
わたしは「なにもない」ということを目の前に現実のようにとらえてしまいます。

普通自動車第一種運転免許

くらいだもんなぁ・・
英検とかとったのは高校生の時だし、2級だし、使えてないし。。

履歴書によっては

「長所」

「特技」

なんかを書く形式のものがあったけど
そのようなものが書かれていないシンプルな履歴書をわざわざ買ってきたり(苦笑

わたしは長所が自分でもあまりわかっていないところがあって
特技といってもサイキックなことなので、理解されにくい内容だし・・・
こういった目に見えない世界のことは、むつかしいね。

正直フラワーエッセンスのことを説明しろといわれたら

「アロマと違ってエネルギーそのもので」

なんて人により、伝わりにくいよね。
五感を越えた先にあるものだからなおさらです。

特技、ねぇ・・・

「あなたはなにができますか?」

といわれても正直困惑してしまいますし、それはいまでも同じだなーと思ってしまう。

「特技はダウジング」とかいってもただ怪しい人じゃないですか!w


わたしはどんな子供時代を送っていたか。
正直ネガティブな被害者意識的なことは出てきていたのに
よい部分に目がいっていませんでした。

それはもとからの性質もあるけれど、
幼少期までさかのぼって思い出すのは
結構この年になると至難の業なんです(^^;

またお客さんの中でいえば
とても器用というか、ちょっとやればなんでもそつなくこなしたり、できたりしてしまう人もいらっしゃいます。
でもなんでもできてしまうと

「自分は本来何が得意だったのか」

「どんなことが本当に好きなのか」

ということがわからなくなったりしている方もしばしばおられます。

ちょっと努力するとできてしまうのは、確かに強みです。
だけど、なんでもできちゃうと
「特別努力しないで、簡単にできてしまうこと」って
逆に目が行きにくくなったりもしてしまうかも。。

わたしは仕事の変遷を追っていきました。
というかなりたかったものはなんだったかなーということに対して
なぜそんなふうに変わっていったのかを客観的にとらえる作業をしていました。

小学校のとき、わたしは国語の授業で教科書を読まされたとき

「声が変わってる」

と男子にからかわれたことがあって
ふつう傷ついてもおかしくないし、
いまのわたしなら傷つくか心を閉ざすかも・・・だけど当時の私は

「そんなに変わってるなら、これを生かして声優になりたい」

と思ったりしていました。
(いまのわたしは、そんな機転はきかないかも・・・^^;)

そんなことを思い出していました。

わたしは小学校の転校時までピアノと作曲などを習っていました。
だけど転校してから習うこともなく
中学に入り、合唱部になり、ピアノの伴奏をしたり、歌ったりしていました。
これもいまなら「習いたいけどだめなんだ・・」ってあきらめてたかも。。
でも当時は

「習えないのであればそういう環境に飛び込めばいい」

という発想の持ち主だったので
吹奏楽の体験もしたのですが、結果的にピアノを弾きたくて合唱にしたんですね。

そして音大受験を目指していたけれど、甘かった。
お金を出してくれると見越していたけど親は「お前に使う金などない」といわれました。
ピアノのレッスン代やピアノは親でなく祖母が出していてくれてたようなんです。

高校は合唱部、聖歌隊、ハンドベルクワイヤをやっていたし
大学の時もクワイヤをしていました。

こんなかんじで音楽はすごい好きだったので
結果的にわたしは音楽の会社に就職したのです。
よっぽど音楽をやりたかったんだなと思ったんですよ。

就職活動はみんな、すでに終わっていて、わたしは、なにもせず、のんびりしていました。
通常なら焦るのだろうけど、わたしは

なんとなかるでしょ

という気持ちがどこか根底にあった。

介護していたときも含め
長期仕事をしていなかったので
たまーに、大丈夫か、わたし?と思っても、
なんか基本的に

お金については なんとかなるように、できてる

っていう変な楽観的、根拠のない思いこみが昔からあるんだよね。

まわりは銀行や証券会社などに就職する人ばかりでした。
みんな将来の見通しを考えて、就職先を考えていた。

でもわたしは、将来の見通しの意味を当時はき違えていたのか
(いまでいえばそれでよかったんだけど)
いろいろ受けた会社は

一生続けたいくらい好きなこと

がわたしの仕事を選ぶ基準だったんだよね。

結果映画配給会社やリゾートの会社、レコード会社、ほかエンターテイメント中心。
で、入ったのが音楽商社でした。

しかし音楽商社にいくら就職しても
音楽の仕事をやらせてもらえません。
逆に先輩方から

「音楽の仕事をしたければ自分をもっと売り込みなさい」

っていわれたんですね。
音楽業界は、自分を主張したもん勝ちだといわれました。

総務だったわたしは受付をしていましたが
音楽の仕事でどんな内容をしたいかを話していったら
いわゆる子会社的なところからお声がかかって
雑誌の編集に携わることができました。
だけどそれができたのは総務の仕事が終わってから。

わたしは夜間学校なども通っていたので
あと一番苦手だったのは通勤時間の長さ(片道2時間)なんだけど
パニック障害になり、
なんでわたしこんなときに倒れちゃうのかなって思うくらい
心と体のつながりがわかりませんでした。
でもまぁそのうち会社の研究所に所属が変わり、のんびりさせていただいたんだけど
結果的に会社をやめたら楽になった・・・
そののちWEBのプログラミングに興味が出てきて仕事につきました。

わたしは基本的に好きなことを仕事にしたいタイプなんだけどね。
でも役割として与えられたら、その中で楽しめるところを見つけるようにもしていたのですね。

まぁ、それも含めたいろいろをアウトプットしている最中です。

わたしは当時
音楽+雑誌の編集とライター
をしていたので
音楽も好きだし文章を書くのも好きでした。

そんなことをいろいろHistoryとして書いていくと

そういえばわたし こんな人だったわw

こういうことも昔は好きだったんだよなぁ


なんてことを気づけば書き出したりしてね。

まだ自分の本当の才能ってどんなものなのか、わかっていません。

だから、もっともっと自分を知りたいなと思って取り組んでいます。

お時間があるときにでもやってみるとよいかもしれません。
特に、
「この仕事は続けていてよいのかな」
とか
転職したいとか、仕事がきついと思っていたらなおさら。

自分の使っていない力だったり、
自分しかできないようななにかを発見するかもしれません。

天からのギフトを再発見してみるのもよいかもしれませんね^^


最後までご覧いただきありがとうございました☆